量子コンピューティング

量子コンピュータは、科学の新たなブレークスルー、命を救うための薬、病気をより早く診断するための機械学習法、より効率的な装置や構造物を作るための材料、老後を元気に過ごすための財務戦略、救急車などのリソースを迅速に指示するアルゴリズムの開発に拍車をかける可能性があります。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

量子インターネット、データのテレポーテーションに活路

科学者たちは、離れた量子コンピューター間で量子情報を送る能力を向上させ、未来のネットワークに向けて新たな一歩を踏み出した。量子テレポーテーションは、情報を保持する物理的な物質を実際に動かすことなく、場所と場所の間で情報を転送することができる。

吉田拓史
無料会員 公開

量子コンピュータ企業の初上場、商業化の試金石

量子コンピュータはビッグテック企業と新興企業がしのぎを削る非常に競争的な領域だ。そんな中、初めての上場企業となったIonQは商業科の試金石となる。

吉田拓史
無料会員 公開

複数の量子ビットの制御信号を生成するための極低温CMOSチップ

シドニー大学教授で、Microsoft Quantum Sydneyのプリンシパルリサーチャー兼ディレクターのデビッド・ライリーのチームは、100mKで量子ビットを制御するための複数の電気信号を提供できるCMOSベースのプラットフォームの構築に成功した。

吉田拓史
無料会員 公開

量子ベンチャーの資金調達、2020年は12%減少

CB Insightsの最新の報告書によると、量子コンピューターのスタートアップのベンチャーキャピタル投資案件の数は、2020年には2019年と比較して46%増の37件となったが、このセクターで調達された総額は12%減の3億6500万ドルとなった。

吉田拓史
無料会員 公開

シカゴ大、半導体の単一素粒子量子メモリを制御に成功

量子技術は、次世代のコンピュータ、センサー、通信ネットワークの構築に役立つ可能性を秘めていますが、そのためには、量子ビットを個別に制御し、情報を長期間保持できるスケーラブルなプラットフォームを構築する必要がある。シカゴ大学の新しい研究では、科学者たちがまさにそれを実現した。