中国

China, officially the People's Republic of China, is a country in East Asia and the world's most populous country, with a population of around 1.404 billion. Covering approximately 9,600,000 square kilometers, it is the third- or fourth-largest country by total area.

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

マスクの中国との結びつきがTwitterに頭痛の種をもたらす可能性

Twitterは共産党国家を怒らせれば、マスクの中国での大規模な投資は危険にさらされるかもしれない。Twitterは中国国内ではプラットフォームを禁止されているが、北京の外交政策を世界中に広めるために広く使われており、しばしば嘘や誤解を招く情報を提供している。

吉田拓史
無料会員 公開

中国のテック弾圧停止は一時的なものに過ぎない

中央政府は4月29日、規制を正常化し、「プラットフォーム経済の健全な発展を促進する」方針を明らかにした。しかし、いくつかの新規則は撤回されるどころか、単に先送りにされただけだという。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

北京の大手テック規制は緩和されたがダメージは大きい

吉田拓史
無料会員 公開

滴滴の流血は止まらない

ディディ・グローバル(滴滴出行)の流血は止まっていない。北京の締め付けによって陣地を失い、政権と良好な関係を持つ競合にパイを食われている。米上場廃止が見込まれる中、次の上場先は不透明なままだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

米中、上場廃止の危機を受け現地監査について交渉中

北京は米規制当局と、ニューヨークに上場する中国企業の現地監査を認めるためのプロセスについて協議しており、アジア最大の経済圏からの発行体に米株式市場を開放し続けるための協議に進展がみられたと関係者は語った。

ブルームバーグ
無料会員 公開

北京の取り締まりでアリババのアマゾン超えの夢が頓挫

北京の取り締まりでアリババのアマゾン並みの利益獲得という目標が遠のいた。クラウドサービスの巨大企業を目指すアリババが、中国政府の方針の変化によってますます脅かされている。

吉田拓史
無料会員 公開

米上場の中国企業役員は「タイミングよく」株式を売却し100億ドルの損失を回避

中国企業のインサイダーは過去数年間、タイミングよく株式売却を行うことで数十億ドルの損失を回避していることが、有価証券届出書の学術的分析から明らかになった。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ゼロコロナ政策の代償を示唆する中国の経済データ

過去最悪のコロナの流行に直面した中国は集団検疫、厳しい戸締まり、国境管理を拡大して実施している。18日に発表された公式データは、この対策が世界第二の経済大国である中国に厳しい犠牲を強いていることを示している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

グローバル投資家がリスク拡大を恐れて中国から逃げ出す

グローバルファンドは撤退を開始し、3月には香港との取引所を通じて70億ドル以上の中国本土の上場株を売却している。また、過去2カ月間に140億ドルの中国国債を処分し、保有する債権を切り下げた。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国の失業率は上昇、コロナ封鎖で消費は減少

中国の3月の個人消費は、コロナ対策の封鎖により数百万人が自宅に閉じこもり、失業率がパンデミック初期以来の高水準に上昇したことから急落した。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

習近平が描く、中国の次なるイノベーション計画

習近平は中国を最先端技術のインキュベーター国家似しようとしている。これまでの海外企業の進出を促進し、技術移転を享受する姿勢からの転換だ。うまくいけば、この戦略は国の経済地図を塗り替えるだろう。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

中国人のコロナに対する考え方が変わりつつある

役人がしばしば難解な表現をする中国において、ニュースを逆から読むことは長い間有効なスキルだった。最近では、ニュースを逆から読むことが生存に関わる問題であるかのように思える人もいる。例えば、首都北京の住民たちは、コロナウイルス感染症によるロックダウンとそれに伴うあらゆる苦難に備え、身構えている。4月11日、北京市当局が「食料は十分すぎるほどある」と発表したとき、人々はその逆を予想した。「わかった。早く買い物に行くぞ」とネットに書き込む皮肉屋がいた。