マクロ経済

Macroeconomics is a branch of economics dealing with the performance, structure, behavior, and decision-making of an economy as a whole.

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

世界経済のインフレ問題は緩和されつつあるが、景気後退の可能性は依然高い

この3年間の混乱の後、投資家は世界経済について楽観的になるべきいくつかの理由を得た。米国ではインフレ率が低下し、景気後退を伴わずに物価上昇を抑制する「ソフトランディング」への期待が高まっている。ヨーロッパでは、暖冬の影響でエネルギー価格が急落し、幸運が訪れた。中国経済は、習近平国家主席の破壊的な「ゼロ・コロナ」政策から解放され、回復の兆しを見せている。市場は歓喜している。米国株のS&P500指数は年初から5%上昇した。欧州や新興国の株価はさらに上昇している。 残念ながら、世界経済の問題に終止符を打つにはまだ早すぎるようだ。アメリカでは12月に消費者物価が下落し、エネルギーや商品の価格低下により、今年の年間インフレ率は2%を下回る可能性がある。しかし、物価上昇率の低下と同時にGDP成長率も低下している。小売売上高と工業生産高は12月に減少し、生産高の先行指標は大幅に低下している。これは通常、景気後退が近いことを示す。経済の中で最も健全なのは労働市場である。連邦準備制度理事会(FRB)は、インフレが抑制されていることを確認するのが難しくなる。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

なぜ世界中の医療サービスが大混乱しているのか

コロナのパンデミック時に行われた閉鎖措置には、「病院が潰されるのを防ぐ」という包括的な狙いがあった。政府は、感染症が発生する時期をずらすことで、治療能力を高める時間を確保しようと考えたのだ。しかし、結局、この余分な能力の多くは使われることなく終わってしまった。英国の7つのナイチンゲール病院はわずかな患者を受け入れただけで閉鎖され、米国の野戦病院の多くも同様であった。欧州の経験をまとめた学術誌「Health Policy」によると、集中治療室のベッド数よりも病室の患者数が多かったのは、2020年4月3日にイタリアのロンバルディア州で起きた一例のみである。現在、中国の病院が出口の大波に直面し、圧倒されているという話があるが、これらが孤立した例なのか、より広範で体系的な失敗を表しているのかを知るのは早計だ。 中国以外では、コロナが人々の心に重くのしかかることは少なくなった。しかし、豊かな世界の多くの国々では、この病気が蔓延し始めて以来、医療制度が崩壊に近づいている。失業率やGDPとは異なり、各国の医療制度に関する比較可能な最新の数値はほとんど存在しない。そこでエコノミスト誌は、国、地

ブルームバーグ
無料会員 公開

不動産セクターの不振は2023年の中国経済の足を引っ張る

中国の不動産市場は、世界第2位の経済大国の今年の回復にとって大きな未知数となっている。政府がデベロッパーや金融業者への支援を強化しているにもかかわらず、不動産セクターはまだ底打ちの兆しを見せていない。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

減速するグローバリゼーションは新たな攻撃にさらされている

通商担当の大臣が大げさなことを言うのはあまり知られていない。しかし、韓国産業通商資源部の安徳根(アン・ドクグン)通商交渉本部長は警鐘を鳴らしている。世界はパンドラの箱を開ける寸前だと、先月、彼は警告した。もしEUが米国の保護主義的な産業政策を真似れば、「日本、韓国、中国、すべての国が、グローバルな貿易ルールを無視するという、非常に難しい競争に参加することになるでしょう」。何十年もかけて丹念に交渉された貿易と投資の国際システムは、根底から覆されることになるだろう。 かつて商務次官として米国の輸出規制を監督していたウィリアム・レインシュも、同じようにぶっきらぼうに言う。米国は常に他の経済大国に対して技術的な優位性を保ちたいと考えてきたと彼は言う。しかし、最近は新しい方法でその目標を追求している。『より速く走る』政策から、『より速く走り、相手を翻弄する』政策に移行したのです」。大国は、少なくとも彼らが戦略的と定義する広範な産業における経済の進歩を、ゼロサムの観点から見るようになりつつある。世界の繁栄への影響は計り知れない。 米国のジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)は

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

危険なのは米国の産業政策の失敗より成功だ

最も差し迫った懸念は、アメリカの政策が失敗することよりも、国内産業を活性化させることに成功し、そのために分裂した世界をさらに悪化させることかもしれないことである。

吉田拓史
無料会員 公開

テック業界は厳しい2年の後AIで春を迎える:MicrosoftのナデラCEOが予測

Microsoftのサティア・ナデラ会長兼CEOは、テクノロジー業界は2年間の痛みに耐えないといけないが、人工知能(AI)のような新技術により、業界の長期的な成長見通しは依然として強いと述べた。

吉田拓史
無料会員 公開

今年の世界経済、不況予想が多数派に

米国、そして世界経済の不況予測が多数派を形成している。長引くインフレ、金融引き締め、欧州のエネルギー危機、中国の成長鈍化、ウクライナ戦争と世界は不確実性に直面している。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

欧米はいかにして経済成長に愛想を尽かしたか

今年は西側諸国にとって良い年であった。同盟国はロシアの侵略に対抗するために統一戦線を張り、観測筋を驚かせた。権威主義的な中国が毛沢東主席以来の低成長に苦しむ中、アメリカ経済は轟音を響かせている。2016年にブレグジットとドナルド・トランプの当選で始まった豊かな国々でのポピュリズムの波が、まるで頂点に達したかのように見える。 しかし、世界の注目から離れたところで、豊かな民主主義諸国は、経済成長の弱さという深遠でゆっくりと燃え上がる問題に直面している。19年の1年間で、先進国のGDPは2%未満しか成長しなかった。高頻度測定によれば、生活水準向上の究極の源泉である豊かな世界の生産性はせいぜい停滞し、低下している可能性がある。公式予測によれば、2027年までに富裕国の中央値における一人当たりのGDP成長率は年率1.5%未満になるという。カナダやスイスのように、ゼロに近い数字になる国もある。

吉田拓史
無料会員 公開

日銀金融政策の点検・検証、8割が来年4月以降の実施予想-サーベイ

日本銀行による大規模な金融緩和政策が長期化し、日本の経済・物価情勢にも変化が見られる中、エコノミストの8割は新たな正副総裁の下で来年4月以降に開かれる金融政策決定会合で金融政策の点検や検証が行われると予想している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

1年先の米インフレ期待、21年9月以来の低水準-ミシガン大調査

米国では12月に短期的なインフレ期待が予想外に低下し、約1年ぶりの低水準となった。その一方でガソリン価格の下落に助けられ、消費者マインドは上向いたことがミシガン大学の調査で明らかになった。

ブルームバーグ
無料会員 公開

チャイナ・プラス1の追い風はインド経済の減速を止められない―Andy Mukherjee

中国へのエクスポージャーを抑えようとする生産者にとって、インドを魅力的な第二の目的地として位置づけることは、長期的には有益である。しかし、景気後退と政府の打ち手の不足は、インドへの懐疑心を湧き上がらせる。

ブルームバーグ
無料会員 公開

人手不足が続く新種の不況の誕生

世界経済は低迷しており、世界の大手企業の中にはすでに数千人の従業員を解雇しているところもある。しかし、朗報もチラホラある。今回は、不況が到来しても、労働者が職を維持する可能性が例年より高いということだ。