テスラ、ビットコインで1億7,000万ドルの減損損失

テスラは、今年上半期に保有するビットコインの帳簿価格に対して1億7,000万ドルの減損損失を計上したと発表した。

編集部

テスラは、今年上半期に保有するビットコインの帳簿価格に対して1億7,000万ドルの減損損失を計上したと発表した。

また、電気自動車メーカーは、保有するビットコインの一部の売却により6,400万ドルの利益を計上したと、同社は月曜日に証券取引委員会に提出した10-Q(四半期業績報告書)で述べている。

会計規則ではデジタル資産を無期限の無形資産と定義しているため、テスラは同社が保有する暗号通貨の公正価値が簿価を下回った場合、減損損失を認識しなければならない、と資料は記載している。

「デジタル資産は、適用される会計規則上、耐用年数が確定できない無形資産とみなされます。したがって、デジタル資産の取得後、その公正価値が帳簿価額より下落した場合、減損損失を認識しなければなりませんが、売却するまでの間は、市場価格の上昇に対して上方修正することはできません」と10-Qは記載している。

テスラのCEOであるイーロン・マスクは、先週の決算説明会でCovid-19による上海の施設の閉鎖に対処するために、先週936万ドル相当のビットコインを販売したと述べた。 6月末現在、同法人は15億ドルから約2億1800万ドルまで、保有量を約75%減らしている。2021年第1四半期にビットコインの一部を購入していた。

マスク氏は、デジタル通貨について声高に論評してきました。テスラは一時、車両の支払いとしてビットコインを受け入れたが、ビットコインを採掘するために化石燃料を使用することへの懸念を理由に、2021年5月にその方針を停止した。マスク氏は当時、テスラがビットコインを販売することはないと述べていた。