東南アジア

東南アジアは、インド洋と太平洋に挟まれた多様な国家群で、インドと中国の影響を受けた文化を持っています。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

激化するアジアの金融センター間の競争

香港から飛行機でやってきた特派員を、シンガポール人のサービスアパートメント経営者が「もう一人!」と出迎えてくれた。この言葉は、香港とシンガポールのどちらが今、人とビジネスの流入を楽しんでいるのかを物語っている。最近のきっかけは、パンデミックに対する両者の対照的な取り組みだ。シンガポールは昨年から対外開放を始めた。それに比べ、中国や香港は入国時の検疫期間が短縮されたものの、まだ終了の兆しはない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

シーリミテッド、eコマースと食料宅配部門を人員削減

シンガポールのネット大手のシーリミテッドはEコマース部門「Shopee」の人員を削減。シーは海外拠点、周辺事業も縮小している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

シンガポールでの超富裕層の減税措置の待ち時間が長期化

シンガポールで免税登録を試みるファミリーオフィスは、1年前の約半分に比べて少なくとも8カ月の待ち時間に直面しているという。大挙するファミリーオフィスが貴重な税制優遇措置を受けるためにはシンガポール金融管理局(MAS)の認可が必要なのだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

シンガポールの家賃がかつてない高さに

シンガポールの民間マンションと住宅開発局の公営団地の賃料は先月、過去最高値に急騰し、今後も上昇を続けるとの見方が広がっている。

吉田拓史
無料会員 公開

スーパーアプリ・グラブの自由落下の行方

トヨタ、三菱UFJ、ソフトバンクグループと日本を代表する企業を株主に揃える、シンガポールのスーパーアプリ企業グラブの苦境が続いている。株価が4分の1になった同社はどうやって生き残るか。

ブルームバーグ
無料会員 公開

シンガポールで最も富裕だったSea Limited創業者が財産の8割を失った

Sea Limited(シー)社の創業者にとっては、不運な出来事の連続だった。ハイテク企業の暴落、インドでの主要な電子商取引事業の停止、そして期待はずれの収益によって、同社の米国預託証券は10月のピークから80%以上減少した。

ブルームバーグ
無料会員 公開

インドネシアのテック大手GoToの勝算: 地域のデジタル経済の成長の恩恵受けるか

配車アプリのゴジェックとeコマース企業のトコペディアを組み合わせたGoTo(ゴートゥー)が待望の株式市場デビューを果たした。企業価値や成長率といった目先の指標に賭けるか、インドネシアの中産階級とデジタル経済の成長をより長い目で見るかだ。

吉田拓史
無料会員 公開

シンガポールがテック億万長者の中国出身者を育てた方法

【ブルームバーグ】シー(Sea Ltd.)の共同設立者であるデビッド・チェンは、同じく共同設立者であるフォレスト・リーとガン・イエとともに、シンガポールで最も裕福な個人の一人となっている。起業家の少ない国で中国出身の移住者がテクノロジー企業の構築に成功した。

吉田拓史
無料会員 公開

時価総額が半分に減ったがシーはまだ高い

【ブルームバーグ・オピニオン】10月に投資家の熱気が最高潮に達したとき、東南アジアのインターネット企業シー・リミテッド(Sea Ltd.)の市場価値は2,000億ドルを超えていた。今日では、その半分以下の価値しかない。しかし、まだまだ割高なのかもしれない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

シーの時価総額160億ドル消失はインドの禁止に留まらない問題を示唆

【ブルームバーグ】インドが会社の最も人気のあるゲームタイトルを突然禁止したことでシー(Sea Ltd)は160億ドル以上の価値を失った。投資家はこの禁止が同社のトラブルの始まりに過ぎないのではないかと懸念を強めている。

吉田拓史
無料会員 公開

Sea Limited、3桁成長が長期継続

Sea Limitedの2020年第3四半期(Q3)決算からは驚きを隠せない。上場企業で前年同期比の収益成長率3桁が維持され続けていることはほぼあり得ないことだ。

吉田拓史
無料会員 公開

コロナ禍の東南アジア、デジタル消費者が7,000万人増

Facebookとベイン・アンド・カンパニーの調査