マクロ経済

Macroeconomics is a branch of economics dealing with the performance, structure, behavior, and decision-making of an economy as a whole.

ブルームバーグ
無料会員 公開

英国債が急落、政府が予想以上に借入を拡大したため

新政権の景気刺激策が英国の債務を膨らませ、インフレを刺激するとして、投資家は英国の資産を投げ売り、英国債は歴史的急落、ポンドは37年ぶりの安値になった。

ブルームバーグ
無料会員 公開

世界的な利上げ競争で景気後退へ

過去40年間で最悪のインフレが発生することに気づくのが遅れ、その取り締まりも遅れた。米連邦準備制度理事会(FRB)と世界中の同業者は現在、物価上昇との戦いに勝つため、たとえ経済成長の鈍化や縮小という犠牲を払っても、決意を隠すことはないだろう。

吉田拓史
無料会員 公開

世界経済は4つのリスクに直面、シンガポールMAS長官が警告

シンガポールの中央銀行のラヴィ・メノン氏は、世界経済は来年の景気後退を含め1つではなく4つの重要な不確実性に直面しており、政策当局が消火活動を長く続けることになるというシグナルを発した。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国のインフレ減速により刺激策を求める声が高まる

中国の8月の消費者・生産者インフレ率は、散発的な戸締りによる支出の抑制と商品価格の下落で鈍化し、政策当局に必要なら問題を抱える経済を支援する十分な余地を与えた。

吉田拓史
無料会員 公開

中国は日本のバブル崩壊を再現しかねない

中国の不動産市場は経済成長を象徴するセクターだった。いまそのバブルが弾け、経済危機に繋がりかねない。長期の経済停滞を引き起こした日本のバブル崩壊の亡霊が漂う中、中国政府は最悪シナリオをどう回避するのか?

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

景気後退が叫ばれる中、企業が採用活動を活発化させる理由

企業は雇用と解雇のどちらをすべきなのか? 過去2年間、労働者の需要は急回復している。しかし、労働力の供給はそれに追いつかず、不足が蔓延している。つまり、多くの企業が雇用を必要としているのだ。一方、景気後退への懸念も広がっている。すでに労働者が多すぎるのではと考えるボスもいる。マーク・ザッカーバーグはFacebookの従業員に対して「ここにいるべきでない人たちがたくさんいるのだろう」と話している。AppleのトップであるTim Cookは、中道路線をとっている。Appleは「ある分野」では雇用を続けるが、経済へのリスクについては「明確な監視」を行っていると最近述べた。 今のところ、雇用する側が解雇する側を凌駕している。9月2日に発表された数字によると、農場を除くアメリカの雇用主は、8月に31万5,000人の労働者を給与支払名簿に追加した。その数日前に発表された米雇用動態調査(JOLTS)では、7月に1120万人の求人があったことが判明している。アメリカの失業率は50年来の低水準である3.5%から3.7%に上昇したが、これは労働市場に求職者が突然流入したためである。つまり、アメリカ

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国の経済停滞は我々全員の問題である - Daniel Moss

今後、中国の中銀にはさらなる展開が待っていると考えてよいだろう。欧州中央銀行(ECB)のドラギ前総裁の「必要なら何でも」という言葉を、中国人民銀行の人々が口にし始めるのはいつになるのだろうか?

ブルームバーグ
無料会員 公開

新興国市場が崩壊する中インドネシアが驚きの勝利を遂げた - Shuli Ren

ロシア・ウクライナ紛争を契機に、世界の経済力は資源国へシフトしている。政府はその富を浪費することなく、その力を利用してバリューチェーンを向上させる方法を知っている必要がある。ジョコウィはインドネシアのために非常によくやっている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ジャクソンホール会議でのパウエル氏の「次の一手」に注目が集まる

ジェローム・パウエル氏が金曜日の米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策に関する講演で何を話すか、確実なことは誰も知らない。しかし、1つだけはっきりしているのは、市場全体に衝撃が走る可能性が非常に高いということだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国、大規模金融緩和なお慎重-先行き不透明でもリスク抑制に軸足

中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は大規模な金融刺激策を控えてきたが、この戦略を今後も堅持できるか、中国の不動産市場危機が試そうとしている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ノーベル賞経済学者マイケル・スペンス教授が見る米景気後退の可能性 - Q&A

ノーベル賞受賞者でスタンフォード大学経営大学院の教授と名誉学長を兼任するマイケル・スペンス氏は8月17日のインタビューで、米国、中国、欧州経済の見通しと中国の減速が世界にもたらす影響について語った。

ブルームバーグ
無料会員 公開

過剰なインフレが待望の勝利になるとき - Daniel Moss

黒田東彦氏に敬意を表する必要がある。日銀総裁は、金利が上昇する世界で出遅れた人物という風刺を受けながらも、インフレ目標の超過達成を目指す上では最先端を走ってきた。ただ、そこに到達するまでに時間がかかった。実に6年もかかった。