インドネシア

インドネシアは、正式にはインドネシア共和国といい、東南アジアとオセアニアのインド洋と太平洋の間に位置する国です。スマトラ島、ジャワ島、スラウェシ島、ボルネオ島、ニューギニア島の一部など、1万7千以上の島々から構成されています。

ブルームバーグ
無料会員 公開

新興国市場が崩壊する中インドネシアが驚きの勝利を遂げた - Shuli Ren

ロシア・ウクライナ紛争を契機に、世界の経済力は資源国へシフトしている。政府はその富を浪費することなく、その力を利用してバリューチェーンを向上させる方法を知っている必要がある。ジョコウィはインドネシアのために非常によくやっている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ジョコ・ウィドド大統領インタビュー:G20、テスラ、ニッケル税について

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は19日、ブルームバーグ・ニュース編集長のジョン・ミクルスウェイトとのインタビューで、20カ国・地域首脳会議、ニッケル税、イーロン・マスクのテスラについての見解を述べた。

吉田拓史
無料会員 公開

インドネシアのデジタル決済:中華モデルの移植実験

インドネシアのモバイル決済の取引額は2020年までに459兆ルピア(約300億ドル)に達すると予測される。成長の鍵をウォレットから直通で購入できる金融商品が握っており、GO-JEKとGrabの「スーパアプリ戦争」の重要な戦場になるだろう。

吉田拓史
無料会員 公開

インドネシアのインステック:デジタルウォレットとの連結と衆安保険の模倣

インドネシアの新興企業さまざまなビジネスモデルをインドネシア市場に採用し、現地化している。中華型の保険商品の構築が図られる中、代理人ネットワーク等、地元特有の戦術の必要性が浮上している。

吉田拓史
無料会員 公開

開発独裁者スハルトの”効率的な汚職” 『市場を創る―バザールからネット取引まで』書評

インドネシアのスハルト政権下では、スハルト一族が汚職をコントロールしていたため、汚職がはびこる中でも長期的な経済成長が成し遂げられた。