米国のインフレ熱は冷めているか?[英エコノミスト]

米国のインフレ熱は冷めているか?[英エコノミスト]
Unsplash+
“The

小数点以下第3位までの経済数値を書き出すことは、通常、偽りの正確さについての訓練である。しかし、この2年間、不快なほどの高インフレが続いたため、物価統計は詳細に調査されるようになった。米国の6月のコア・インフレ率(変動しやすい食品とエネルギーコストを除いたもの)の前月比の上昇率は、四捨五入していない値で0.158%だった。小数点以下がいくつになろうとも、疑問は変わらない。米国のインフレ熱はついに冷めたのか?

最新の数字は多くの朗報をもたらした。6月の消費者物価指数は前年同月比3%上昇にとどまり、2022年6月の9%ペースから急減速した。しかし、基調的なインフレを示す様々な指標も魅力的であった。最も注目されるのは、パウエルFRB議長がインフレの勢いを示す指標としてよく挙げる、住宅を除くコア・サービス価格である。

このような穏やかなインフレ報告であれば、次回7月末の会合で中央銀行は金利を据え置くと予想される。しかし、1ヶ月のデータを鵜呑みにするのは賢明ではない。FRBの政策決定者は、労働市場をはじめ、他にも多くのことを判断材料としている。様々な指標は、労働市場の回復力を際立たせている。

米国では失業者1人につき1.6件の雇用があり、この比率は2022年半ばから若干低下しているが、パンデミック前の標準を大きく上回っている。2020年2月以降、経済は400万人近くの雇用を増やし、雇用は長期的なトレンドラインを上回っている。全年齢労働者の約84%が就業中または求職中であり、これは2002年以来最多であり、過去最高をわずか1ポイント下回っただけである。

労働者から見れば、このような活力は歓迎すべきことである。建設業など教育をあまり必要としないサービス業では賃金の伸びが速い。その結果、所得格差が縮小している。裕福でない人々は、逼迫した労働市場から利益を得ている。黒人の失業率は4月に4.7%を記録し、過去最低を更新した。

しかし、このような労働市場の逼迫は、より広範な物価上昇に反映されるのだろうか? 例えば、6月の時間当たり所得は年率4.4%のペースで上昇し、FRBが目標とするインフレ率2%を大きく上回っている。別の指標によれば、上昇トレンドはさらに急である可能性がある。FRBアトランタ支部のトラッカーによれば、今年の賃金上昇率は年率6%前後である。

その結果、最近のインフレの冷え込みにもかかわらず、雇用情勢が好調であることから、FRBが先月の短い休止の後、利上げを再開することはほぼ確実となった。市場では現在、7月に4分の1ポイントの利上げが行われる確率は92%とされている。

FRBがその後に何をするかは、それほど確実ではない。6月のインフレ統計の前に、パウエル総裁とその同僚の多くは、FRBが年内にもう一段の利上げを実施するとの見方を示していた。しかし、これは今や疑わしい。もし7月と8月にインフレ率が再び後退すれば、中銀は引き締めサイクルに待ったをかける必要に迫られるだろう。小数点以下3桁の数字が引き締めにつながることはないだろう。しかし、3年連続の軟調なインフレ報告は、そのトリックになるはずだ。■

From "Is America’s inflationary fever breaking?", published under licence. The original content, in English, can be found on https://www.economist.com/finance-and-economics/2023/07/13/is-americas-inflationary-fever-breaking

©2023 The Economist Newspaper Limited. All rights reserved.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)