ジョコウィ退陣後のインドネシアはどうなる?[英エコノミスト]

ジョコウィ退陣後のインドネシアはどうなる?[英エコノミスト]
2023年1月10日(火)、インドネシアのジャカルタで開催されたインドネシア闘争民主党(PDI-P)の50周年記念イベントでスピーチするジョコ・ウィドド大統領。インドネシアの最大与党は2024年の大統領選挙の候補者指名を見送り、ジョコウィ大統領はその選択に慎重を期している。写真家 ディマス・アルディアン/ブルームバーグ
“The

インドネシア大統領としての最後の任期中、ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)は世界的な政治家を演じた。9月5日から7日までジャカルタで開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議では、各国首脳をもてなした。8月にはアフリカを歴訪し、経済案件を獲得した。9月9日にデリーで開催される20カ国・地域(G20)首脳会議には、昨年に続き出席し、近くサウジアラビアも訪問する予定だ。

国内では、物腰の柔らかい庶民的なスタイルで、ジョコウィは世界で最も好かれる指導者の一人となった。彼の支持率は80%前後で推移している(グラフ参照)。これに近いのはインドのナレンドラ・モディ首相だけだ。しかし、ジョコウィがその人気に浸っている間にも、彼のレガシーがどうなるのか、そして来年退任した後、誰が後継者になるのかという憶測が広がっている。

2014年にジョコウィが大統領になったとき、彼はこの国がこれまで見たことのない指導者だった。彼は川沿いの小屋で育った家具職人で、軍や著名な家族とは何のつながりもなかった。 彼が最もくつろいでいるのは、市場で玉ねぎの値段を尋ねたり、どこに行っても彼の姿を一目見ようと群がる群衆に T シャツを配ったりするときだ。 彼は経済成長への執拗な焦点に精通したソーシャルメディア運用を使うことで、インドネシアの政治に革命を起こした。 しかし、彼の遺産には 3 つの大きな不確実性がつきまとっている。インドネシア経済が成長し続けるかどうか。 彼の後継者が彼の政策を維持するかどうか。 そして、この国が分断された世界でバランスを保つことができるかどうか。

ジョコウィの経済成長実績はまともだ。 2014年に同氏が大統領に就任して以来、インドネシアは世界30大経済国の中で5番目に急成長している。それ以来、GDPは累計43%拡大した。 IMFの予測は、このペースが続く可能性があることを示唆している。 同基金は、この国が今後5年間でグループ内で2番目に急成長し、2014年の18位から2028年までに世界13位の経済大国になると予想している。

その多くは、インフラ整備への莫大な後押しのおかげである。世界で4番目に人口の多いこの国は、13,000以上の島々で構成されており、その多くは基本的な設備が整っていない。硬い帽子をかぶったジョコウィは、空港、港湾、発電所、ダムを建設し、何千キロもの道路や鉄道を敷設してきた。彼はその人気を利用して、国内の政党、国有企業、有力な大企業をおだててきた。

彼の代表的なプロジェクトである、ボルネオ島のジャングルにまったく新しい首都をゼロから建設することは、この戦略の典型であり、成功を持続させることの不確実性を浮き彫りにしている。ジョコウィは、現在の首都ジャカルタの4分の1が2050年までに水没する可能性があるため、「ヌサンタラ」として知られるこの都市が不可欠だと主張している。批評家たちは、2045年に完成予定の340億ドルのプロジェクトは非現実的だと言う。政府は、予想される費用の20%を政府が負担し、残りは国内外の投資家が出資すると言っている。しかし、プロジェクトが発表されてから4年以上経つが、この都市に資金を提供する拘束力のある契約を結んだ外国人投資家は一人もいない。

ジョコウィ首相は、他のプロジェクトで外国人の支援を得ることに成功している。外国からの直接投資は2022年に450億ドルに急増し、前年比44%増となった。この投資の多くは中国からのもので、ニッケルの採掘と加工に流れている。インドネシアは世界最大の埋蔵量を誇り、電気自動車用バッテリーの生産に不可欠な金属である。2014年、インドネシアは未加工ニッケルの輸出を禁止した。他国へ輸出する選択肢はほとんどなかったため、外資系鉱業会社(その多くは中国系)はインドネシアに大規模な加工施設を建設した。これにより、環境は犠牲になったものの、成長と新たな雇用が促進された。インドネシアは昨年、輸出総額の10%にあたる300億ドル相当のニッケル製品を輸出し、2013年の10倍に達した。

この戦略の先行きは不透明だ。政府は、陸上でのニッケル加工からバッテリー前駆体、さらには電気自動車の製造への拡大を促したいと考えている。ジョコウィ政権初期に貿易・投資大臣を務めたトム・レンボンは、ジョコウィ政権が「より介入主義的で市場重視のスタイルではない」方向にシフトしていることは助けにならないと言う。

ジョコウィのインフラ重視は、インドネシアの地政学的立場を複雑にしている。伝統的に非同盟外交を追求してきたインドネシアを中国に接近させたのだ。インドネシアの投資調整庁(BKPM)によると、2022年の中国からの投資額は80億ドルを超え、米国からの投資額の4倍に達した。インドネシアの輸出に占める中国・香港向けの割合は、2014年の12%から2022年には22%に上昇している。ジョコウィ首相は中国のインフラ、債務金融、国有企業への依存を真似た、とレンボンは言う。

中国への経済的依存は、インドネシアの地政学的操縦の余地を狭めている。インドネシアは世界最大のイスラム教徒多数国であるにもかかわらず、経済的影響を恐れて、中国の新疆ウイグル自治区に住むイスラム教徒の多いウイグル族の迫害について沈黙を守ってきた。

ジョコウィは、米国やその同盟国との安全保障や経済的なつながりを強化することでヘッジしようとしている。安全保障面では、中国依存を避けてきた。シンクタンクのストックホルム国際平和研究所によれば、インドネシアへの軍事装備の最大の供給国は韓国、米国、フランスである。

しかし、米国との経済関係を築くのは難しい。インドネシアは、米国でインドネシアのニッケルを安く販売し、中国への依存度を下げるために、金属を含む米国との貿易協定を強く望んでいる。しかし、米国政府はインドネシアのニッケル産業における中国の優位性を懸念しており、取引は難航している。

こうした懸念にもかかわらず、ジョコウィのインフラ注力は人気を集めている。 「インドネシアのエリート層の大多数は中国を賞賛している」とレンボンは言う。 「彼らは、西側の民主主義は退廃的で、衰退し、乱雑で、遅いと考えています」。 対照的に、ほとんどのインドネシア人は大統領を物事をやり遂げる人物だと考えている。 ジョコウィは市長として、有権者とつながり、彼らの問題を直接知ることを可能にする即席の近所訪問を意味するジャワ語のブルスカンで有名になった。 彼は大統領就任後もこうした訪問を続けた。

ある程度までは民主主義者

しかし、任期最後の年に近づくにつれ、ジョコウィの民主主義的信任は損なわれつつある。彼は自由主義的な法律を後退させ、反汚職委員会を弱体化させた。そして彼は、以前の政治家たちのように、自分自身の王朝のための土台を築こうとしているのかもしれない。2019年に出版された自伝の中で、ジョコウィは「大統領になることは、私の子供たちに権力を分け与えることではない」と宣言している。しかし、2019年に再選を果たした直後、長男のジブラン・ラカブミンがジョコウィの前職であるソロ市長に就任した。娘婿のボビー・ナスティオンはインドネシア第5の都市メダンの市長だ。末っ子のケーサン・パンガレップも政界入りを目指している。

インドネシアの憲法裁判所(ジョコウィの義弟が長官を務める)は、副大統領候補の年齢を40歳から35歳に引き下げる可能性がある。大統領選挙が2月に予定されているため、ジブラン氏は父親の承認を得た副大統領候補とみなされる可能性がある。しかし、それは継続性の保証にはならないだろう。国防相のプラボウォ・スビアントは権威主義的な軍人だが、世論調査ではジョコウィ党員で中部ジャワ州知事のガンジャル・プラノヴォと拮抗している。

過去に2度ジョコウィに敗れているプラボウォは、悪い時代に戻ったようだ。彼は1980年代に東ティモールでの人権侵害を許したと非難されているが、強く否定している。彼はナショナリズムを強調し、食料自給を主張し、インドネシアの直接選挙を批判している。ガンジャルは、評判の高い実業家であるインドネシア商工会議所の会頭を選挙運動委員長に任命したばかりで、経済改革についてはプラボウォよりも真剣である可能性があることを示唆している。

第3の候補は、元ジャカルタ知事でジョコウィ内閣の元教育大臣であるアニス・バスウェダンである。劣勢と見られていたアニスは、2017年のジャカルタ州知事選では第1ラウンドで敗れたが、第2ラウンドでは保守的なイスラム系有権者の支持を得て逆転勝利。同氏は最近、重要な投票ブロックである国内最大のイスラム系市民社会組織の支持を獲得し、三つ巴の選挙戦の可能性が広がった。

ジョコウィの機嫌を取りたい両候補は、原材料の輸出禁止や新首都建設など、ジョコウィの政策を維持すると語っている。しかし、インドネシアの選挙は政策よりも人柄が重視されると、ジョコウィの伝記作家であるベン・ブランドは主張する。つまり、経済成長を促進し、より良いサービスを提供する方法についての提案では、どの候補者も勝てないということだ。ジョコウィからの支持はどの候補者にとっても助けになるだろう。しかし、それは勝者がジョコウィの遺産を守る保証にはならないだろう。■

From "What will Indonesia look like after Jokowi leaves?", published under licence. The original content, in English, can be found on Content source(URL)

©2023 The Economist Newspaper Limited. All rights reserved.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)