中国の失われた世代:若者は将来に希望を持っていない[英エコノミスト]

中国の失われた世代:若者は将来に希望を持っていない[英エコノミスト]
ブルームバーグ・ベスト・オブ・ザ・イヤー2021 2021年4月21日(水)、中国・北京で行われた朝礼で、保冷バッグを持って立つ美団(Meituan)の宅配業者。カメラマン ヤン・コン/ブルームバーグ
“The

南部の広東省恵州市では、ある電子機器工場が従業員を募集している。月給は4,500~6,000元(約9万~12万円)で、食費と生活必需品を賄うには十分だが、それ以外はそれほど高くない。広告には、新入社員は「懸命に働き、苦難に耐える」ことが期待されていると書かれている。このメッセージは、子どもたちに明るい未来を与えるために劣悪な環境で長時間働いてきた多くの旧世代の中国人には響いたかもしれない。しかし、その子どもたちの多くは、現在、同じような苦難に直面しており、それに耐えようとしない。「組み立てラインには座れない」と、髪を赤く染めた20代のバリスタ、チャンは地元の茶館で言う。彼は、わずかな利益のために犠牲を払うという考えを否定する。茶館での仕事は月給わずか4000元だが、彼は客とのおしゃべりを楽しんでいる。

チャンをただのZ世代モドキと切り捨てる前に、彼が工場勤務を含めて7年間働いていることを考えてほしい。家賃を差し引いた給料の半分を実家に送金し、両親を養っている。彼は家を買うことも、結婚して子どもを持つのに十分なお金を稼ぐことも考えていない。恵州の電子工場で働いても、彼の状況はさほど改善しないだろう。「努力は大切だ。しかし、苦いものを食べると不幸になる」と彼は言う。

中国全土で若者は幻滅している。彼らは経済的ダイナミズムと社会的流動性の物語を聞かされて育ってきた。共産党の指導者が市場改革を初めて採用した1978年から2018年まで、中国経済は10年ごとに2倍以上になった。都会の子どもたちは一生懸命勉強して良い大学に入り、卒業時にはホワイトカラーの仕事に就くことができた。小さな町や田舎から来た幸運な学生も、同じように中流階級への道を歩むかもしれない。低学歴の若者には選択肢が少なかった。しかし、工場や建築現場での賃金が上昇し、家庭を築くのに十分な都市に行くことはできた。

2012年に習近平が政権に就く前の数十年間、中国はより開放的だった。江沢民(1989~2002年)と胡錦濤(2002~12年)はリベラルとは言い難かった。しかし、彼らは市民社会、知識人、メディアが活動する余地を残していた。民間企業は繁栄した。企業は世界に出て西洋から学ぶことを奨励された。ますます多くの中国人が海外を旅行し、留学した。ダイナミックで、向上心があり、快楽主義的ですらある消費文化やデジタル文化が出現した。

しかし、今日の若者にとって、先行きはもっと暗い。経済は苦境に立たされており、彼らはその最悪の状況を感じている。16歳から24歳の中国都市部の失業率は、ここ数カ月間20%を超えており、パンデミック以前の約2倍である(図表1参照)。この年齢層の公式雇用統計はあまりにひどいため、中国は最近、その公表を完全に中止した。高等教育はもはや、確かなキャリアへの信頼できるはしごではない。我々の計算によれば、2021年には失業した若者の70%以上が新卒者である。乏しい仕事とともに、彼らは高騰する不動産価格に直面している。仕事を見つけ、家を買い、家族を養うというささやかな夢には、ますます手が届かなくなっているようだ。

若者たちの気持ちを知るために、私たちは数十人にインタビューを行った。彼らのメッセージは驚くほど一貫している。「希望がない」と恵州市の27歳は言う。彼や彼の仲間たちが感じている倦怠感は、tangping(躺平、寝そべり)やbailan(擺爛、「腐るまま放っておく」から転じて「努力しても無駄なので諦める」)といったフレーズを特徴とする新しい虚無的な語彙の出現につながった。感情分析ツールを使ってソーシャルメディア上のテキストから感情を抽出したところ、中国の若者の気分はますます暗くなっていることがわかった。

これは北京の政府関係者を悩ませるだろう。約3億6000万人(人口の4分の1)の中国人は16歳から35歳である。彼らの憂鬱は、中国の将来、経済、党の野心に重大な影響を与える。しかし、政府は若者をなだめるどころか、叱りつける傾向にある。習近平国家主席は昨年、若者たちは「傲慢さと甘えを捨てなければならない」と述べた。国営メディアの社説は、「闘争を受け入れ」、党が定義する民族の若返りの大義のために若さを犠牲にするよう奨励している。弾圧はますます強まっている。習近平は若者たちに「苦いものを食べろ」と言う。彼の戒めは、使い古された中国の決まり文句ではあるが、恵州のバリスタのような人々の神経を逆なですることは間違いない。

粉砕

中国の若者たちが一生懸命働いていないわけではない。彼らは幼い頃から、学校での成績や、「高考(ガオカオ)」として知られる中国の有名な厳しい大学入学試験を突破しなければならないという大きなプレッシャーにさらされている。今年は1300万人近くの若者が受験した。彼らの多くは、他の活動を犠牲にして何年も塾通いに明け暮れたことだろう。

しかし、若者の間では、どんなに勉強や仕事を頑張っても、より質の高い生活では報われないという思いが強まっている。彼らは、余分なインプットがより多くのアウトプットを生み出さなくなった状況を説明するために使われる学術的な言葉である "neijuan"、または "involution "について話している。この考え方は、2021年に放映された人気テレビドラマ『ジレンマに恋して』でも描かれている。この番組では、2人の登場人物が、教育水準における競争を映画館の手に負えない観客に例えている。そして人々は座席やはしごによじ登る。しかし結局、努力にもかかわらず、誰もスクリーンをよく見ることができない。

この内関の感覚を裏付けるデータがある。大卒者の数が増えても、彼らに適した仕事の数は同じ割合では増えていない。パンデミック(世界的大流行)の最中に進学を決めた若者たちが大量に就職市場に参入し、新卒者不足をさらに深刻化させているのだ。

問題のひとつは、卒業生が学校で身につけるスキルと雇用主が求めるスキルのミスマッチである。人材紹介ポータルZhaopinのある学術調査によると、一流都市の求職者の39%が、求める仕事で必要とされる以上の学歴を少なくとも2年余分持っていた。これらの大都市以外では、その割合は70%以上だった。高学歴の若者がゴミの分別など低スキルの仕事に就いているという話は、ソーシャルメディアに溢れている。あるタバコメーカーは、修士号を持つ学生を製造ラインに雇い入れた。

かつて中国の若者は、ハイテク関連の仕事に就ける幸運を夢見ていた。アリババ創業者のジャック・マーは、週6日、朝9時から夜9時までの勤務体系を意味する「996」カルチャーを誇りにしていた。しかし近年、ハイテク業界の労働者たちは、まるでドローンのようだと不満を漏らすようになった(しかもレイオフによってさらに見通しが立たなくなった)。2019年にネット上で不満が噴出した際、マーは「996時間働けることは大きな幸せだ」と、おそらく納得のいかない返答をした。

多くの若者が、かつては野心的なタイプに軽蔑されていた、低賃金だが安定した政府の仕事を求めるようになった。昨年は約260万人がそのような職の試験を受け、10年前の140万人から増加した。70人に1人しか採用されなかった。地方の僻地での仕事でさえ魅力的になっている。ウー・シャオメイ(23)は、南西部の山岳地帯にある貴州省出身だ。彼女は、教職試験の競争率の高い近隣の省から、貴州省に移り住む人が増え、地元の人々がそのような仕事に就くのは難しくなっていることに不満を抱いている。ウーは結局、競争率の低い近隣の別の省の小さな町の学校で教えることにした。

そのような場所で生まれた者は、出世するのが最も難しい。入試制度が地元民を優遇する大都市の良い大学に入るチャンスはほとんどない。大半は、都市部での食品配達など、低スキルのサービス業から抜け出せない。独特な戸籍制度により、都市に移住するほとんどの人々は、医療保険などの現地の福利厚生を受けられず、不安定な生活を強いられている。スタンフォード大学のスコット・ロゼール率いる研究によれば、2010年代半ば以降、ブルーカラー労働者の賃金の伸びは著しく鈍化している。

ブルーカラーであろうとホワイトカラーであろうと、好立地に家を買えるだけの収入を得る若者はほとんどいない(図表2参照)。可処分所得の中央値に対する平均住宅価格の比率で判断すると、1998年から2021年の間に、中国の都市の住宅価格は4倍も安くなった。首都北京では、この比率は2021年には25に上昇し、ロンドンの2倍以上になる。いい家を買えないことを嘆く一方で、40年近くにわたる一人っ子政策がもたらした人口構造の歪みにより、若者たちは両親や祖父母の介護負担の増大も予期している(図表3参照)。

一方、胡錦濤時代や江沢民時代の比較的開放的な文化的雰囲気は、習近平政権下で消え去った。著名な中国研究者であるゲレミー・バルメの言葉を借りれば、習はそれを「退屈の帝国」に置き換えたのである。検閲ははるかに強硬になった。インターネット上のおしゃべりは、民族主義的な話題の退屈な合唱に変わった。中国のテレビでは「女々しい男」や女性の胸の谷間の描写が禁止されている。ビデオゲームは楽しすぎると見なされ、当局はグロ描写の削除を命じ、子どもたちのプレイ時間を制限しようとしている。

娯楽施設では、バンドはライブ前に自分たちのセットのビデオを当局に送るよう求められている。演劇の演出家は、観客の中に俳優が承認された台本に忠実かどうかをチェックする人たちがいることを知っている。コメディアンは観客に録画しないよう懇願する。今年初め、北京のスタンドアップコメディアン、李浩硕は人民解放軍のスローガン「作风优良、能打胜仗(品行方正で戦いに勝つことができるという意味)」をネタにした「犬が熱心にリスを追いかけている」というジョークを披露。これは軍隊を侮辱しているとみなされた。メディア各社はこのコメディアンを雇わないように言われた。警察によると、彼は社会に悪い影響を与えたとして捜査中だという。

習近平はまた、中国の教育制度に対する統制を強化している。外国の教科書は2020年に禁止された。同年、全国の学校は、当局が「社会の安定を損なう」、あるいは「逸脱した」価値観を助長する可能性があると指摘した書籍の撤去に取り組んだ。2021年以降、小中学校の生徒には習近平の個人的なイデオロギーに傾倒した退屈な教科書が割り当てられた。大学は「共産党指導部の拠点」となるよう指示されている。何人かのリベラルな学者は解雇された。当局は中国の歴史を党を賛美する形で教えることを望んでいる。そうでないことは「歴史ニヒリズム」とみなされる。2021年には、このようなニヒリズムをネット上で見かけたら通報できるよう、政府のホットラインが設置された。

保守化は特に若い女性に厳しい。フェミニスト活動家は厳しい監視下に置かれている。当局は「#MeToo」の活動に厳重な蓋をした。性差別が横行している。採用ポータルサイト「Zhaopin」の調査では、新卒女性の61%が求人に応募する際に結婚や出産の有無について尋ねられたと答えている。また、女性は卒業前に職を得る可能性も低かった。彼女たちの将来に対する落胆のメッセージは、国の上層部からストレートに伝わってくる。この数十年で初めて、政治局には女性の委員がいないのだ。

努力しても無駄

意気消沈している若者たちは、それでもネット上で吐き出す場所を探している。Baidu Tieba(百度贴吧)はRedditのようなフォーラムで、テーマごとに編成されたさまざまなサブグループで議論が行われている。私たちは、1980年代、1990年代、2000年代生まれの人々に焦点を当てた3つのサブグループから投稿をダウンロードするプログラムを作成した。2019年から2023年半ばまでの15万件以上の投稿を分析し、肯定的、否定的、中立的な言葉の存在を検出するアルゴリズムを適用した。例えば、bailan(擺爛、努力しても無駄なので諦める)のような言葉は否定的なものとしてタグ付けされる。この情報を使って、アルゴリズムは投稿をセンチメントで肯定的、否定的、中立的に分類した。この結果は、政府が12月に強権的なゼロ・コロナ規制を解除した後、集団的なムードが改善したことを示している。しかし、一般的に、中国の若者は近年、悲観的な傾向を強めている(図表4参照)。

この調査結果には注意点がある。われわれはひとつのプラットフォームに焦点をあてたので、中国の他のソーシャル・メディアを代表するものではない可能性がある。実際、われわれの結果は、異なる気質のユーザーが特定のサイトに集まるという選択効果の影響を受ける可能性がある。百度鉄板(Baidu Tieba)」は年配のユーザーを惹きつける傾向がある。また、アルゴリズムは皮肉や皮肉を検出するのが難しい。

とはいえ、この結果は議論に値する。世代間の違いを見てみよう。1980年代生まれは最も不機嫌ではない。苦難の中で育った彼らは、改革開放の恩恵を経験し、中国の好景気がもたらしたチャンスを利用した。対照的に、1990年代生まれは最も暗い。彼らはグローバリゼーションの全盛期である好景気の時代に育ったが、経済が停滞し、中国が内向きになるのと時を同じくして社会に出ている。かつては政治的自由化への期待を抱いていた者もいたかもしれないが、習が権力を強化するにつれて、その期待は徐々に消えていった。

幻滅した若者たちは、一般的に疲労と諦めの感情を口にする。「躺平(寝そべり)」、あるいはラットレースから脱落し、達成できそうにない物質的な野望を捨てると口にする者もいる。「擺爛(努力しても無駄なので諦める)」という考え方はさらに虚無的で、自己陶酔の態度を表している。今回の分析では、1990年代生まれがこの言葉を最も多く使っていた。この言葉の実際の意味を知るために、恵州で出会った秦を考えてみよう。彼は30歳で、以前は工場で働いていた。インターネットバーの外でビールを片手に、彼は今、建設業のアルバイトをしていると言う。「数日働いて、数日遊ぶんだ」。

若者は他の面でも引いている。「なぜ結婚するのか? なぜデートをするのか?」。住宅価格の高騰は、若い男性にとって特に懸念すべきことだ。伝統的な家では、娘との結婚に要求される持参金が増えている。花婿候補とその家族が破産するような金額を要求するところもある。このような経済的負担は、社会的な見方の変化とともに、結婚の減少をもたらした。昨年結婚したカップルは約680万組で、10年前の約半分になった。

セックスレスになっている若いカップルも驚くほど多い。2020年に実施された調査では、1995年から2003年生まれのパートナー男女の14.6%と10.1%が、過去1年間にセックスがなかったと回答している。北京大学と復旦大学の学者3人組は、この数字を評価し、「若者の大部分にとってセックスが魅力を失ったかどうか、またその理由については、さらなる研究が必要である」と書いている。

中国の悲惨な出生率(一人の女性が生涯に産むと予想される子どもの数)にとって、このようなことは良い兆候ではない。2021年の出生率は1.2と歴史的な低水準に落ち込んだが、これは置換率2.1をはるかに下回っている。住宅価格以外にも、アナリストは子育て費用の高騰を要因として指摘している。北京のシンクタンクであるYuWa Population Researchは、2019年に第一子を18歳まで育てるのにかかる平均費用を485,000元(約1000万円)と算出した。これは中国の1人当たりGDPの約7倍に相当し、世界でも最も高い水準にある。

この状況を改善しようとする努力は失敗に終わっている。2016年、政府は一人っ子政策を夫婦2人までの制限に切り替えた。2021年には、上限というより目標に近い、子ども3人政策に切り替えた。現金支給や税制優遇、出産休暇の延長といった奨励策も、大きな違いを生み出していない。昨年、ある青年が警察から、パンデミック対策規則に違反した場合の処罰は3世代にわたって家族に影響を及ぼすと告げられたとき、彼はこう答えた。「私たちが最後の世代です」。このやりとりはビデオに収められ、彼の反抗的な言葉は(検閲されるまでは)別のシニカルなミームに変身して拡散した。

余裕のある若者の中には、中国を離れようとする者もいる。昨年、ネチズンたちは移住を意味する暗号として、英語の「run」に似た漢字「潤学(ルンシュエ)」を使った。裕福な中国人がシンガポールなどに出て行くという報告はよくある。ラテンアメリカ経由でアメリカに行こうとする中国人も急増している。

これを食べる

中国の指導者たちはこうした傾向に目をつぶっているわけではないが、全面的に同情しているわけではない。習近平は、前世代の若者たちが受けた過酷な苦難を、見習うべきモデルとして挙げている。彼は1966年から1976年まで毛沢東が狂乱した文化大革命の時代に生まれた(習近平の父親は、忠誠心が足りないとみなされ拷問を受けた多くの官僚の一人であり、異母姉は自ら命を絶った)。当時まだ10代だった習は、何百万人もの都市住民とともに、農民から学ぶために田舎に送られた。それに耐え切れず、彼は北京に逃げ帰った。しかし、党の言い伝えによれば、村に戻された後、彼は勤勉の美徳を学んだという。習は率先して掃き溜めに飛び込んで、牛や馬の肥やしを掃いたとされている。習は、今の若者は自ら啓発的な苦難を求めるべきだと考えている。

それでも彼は、若者の絶望の根本的な原因のいくつかに応えようとしている。政策立案者たちは、「住宅は住むためのものであり、投機のためのものではない」というスローガンを繰り返してきた。規制当局は、フードデリバリー会社である美団(Meituan)のようなeコマース企業に対し、ギグワーカーの給与と条件を改善するよう促し、配達が遅れた場合にギグワーカーを罰するアルゴリズムを緩和した。また、習がこの業界が中国の親たちの教育不安を利用した「社会問題」になっていると警告した後、家庭教師ビジネスも取り締まった。

この規制の嵐は、習の「共同繁栄」という壮大な追求の一環であり、不平等を縮小し、幻滅した若者の多くが閉塞していると考えている「上昇志向の経路を改善する」努力であった。その過程で当局は、中国で最も裕福なビジネス界の有名人を逮捕したり、アリババのマーを公の場から追い出したりした。マーは会社の経営権を手放し、現在は比較的無名で暮らしている。

しかし、政府の動きはほとんど裏目に出ている。技術系起業家に対する公然の屈辱は、彼らの手本に触発された野心的な若者にとっては腹に響くものだった(若い左派は億万長者に対する党が与えた屈辱を祝福しているが)。そして、彼らの企業や不動産開発業者に対する規制当局の取り締まりは、中国の大学教育を受けた若者の最も信頼できる雇用主のいくつかに足かせをもたらした。

共産党のプロパガンダは、若い世代の就職難を軽視している。共産党の機関紙『経済日報』は7月、多くの若者は単に「緩慢な雇用」を選んでいるだけだと述べ、この言葉はネット上で広く嘲笑された。中国人民大学のシンクタンクである中国マクロ経済フォーラム(CMF)が最近発表した報告書では、若者の失業問題についてはもっと冷めた見方をしている。同報告書は、若者の失業問題は10年間は収まらない可能性があり、国の指導者層により大きな影響を与える可能性があると結論づけている。「適切に対処しなければ、経済以外の社会問題を引き起こし、政治問題の導火線に火をつける可能性さえある」と報告書は述べている。

不満を抱く若者は、中国の政治において繰り返し起こるワイルドカードである。1919年、第一次世界大戦末期の同盟国による中国の苛酷な扱いに抗議し、近代化改革を要求するため、何千人もの学生が街頭に繰り出した。文化大革命の最中、毛沢東が紅衛兵を放ったとき、若者たちは再び舞台の中心に立った。そして1989年、学生たちは北京の天安門広場に集まり、さらなる自由を求めた。その後の弾圧で数千人が殺されたかもしれない。

それ以来、学生たちが政治的な役割を果たすことは少なくなった。3年間にわたる厳しい管理体制は、一部の学生を限界まで追い詰めた。11月、新疆ウイグル自治区での火災による死者がコロナ規制のせいだとされた後、若者たちは抗議のために中国全土の路上やキャンパスに集まった。彼らは白紙を掲げ、表現の自由を制限する中国を非難した。しかし、これらのデモ参加者の数は、14億人の国で数千人ではなく数百人であろう。より広い意味で、今日の若者には革命的な熱意がないように見える。

やる気のない国

中国の指導者たちが直面している危険は、社会的噴火というよりも社会的浸食であり、習が主張する、若者が中国の社会主義に与える「活力、スタミナ、希望」の、目立たないが絶え間ない喪失である。この活力低下は、さまざまな形で現れるかもしれない。中国の女性は出産を遅らせたり、まったくしなかったりする可能性があり、人口減少の一因となる。中国経済の見通しでは、他の少子化国の実績に基づいて、出産率が緩やかに回復すると想定されることが多い。しかし、その多くは、家庭とキャリアの両立を可能にする強力な福祉制度を持つ欧州諸国である。

中国は、人間の減少を補うために「人的資本」(教育など)の増加に頼っている。しかし、横ばい現象や高い新卒失業率は、それだけでは不十分であることを示している。市民社会、大衆文化、起業家に対する当局の締め付けも、以前の世代に見られたリスクテイクを思いとどまらせているようだ。

中国で最も優秀な教育を受けた若者の何人かは間違いなく移住するだろう。また、別の安住の地を求める者もいる。公務員志願者は今年も急増すると予想されている。また、Zhaopinの調査によると、国有企業を第一希望の就職先とする卒業生の割合は3年連続で増加している。このような企業は、ダイナミズムや創意工夫よりも安定と安心を提供している。もし中国が習の求めるより革新的な経済になるには、最も効率の悪い企業に多くの優秀な頭脳を奪われるわけにはいかない。

習近平はこのことを理解しているのだろうか? 国家の偉大さを達成する方法についての彼の考えは、若者へのメッセージとともに進化してきた。2012年に政権に就いて数カ月後、習は若い企業家、ボランティア、学生たちに会い、「夢を見る勇気を持ち、勇敢に夢を追いかけ、夢を実現するために努力する」よう伝えた。彼らの野心が中国を偉大にするのだ、と。最近エベレストに登ったという参加者の一人は、若くてよかったと顔をほころばせた。

しかし今、習は、国家の若返りという「中国の夢」は、個人の願望を奨励するのではなく、集団的な目標に焦点を当てることによって達成されると言う。習は若者たちに、党に従順になり、「父祖たちがそうであったように、青春の血を歴史の記念碑に刻む」ために強くなるよう諭している。このメッセージを心に留めている若者は比較的少ない。苦汁を飲めと言われても、彼らは苦汁を腐るまで放っておく(擺爛)ことを好むのだ。■

From "China’s defeated youth", published under licence. The original content, in English, can be found on https://www.economist.com/briefing/2023/08/17/chinas-defeated-youth

©2023 The Economist Newspaper Limited. All rights reserved.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)