中国

China, officially the People's Republic of China, is a country in East Asia and the world's most populous country, with a population of around 1.404 billion. Covering approximately 9,600,000 square kilometers, it is the third- or fourth-largest country by total area.

吉田拓史
無料会員 公開

アント、ディディ、バイトダンスの上場は来年3月まで塩漬けか

アントグループ、ディディグローバル、バイトダンス、といった中国大手企業による新規株式公開(IPO)は、習近平氏の3選とそれに伴う官僚の配置換えを見越し、少なくともあと6カ月は承認されない可能性が高いようだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国の市場取り締まりは終わった? 復星がバロメーターだ

世界の投資家は最近、北京が1兆ドル以上の損失を出した1年にわたる規制の取り締まりを緩和することにしたのかどうか、疑問に思っているようだ。結局のところ、中国は新興市場ベンチマーク指数の約3分の1を占めている。無視するには大きすぎるのだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

世界的な投資家が中国へのエクスポージャーを削減、高まるリスク

世界的なプライベートエクイティ(PE)やベンチャーキャピタルファンド(VC)は、中国が急速に変化していることから顧客がリスクを再評価し、中国から撤退しつつあると述べている。中国からの撤退は、この地域のもう一つの巨人インドにスポットライトを当てることにつながったと述べている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

IPO失速後、バイトダンスが30億ドルの自社株買い

バイトダンスは、約3000億ドルのバリュエーションでの最大30億ドルの自社株買いを投資家に対して提案しており、新規株式公開(IPO)の計画が失速した後、既存の支援者に現金化する方法を提供している。

吉田拓史
無料会員 公開

中国の不動産ローンボイコットが再組織:経済危機の引き金引くか?

中国での住宅ローンボイコット運動は、当局が支援策で危機を食い止めようとしているにもかかわらず、勢いを増している。キャッシュフローを失った不動産プロジェクトが塩漬けになれば、経済システムを揺るがす可能性がある。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国ハイテク産業のゴッドファーザーとなった香港科技大教授

資本家が敵であった文化大革命の時代に中国の農村で育ったLi Zexiang。61歳のこの学者は今、国内で最も成功したエンジェル投資家の1人として静かに頭角を現し、ドローン大手DJIを含む60社以上の新興企業を支援している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

アルゼンチンの中国製原発が燃料製造をめぐり足踏み

中国がブエノスアイレス郊外に80億ドルの原子力発電所を建設し、大部分を融資すると発表してから数カ月、この取引は、アルゼンチンの技術者に原子炉燃料の国内製造を許可するよう要求することで足踏み状態だ。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

中国の不動産市場の崩壊は政府の信頼を失墜させている

洛陽と鄭州を結ぶ120kmの列車の旅は、経済の停滞と壊れた夢のショーケースである。車窓から見えるのは、1時間ほどの道のりの間、延々と続く半地下の住宅タワーだ。完成間近の建物もあれば、完成して住宅になった建物もある。しかし、それ以上のものは、ずっと前に建設が中止された骨格である。開発業者が資金繰りに行き詰まり、従業員に給料を払えなくなったのだ。プロジェクトは行き詰まった。このままでは、家族は家を手に入れることができない。 中国の中心部を走る列車は、中国が最近経験した最大の危機の1つである、政府の経済モデルに対する国民の信頼の喪失を説明するのに役立つ。何十年もの間、不動産業界は中国の台頭を象徴する存在だった。個人事業主は莫大な富を築き、一般庶民はその純資産を目の当たりにしてきた。一般庶民は、住宅価格が3倍になるのを目の当たりにして、純資産が急増してきた。地方政府は、広大な土地を開発業者に売却することで財源を確保してきた。現在、中国の家計の70%が不動産に投資されているという。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国メーカー、メキシコを拠点に米国の関税を回避

メキシコは一般的に中国よりも材料費や人件費が高いが、中国の賃金の伸びの方が速いため、その差は年々縮まってきている。パンデミックによる物流費の高騰とともに、中国での製造の経済的優位性も損なわれている。

吉田拓史
無料会員 公開

駐米中国大使、EV供給網から自国を切り離す動きに警鐘を鳴らす

中国の駐米大使は、デトロイト自動車ショーへの訪問を機に、世界2大経済大国の「絡み合った」利益を強調し、中国を切り離そうとする潜在的リスクに対して警告を発した。

ブルームバーグ
無料会員 公開

習近平氏、プーチン氏と共に世界の舞台に戻り、米国の支配に対抗する

習近平氏が最後に海外に出てから約1,000日、中国は米国主導の世界秩序の中でますます孤立していることが分かった。習氏は今週、ロシアのプーチン氏とともについに再登場し、実行可能な代替策を示す構想を示している。

吉田拓史
無料会員 公開

米国による中国半導体産業への「水攻め」の戦果は?

バイデン政権は、中国の半導体産業を妨害するために新たな制裁措置を準備していると伝えられている。多くの米企業にとって不可欠な巨大市場を分離する米国の目論見は成功するのだろうか。