国連、気候変動で2100年までに山火事が50%増加する可能性と警告

国連の新しい報告書は、気候変動によって極端な山火事がより頻繁に発生するようになり、今世紀末までに約50%増加する可能性があると警鐘を鳴らしている。

編集部

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン