Tagged

MR

ミックスドリアリティ(MR)とは、現実世界と仮想世界を融合させて、物理的な物体とデジタルな物体が共存し、リアルタイムで相互作用する新しい環境やビジュアライゼーションを作り出すことである。ミックスドリアリティは、物理世界と仮想世界のどちらか一方だけで行われるのではなく、現実と仮想現実のハイブリッドであり、没入型技術を介して拡張現実と拡張仮想の両方を包含している。1994年、ポール・ミルグラムと岸野文郎は、混合現実を「仮想連続性の極限の間のどこでも」と定義し、仮想連続性は完全に現実的な環境から完全に仮想的な環境にまで及び、拡張現実と拡張仮想の間の範囲にある。 視覚、音、触覚を包み込むような没入型複合現実感システムは、1992年に米国空軍のアームストロング研究所で開発された「Virtual Fixtures」プラットフォームが最初です。このプロジェクトでは、実際の物理環境を直視した上に、空間的に登録された仮想オブジェクトを重ね合わせることで、人間のパフォーマンスが大幅に増幅されることが実証されました。

ゲーム技術の建築との融合で仮想と現実の垣根がなくなる
AR

ゲーム技術の建築との融合で仮想と現実の垣根がなくなる

仮想、拡張現実、混合現実のデバイスや環境は、都市や建物の設計、建設、管理のための実行可能なツールとして勢いを増している。拡張現実とゲームの分野で活躍するテック企業は、建築、建設、エンジニアリング、不動産業界向けのソフトウェアやツールを開発している。これは近い将来、建築環境にどのような影響を与えるのだろうか?