半導体

An integrated circuit or monolithic integrated circuit is a set of electronic circuits on one small flat piece (or "chip") of semiconductor material that is normally silicon.

ブルームバーグ
無料会員 公開

TSMCの主要サプライヤーが23年に向けてのチップ材料価格の上昇を警告

TSMCの主要サプライヤーが2023年に向けてチップ材料価格の上昇を警告。昭和電工は想定外のスピードで原材料費が上昇と明らかにした。値上げができない製品から撤退を開始したという。

吉田拓史
無料会員 公開

NVIDIAがAIチップ競技会を制圧するも挑戦者が続々台頭

AIチップのベンチマーク大会で、NVIDIAは再び大半のカテゴリを制圧したように見える。しかし、GoogleやGraphcoreのような挑戦者は限定された用途や基準で存在感を示した。

吉田拓史
無料会員 公開

半導体ブームが終わるシナリオが浮上

成長の鈍化とタフな外的要因が増えたことで、半導体ブームが終焉を迎える可能性が浮上している。業界はここ数年の需要急増で過去最高の売上を記録するも、ブームは永遠に続くものではない。

編集部
無料会員 公開

ディープラーニングを覆す光学チップ

ペンシルバニア大学の電気工学者であるFirooz Aflatouni准教授らのチームは、光の力を使って毎秒数十億の画像を高精度で分析できるフォトニック・ディープ・ニューラル・ネットワーク・プロセッサを開発したと発表した。

編集部
無料会員 公開

クアルコムがArm中立化コンソーシアムの協力意思を表明 SBGから買収も視野

クアルコムは、Armへの出資を希望し、英チップ設計者を中立に保つためのコンソーシアムの創設に協力したいと改めて表明した。

吉田拓史
無料会員 公開

データセンターがNVIDIAの最大事業に

データセンターは、今や NVIDIAの最大のビジネスとなった。30 年近く前に設立されたゲーム事業よりも大きくなっている。

吉田拓史
無料会員 公開

RISC-Vの普及の鍵はインテルが握る

要点 インテルとRISC-Vは共生関係を見出した。RISC-VはArm追撃のための足りないリソースをインテルから補填してもらうことを期待し、インテルはRISC-Vの支援によってIFSに新しいビジネスチャンスがもたらされることを期待している。 今月パリで開催されたRISC-V Weekで、インテル ・ファウンドリー・サービス(IFS)のRISC-Vエコシステム実現担当シニアディレクターであるゲイリー・マーツは、インテルはRISC-V Internationalのメンバーとして、RISC-Vのシステムオンチップアーキテクチャとソフトウェアスタックにさらに「相当な貢献」する予定だと述べている。 マーツは、インテルがRISC-Vコミュニティにリソースを提供し、技術ギャップを埋める手助けをする予定だ、と宣言した。 RISC-Vオープンインストラクションは、チップの特性に対応することなくアプリケーションやソフトウェアスタックを展開できるよう、プラットフォーム間で一貫性と安定性を保つ必要がある。 これはオープンソースの命令セットアーキテクチャ(ISA)を唄うRISC-Vにとっては願ったり叶っ

吉田拓史
無料会員 公開

インド、半導体産業育成の野心をたぎらせる

要点 インドは自国半導体産業育成の野心をたぎらしている。インドは長年の蓄積のある欧米日韓中台からは遠く遅れた位置にあるものの、国内にエレクトロニクス産業が立ち上がりつつある今、育成は合理的な判断に見える。 -------------------------------------------------------------------------------- インドのナレンドラ・モディ首相は、4月下旬に開催された「Semicon India 2022」でのスピーチで、インドを半導体製造のハブにする可能性を訴えた。 しかし、この目標はすぐさま達成されるものではない。特に、米国、ドイツ、日本といった先進国が、すでにトップクラスのチップメーカーから大規模な投資を集めている現状ではなおさらそうだ。製造業大国である中国が本格的なグローバル・チップメーカーになろうとしているのとは異なり、インドにはチップの強固な国内市場がない。 インド政府によると、インドの半導体市場は2020年に推定150億ドル、2026年には630億ドルに達する可能性があるという。インドでは以前、政府が自国での半

ブルームバーグ
無料会員 公開

ソフトバンクGはアームをロンドン株式市場に戻すべき:クリス・ヒューズ

ソフトバンクグループは英国のチップ設計会社をニューヨークで上場させるかどうか、すぐに決断しなければならない。自国の市場にとどまるべきだ。英国上場で十分なバリュエーションを確保できる。

吉田拓史
無料会員 公開

TSMCとサムスンが“共同”で値上げか コスト高騰の転嫁図る

世界の2大半導体委託製造業者であるTSMCとサムスンが製造価格の引き上げを計画していると報じられ、ファウンドリに依存しているNVIDIA、AMD、Appleなどに影響が及ぶ可能性が出てきた。

吉田拓史
無料会員 公開

クアルコム、VWと組んでNVIDIAの車載SoCの牙城に挑戦

VWのソフトウェア会社であるCARIADは、レベル4までのアシストおよび自動運転機能を実現するために設計されたソフトウェアプラットフォーム用のSoCをクアルコムが供給することを発表した。クアルコムが車載SoCにおいてNVIDIAの牙城に挑戦する事例の1つである。

吉田拓史
無料会員 公開

米国での半導体製造は高すぎるとTSMC創業者が指摘

米国が国内でのチップ製造を拡大しようとしている中、台湾積体電路製造(TSMC)の創業者、モリス・チャンは米国での製造工場の建設・運営コストが高いとし、懐疑的な見方を示した。