マクロ経済

Macroeconomics is a branch of economics dealing with the performance, structure, behavior, and decision-making of an economy as a whole.

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ウォール街はFRBのバランスシート縮小の準備ができていない

明らかな解決策がない中、FRBがバランスシートを縮小したことによる影響は未知数であり、金利上昇、スタグフレーション、地政学的混乱が生み出す不確実性に拍車をかけている。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

各国政府は同じ目標でパンデミック期の経済対策を行ったが結果が異なった

米国は、世界の多くの国々と比べて、より積極的に自国経済をパンデミックから守るために支出した。この戦略は、より急速なインフレを引き起こし、同時に、より速い景気回復と活発な雇用増加を促進することになった。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

食料、肥料、そして未来 - ポール・クルーグマン

平和は貿易を促進する。世界がより危険な場所になればなるほど、食料の大規模な貿易のように、私たちが当たり前だと思っていることが、誰も思っていないほど脆弱になる可能性がある。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

FRBのインフレ対策の"間違え方"が不況の是非を決める - ポール・クルーグマン

現在の状況は明らかに景気後退のリスクを高めており、その主な理由は政策立案者が相反する危険の中を進路を取ろうとしているためだ。もし不況になったとしても、どのような不況になるかは、FRBがどう判断を誤るかによって決まる。

ブルームバーグ
無料会員 公開

日本が「からあげクン」の値上げを歓迎してほしい理由 - ギアロイド・レイディ

通貨安のおかげでついに日本に待望のインフレが訪れようとしている。日銀はその悲願の達成を歓迎しているだろう。黒田総裁は円安こそ、物価上昇を促す試みで悩まされたデフレマインドを打破するものだと考えているのかもしれない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

Netflix加入者減は米消費者のインフレへの苦闘を示唆

Netflix加入者の急減は米国消費者の価格に対する反発を示唆。ストリーミングサービスは、値上げ後、米国で60万人の顧客を失った。エコノミストはインフレが需要を阻害する兆候を探っている。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ウクライナ復興にかかる費用は?

悲惨な戦争が終わったとき、その国はまるで荒れ地のようだった。産業基盤は空襲で破壊され、大都市は爆撃で破壊され、多くの死者が出た。東部はロシア軍に占領され、何百万人もの人々がその残虐性から逃れた。しかし、西ドイツの経済は1945年以降、「経済の奇跡」と呼ばれるほど力強く回復した。 この類似性は正確ではなない。ウクライナは現在、戦争の多くを台無しにしている扇動者ではない。ウクライナは勝者になるかもしれないし、そうでないとしても、その荒廃はそれほど大きくはないだろう。とはいえ、再建は途方もない作業になるだろう。ウラジーミル・プーチンによって行われた戦争は、何千人もの命を奪い、何百万人もの人々を避難させただけでなく、国内に710万人、国外に460万人の人々がいる。家屋や病院、橋や港湾が破壊された。敵対行為に終わりが見えない以上、さらなる破壊が続くことは間違いない。 経済学者のネットワークであるCentre for Economic Policy Research (CEPR)の研究者たちは、財産被害に関するデータ、国の資本ストックに関する数値、歴史的な類似性を用いて、戦後の国の復興に必要な総費用を2,000億〜5,000億ユーロ(約27.3兆〜約68.3兆円)と推定している。上限は戦前のウクライナのGDPの3倍強、下限はEUの対外援助予算の4倍程度となる。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ゼロコロナ政策の代償を示唆する中国の経済データ

過去最悪のコロナの流行に直面した中国は集団検疫、厳しい戸締まり、国境管理を拡大して実施している。18日に発表された公式データは、この対策が世界第二の経済大国である中国に厳しい犠牲を強いていることを示している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国の失業率は上昇、コロナ封鎖で消費は減少

中国の3月の個人消費は、コロナ対策の封鎖により数百万人が自宅に閉じこもり、失業率がパンデミック初期以来の高水準に上昇したことから急落した。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

インフレ率はこれから下がる、だが興奮しすぎるな - ポール・クルーグマン

インフレ率はおそらく今後数カ月で大きく低下するだろうとニューヨーク市立大学大学院センター(CUNY)教授のポール・クルーグマンは主張する。しかし、米国経済はまだ過熱しているように見え、喜びすぎてはいけない、と彼は忠告している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

高まるスタグフレーションのリスク 投資家は何十億ドルもヘッジにつぎ込んでいる

ウォール街のトレーダーを豊かにする可能性のある、次の大きな市場の変化が起きている。世界的なエネルギー危機が深刻化し、中央銀行がますますタカ派的になることで、主要経済国が1970年代型のスタグフレーションに陥るというシナリオだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国の締め付けによる経済への波及効果

中国が2020年初頭以来最悪のコロナ感染発生を抑えるために実施した閉鎖措置。工場の生産を停滞させ、自宅に引きこもった数百万人の消費を停止させるなど経済に打撃を与えている。製造業や貿易からインフレや食品価格に至るまで、あらゆるものを圧迫している。