半導体

An integrated circuit or monolithic integrated circuit is a set of electronic circuits on one small flat piece (or "chip") of semiconductor material that is normally silicon.

吉田拓史
無料会員 公開

CESで自律走行車用半導体をめぐる熾烈な競争が再確認された

自律走行車の分野におけるチップメーカーの戦いは、デスクトップPCのような二大勢力の争いではない。自動車メーカーには、シリコンベンダーの選択肢がやや多くある。 年初のCESでは、インテル、クアルコム、エヌビディアの3社が、自律走行車の頭脳となるチップセット、コンポーネント、ソフトウェアについて、大手自動車メーカーと長期的な契約を結んだことで、この競争をリードしていることが明らかになった。自律走行とは、次世代の運転支援から、潜在的にはドライバーレスのソリューションに至るまでの技術を意味している。 自動車メーカーは、自動運転システムの安定性、安全性、および過酷な環境下での動作について、何年にもわたって厳しいテストと検証を行ってきた結果、これらのチップサプライヤーとの関係が良好になってきたと言われている。 自動車は、センサーやAIシステムが自律走行を導く、動くコンピューターに変わりつつある。この技術の進歩は、自動車の急速な電動化とともに進んでいる。現代自動車は今週、新たな内燃機関を開発しないことを発表し、電気自動車への転換を加速させている。 クアルコムのCEOであるCristiano Amonは、CESの基調講演の中で、チップ不足と自動車の急速なデジタル化の中で、自動車メーカーは技術資産を確保するために素早く動いたと述べた。「自動車メーカーは、技術会社やチップセット・プロバイダーとの直接的な関係を築き始めた。それが、サプライチェーンの危機を目の当たりにして、次の段階に進んだのだ」と述べた。 昨年、クアルコムは民間企業のSW Partnersと共同で、スウェーデンの自動車技術企業Veoneer社を45億ドルで買収した。この複雑な取引では、クアルコムがVeoneerの自律走行ソフトウェアスタック「Arriver」を保持し、

吉田拓史
無料会員 公開

エヌビディア、アーム買収提案に対する英国の調査強化に反論

エヌビディアはアームの買収案を、世界のいくつかの政府からの懸念にもかかわらず、存続させようとしている。エヌビディアは英国政府に29ページの回答書を提出し、400億ドルの買収案の潜在的なメリットのリストを指摘した。

吉田拓史
無料会員 公開

SEMI、世界の半導体製造設備投資は2022年に過去最高になると発表

SEMIの発表によると、世界のファウンドリ(半導体生産工場)の設備に対する投資額は、2022年には前年比10%増の980億ドル超となり、3年連続で過去最高を更新する見込みです。

吉田拓史
無料会員 公開

中華GPU、雨後の筍

2000年代半ばの競合他社の凋落以降、PC用ディスクリートGPUの分野では、AMDとNVIDIAに対抗できる企業は存在しなかった。しかし、データセンター、マイニング、ゲーム用GPUの台頭に伴い、2強に対抗する数多くのライバルが中国から現れている。

吉田拓史
無料会員 公開

クアルコム、PC市場の命運をApple出身者チームに賭ける

クアルコムは「Apple M1に匹敵するチップ」を作ろうとしている。モバイルでMediaTekの強烈な追い上げを受けるクアルコムは、Appleの半導体部門出身のチームを14億ドルで獲得。同社がPCやデータセンターでインテルやAMDとの競争に食い込めるかはこのチームにかかっている。

吉田拓史
無料会員 公開

米国の企業とVC、中国半導体スタートアップに多額の投資

中国で雨後の筍のように生まれる半導体設計企業に米系の企業とVCが大量の資金を供給している。国家間はいがみ合うものの、資本と技術は国境をまたいでいる

吉田拓史
無料会員 公開

NVIDIAのArm買収、絶望的

NVIDIAのArm買収は、英欧米中のすべての規制当局から厳しい視線にさらされ、四面楚歌である。当初の審査期限は過ぎており、いつ終わるのかも不確実だ。

吉田拓史
無料会員 公開

テンセントがチップ内製化を加速する背景

半導体の内製化でバイドゥとアリババに遅れを取った印象のあるテンセント。しかし、ここにきて投資が加速し、自社ビジネスに適合する半導体の設計が進展している。

編集部
無料会員 公開

来年のiPhone14にTSMCの3nmシリコンは間に合わない−The Information報道

iPhone 13に搭載されているA15プロセッサーは、5nmプロセスで製造されている。TSMCは、3nmの製造技術への移行を進めているが、生産上のいくつかのハードルに直面しており、プロジェクトの遅延が危惧されている。

吉田拓史
無料会員 公開

Appleの新型半導体M1 Maxの性能はいかに?

Appleは10月18日、昨年秋に発表したM1チップの二世代目であり、MacBook Proモデルの心臓部となる「M1 Pro」と「M1 Max」を発表した。Appleが主張する「高性能」の検証が関心の的だ。

吉田拓史
無料会員 公開

アリババ、Armベースのサーバー用チップを発表

アリババは最先端の5ナノメートル技術を採用した新しいサーバー向けチップ「倚天710」(Yitian 710)を発表した。最新チップは、Armが提供する知的財産(IP)をベースにしている。

吉田拓史
無料会員 公開

中国でRISC-Vチップ企業が百花繚乱

中国でRISC-Vチップ企業が百花繚乱だ。米中対立、NvidiaのArm買収、中国政府の国産化方針、大手テック企業のチップ内製化方針と市場環境のすべてが中国企業のRISC-Vへの投資を促している。