Tagged

物理学

物理学は最も古い学問分野の一つであり、天文学を含めれば、おそらく最も古い学問である。 過去2千年の間、物理学、化学、生物学、数学の一部は自然哲学の一部であったが、17世紀の科学革命の間に、これらの自然科学はそれ自体が独自の研究活動として浮上した 。物理学の新しいアイデアは、他の科学で研究されている基本的なメカニズムを説明し、数学や哲学などの学問分野での新たな研究の道を示唆することが多い。

恐竜を絶滅させた彗星は太陽系の端から来た、とする新理論が登場
物理学

恐竜を絶滅させた彗星は太陽系の端から来た、とする新理論が登場

ハーバード大学の新しい研究は、ハルマゲドンを引き起こす物体は、当初信じられていたよりもはるかに遠くから来たという説を提唱している。この新しい理論によると、氷河期の始まりは比較的近くにある小惑星からではなく、太陽系の端から来た長距離彗星のようなものが原因となったという。

機械学習で次世代バッテリーを探索: アルゴンヌ国立研究所
ML

機械学習で次世代バッテリーを探索: アルゴンヌ国立研究所

アルゴンヌ国立研究所の研究者たちは、機械学習と人工知能の力を利用して、電池の発見プロセスを劇的に加速させた。2019年末に発表された2つの新しい論文に記載されているように、アルゴンヌ国立研究所の研究者はまず、電池の電解質の基礎となりうる約133,000個の低分子有機分子の高精度なデータベースを作成した。

機械学習は核融合エネルギーの出力を向上させる可能性がある
物理学

機械学習は核融合エネルギーの出力を向上させる可能性がある

機械学習と核融合エネルギーの関連性を明らかにする研究を進めるサンディア国立研究所のエイダン・トンプソンは「私たちは、プラズマと相互作用する原子炉の壁材のシミュレーションを改善するために、機械学習を利用した先駆的な取り組みを行ってきた。これまでの原子スケールのシミュレーションでは不可能だったことだ」と述べた。

小型核融合炉は「動く可能性が高い」とMITの最新研究が示唆
科学

小型核融合炉は「動く可能性が高い」とMITの最新研究が示唆

マサチューセッツ工科大学の研究者と分社のコモンウェルス・フュージョン・システムズ社が開発を進めているスパーク(Sparc)と呼ばれる原子炉の建設は、来春に開始され、3~4年かかるという。建設に続いてテストが行われ、成功すれば、核融合エネルギーを利用して発電できる発電所が今後10年以内に建設されるという。

木星の4つの月の海の潮は共鳴している
宇宙

木星の4つの月の海の潮は共鳴している

木星の4つの月が、地下の海を維持するために共謀している可能性がある。木星の地殻変動による熱によるものと考えられてきたが、月の海の存在は、月と月の間の重力相互作用によって発生する巨大な潮汐に起因している可能性がある。このような潮汐を測定することで、月の深さを知ることができ、地球外生命体の発見につながる可能性がある。

イェール大学の量子力学研究者が「エラーを修正する猫」を作る
物理学

イェール大学の量子力学研究者が「エラーを修正する猫」を作る

イェール大学の研究チームは、有用な量子コンピュータに必要な物理学を習得し、操作するための努力におけるの最新のブレークスルーを発表した。それは、タスクを実行している間に、量子ビットと呼ばれる量子情報の壊れやすいビット間で発生するエラーの流れを修正することだ。