public

8人の反逆者 集積回路を発明したシリコンバレーの始祖

「8人の反逆者」は、1957年、シリコンヴァレー黎明期のスタートアップのひとつであるフェアチャイルドセミコンダクターを創業。さらに1960年代後半、ノイスとゴードン・ムーアが同社を辞めて、インテルを設立。これが今日のシリコンバレーの発展につながっています。

3 months ago

Latest Post 都市インフラの再配置と政治学の深い関連性 『Redeploying Urban Infrastructure』 by Takushi Yoshida public

シリコンバレーには、セルゲイ・ブリンとラリー・ペイジ、スティーブ・ジョブズとウォズニアックがグーグルとアップルを創業するはるか前に「8人の反逆者」がいました。60年以上前、ジュリアス・ブランク、ビクター・グリニッチ、ジーン・ホアニー、ユージーン・クライナー、ジェイ・ラスト、ゴードン・ムーア、ロバート・ノイス、シェルドン・ロバーツが、シリコンチップの製造プロセスを完成させ、集積回路(IC)を発明することになったフェアチャイルドセミコンダクター社を設立しました。トランジスタの共同発明者であるウィリアム・ショックレーは、彼らが一斉に彼の会社であるショックレー・セミコンダクターを去ったときに、彼らを「8人の反逆者」と呼びました。

このような離脱はシリコンバレーでは日常茶飯事となり、その数は全部で65社にのぼりました。10月のある晴れた日、マウンテンビューのコンピュータ歴史博物館では、ある種の家族の再会が行われています。創業者とフェアチャイルドの卒業生がバレーの中心部で、60年前にその革新の坩堝で働いていた頃のことを思い出し、彼らの発明が世界に与えた影響について考えてみましょう。

当時はベンチャーキャピタルなんてものは存在しなかった。ボストンの銀行家アーサー・ロックからの出資は少しあったが、西海岸には基本的に何もありませんでした。

ユージン・クライナーは「裏切り者8人組」のリーダーであり、東海岸の銀行家であるロックとバド・コイルに資金援助を求めた。15年後、クライナーは、アマゾン、グーグル、サン・マイクロシステムズを10億ドル規模の企業に成長させ、何百社ものテクノロジー企業に資金を提供するベンチャーキャピタル、クライナー・パーキンスを設立し、シリコンバレーの継続的な成功を支える重要な基盤となりました。

しかし、サンフランシスコのホテルで朝食を食べながら、この画期的な会社は、8人と2人の銀行家がそれぞれ1ドル紙幣に署名して、自分たちの間の契約として共有するために、当初わずか10ドルの資金を集めました。それ以上の資金調達は困難でした。ロックは、発明家シャーマン・フェアチャイルドが所有する東海岸の空中カメラ会社であるフェアチャイルド・カメラ&インストゥルメントにたどり着く前に、投資家候補として30社以上の企業に打診しました。最終的に彼は140万ドルの融資に同意したのです。クレイナーはパロアルトにオフィスを建設し、資金はまだ調達できていないまま、フェアチャイルドセミコンダクター社が設立されました。1957年10月に空きビルに入り、翌年の夏には業界を席巻する製品を開発しました。この製品は平面のチップで、フェアチャイルド社のチップに意図せずに不要なコーティングとして形成されていた酸化シリコンを利用したものだった。ホアニーは、これが絶縁体として機能し、ショートを防ぐことに気付いた。生産されたフラットチップは大量生産を可能にし、シリコンがゲルマニウムに取って代わる基材となった。作業台からチップの組み立て方に至るまで、すべてがゼロから発明されてました。彼らが雇った人たちは、ほとんどが半導体関連の仕事の経験が全くなく、サンタクララバレーの缶詰業界から来ていました(当時はシリコンバレーとして知られていませんでした)。独自の拡散管を巻いたり、独自の結晶を引き出したり、製品を製造するためだけに毎日のように多くのイノベーションが生まれていました。その平面プロセスは、フェアチャイルドの次の偉大な発明である集積回路につながりました。

ノイスは、トランジスタだけでなく、コンデンサや抵抗器などの回路全体を1つのシリコン結晶上にエッチングできることに気付きました。テキサス・インスツルメンツ社の従業員であるジャック・キルビー氏もこの発見をしましたが、フェアチャイルド社の方がこの発見を成功させたのです。今でこそアプライドマテリアルズなどのチップ装置メーカーやあらゆる半導体メーカーがありますが、当時、フェアチャイルドは業界のスタートアップであり、あらゆる道を自ら追求することを使命としていました。撤退して別の会社を設立した方が良いチャンスが見えてくるのは必然だったのです。

フェアチャイルドセミコンダクターは、10年足らずで11,000人の従業員を抱えるまでに成長し、親会社であるフェアチャイルドカメラ社の利益をほぼすべて上げ、ウォール街で最も業績の良い株となりました。彼らは1950年代から1960年代にかけて半導体事業を所有していました。東海岸の人々が会社を経営していましたが、彼らは保守的で、必要なリソースを投入せず、スタッフにインセンティブを与えていませんでした。フェアチャイルドは、成功していない分野に多角化することで、子会社の利益を無駄にすることを選んだのです。スタッフには遅ればせながらストックオプションが提供されましたが、親会社の株価はすでに高騰しており、価値がないものになってしまいました。フェアチャイルドの優秀な人材は、シリコンバレーに出て行きました。浮き沈みが激しい時期でしたが、彼らの仲間意識は並々ならぬものがありました。

そしてフェアチャイルドセミコンダクターは、ロバート・ノイスとゴードン・ムーアが世界最大のチップメーカーとなるインテルの設立に向けて出発した1968年には、すでに衰退の一途をたどっていたのです。ムーアたちは、後にインテルの最高経営責任者となるアンディ・グローブを含む主要なスタッフを連れて行きました。1957年の段階で「8人組の反逆者」のうち、ジーン・ホーニー、ユージーン・クライナー、ジェイ・ラスト、シェルドン・ロバーツの4人は、1961年に半導体会社のアメルコを設立するために脱退していました。ビクター・グリニッチは1968年にフェアチャイルドを辞めてスタンフォードとバークレーで教鞭をとり、ジュリアス・ブランクは1969年にコンサルタントになるために退職しました。このような「フェアチャイルド」によって設立された数十社には、インテル、AMD、ナショナルセミコンダクター、LSIロジック、アルテラ、ザイリンクスなどがあります。元従業員によって設立されたベンチャー・キャピタル企業には、クライナー・パーキンスやセコイア・キャピタルなどがあります。ノイスはスティーブ・ジョブズの指導者であり、彼はグーグル創業者のセルゲイ・ブリンやラリー・ペイジにも助言を与えました。フェアチャイルドセミコンダクターは、1979年にシュランバーガーに買収され、1987年にナショナルセミコンダクターに売却された。1997年に再び東海岸を拠点に独立し、1999年からニューヨーク証券取引所に上場していました。2016年にONセミコンダクターに買収されました。

参考文献

  1. 半導体の歴史─その6 20 世紀後半 集積回路への発展(1). 『SEAJ Journal』第5巻第120号、2009年.
  2. Gordon Moore. Learning the Silicon Valley Way.  CREEG Conference “Silicon Valley and Its Imitators” July 28,2000.
  3. Michael S. Malone. The Intel Trinity: How Robert Noyce, Gordon Moore, and Andy Grove Built the World's Most Important Company. Harper Business (July 15, 2014).

Photo is courtesy of Computer History Museum

Takushi Yoshida

Published 3 months ago