国連、気候変動で2100年までに山火事が50%増加する可能性と警告

国連の新しい報告書は、気候変動によって極端な山火事がより頻繁に発生するようになり、今世紀末までに約50%増加する可能性があると警鐘を鳴らしている。

国連、気候変動で2100年までに山火事が50%増加する可能性と警告
Photo by Marcus Kauffman on Unsplash

国連の新しい報告書は、気候変動によって極端な山火事がより頻繁に発生するようになり、今世紀末までに約50%増加する可能性があると警鐘を鳴らしている。

国連環境計画(UNEP)の報告書は、山火事の強度と頻度が増加し続けるだけでなく、数千年来火災が発生していない地域でも発生し始めると警告している。地球温暖化によって永久凍土や泥炭地の沼地が湿った耐火地帯から燃えやすい火種に変わるため、歴史的に大規模な山火事が発生するには湿潤で寒すぎる地域である北極圏でさえ、定期的に大きな火事が発生するようになるかもしれない。

報告書によると、山火事の回数と頻度の増加は、樹木に蓄えられた炭素を放出することで地球温暖化を悪化させると想定される。その結果、気候変動と山火事が互いに激化するという悪循環に陥るという。

UNEPの研究者たちは、気温の上昇と土地の利用方法の変化が、火災の増加を促進すると述べている。もともと山火事が発生していた地球上の多くの地域で、数週間燃え続ける大規模な火災がすでに高温化し、燃焼時間が長くなっているとのことだ。

ここ数年、世界各地で現代人が経験したことのない規模の山火事が発生している。2020年、米国西部で発生した火災は1000万エーカー以上を焦土と化し、少なくとも43人が死亡、165億ドルの損害を与えた。

オーストラリアのブラックサマーは、2019年末から2020年初めまで続いた壊滅的な火災シーズンで、大陸の約440万エーカーを荒らし、少なくとも34人が直接死亡し、何十億もの動物に害を及ぼした。

「気候変動がもたらしているのは、すでに山火事が定期的に発生している場所で、より高温でより長く燃え続けるという状況です」と、報告書の共同執筆者のカリフォルニア大学デービス校環境科学・政策学部の研究員であるヒュー・D・サフォードは語っている。「しかし、予想外の場所でも燃え始めている」と、インドネシアの泥炭地での最近の火災を引き合いに出して語った。この報告書によれば、東アジアの乾燥地帯、アメリカ中部の一部、南米の砂漠地帯でも火災が発生する可能性があるという。

国連の報告書に概説されている予測される火災リスクの一部は、すでに織り込み済みである。世界中の研究機関、政府機関、国際組織から集まった50人以上の専門家が、この報告書の中で「温室効果ガスの排出を抑制する最も野心的な取り組みを行っても、地球は極端な火災状態の頻度が劇的に増加することになる」と書いている。しかし、それはすべての希望が失われたことを意味するものではない。それどころか、この報告書は、将来の火災リスクを軽減するために、各国政府が今すぐ実行できることがあることを示している。

まず、最も重要なことは、火災の防止にもっとお金を使うことだ。例えば、木が密集しないように森林を間引きしたり、林床にあるブラシやその他の燃料を焼いたりマルチングしたりして除去することだ。現在、世界では山火事に関する資源の約3分の2を、火災発生時の対応に直接費やしています。報告書によると、火災に関連する支出のうち、計画や予防に使われているのはわずか1%にすぎない。

例えば、米国森林局は、森林が燃え始める前の管理にもっと資源を投入した方が費用対効果が高いのに、いまだに予算のおよそ3分の2を消火に費やしている。「林野庁の全予算を食い物にしてるんだ」とサフォードは言った。「そして逆説的に、長期的には破滅的な結果をもたらす可能性を高めているのです」

報告書は、規定焼きなどの予防的活動にもっと資金と人員を投入する以外に、各国政府が他国や、数百年、数千年にわたる火災管理の専門知識を持つ先住民族と協力するよう勧告している。最終的には、日頃から火災に対処している国家間の共同協力と問題解決の産物として、山火事管理の国際基準を設けることを提言している。現在、各国は火災を鎮めるために頻繁に互いに連絡を取り合っている。この報告書の著者は、火災が発生する前に各国が協力し合うことを望んでいる。

すでにいくつかの国では、山火事問題の解決に向け、より協力的な考えを持ち始めている。オーストラリアではアボリジニに、カリフォルニアではアメリカ先住民の部族に、それぞれ景観の管理を依頼している。この報告書はまた、各国政府に対し、火災の行動や地図作成に関する研究への投資を促している。そうすれば、消防士は火災発生時の情報をより多く入手でき、消防機関はより賢く効果的な方法で資源を配置できるようになるという。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)