加州、テスラがオートパイロットとFSDについて虚偽の主張をしていると告発
Photo by Austin Ramsey on Unsplash

加州、テスラがオートパイロットとFSDについて虚偽の主張をしていると告発

米カリフォルニア州車両管理局(DMV)は、Los Angeles Timesが先に報じたように、TeslaがAutopilotとFull Self-Driving(FSD)機能について虚偽の宣伝をしていると訴えた。

吉田拓史

米カリフォルニア州車両管理局(DMV)は、Los Angeles Timesが先に報じたように、TeslaがAutopilotとFull Self-Driving(FSD)機能について虚偽の宣伝をしていると訴えた。

同局は7月28日、テスラが同社の車両の自律走行機能について「真実でない、あるいは誤解を招く」主張し、同州の行政ヒアリング庁に2つの別々の訴状を提出した。

ロサンゼルス・タイムズによると、DMVは、テスラのオートパイロットとFSD機能の名称や、同社がそれらを説明する際に使用する言葉が、同技術を搭載した車が自律的に運転できることを誤って暗示していると主張している。DMVは特にテスラのオートパイロットのページの情報を指摘しており、そのFSDシステムは「運転席に座っている人が何もしなくても短距離や長距離の移動ができるように設計されている。そして都市の道路、複雑な交差点、高速道路をナビゲートすることができます」と記載されている。

テスラは全車両にオートパイロットを搭載しており、交通状況認識クルーズコントロールやオートスティーアなどの機能を搭載している。ドライバーは、テスラのFSDシステム、自動駐車、自動車線変更、ドライバーが駐車スペースから立っている場所に車両を呼び出す機能、および今後の機能をテストするベータプログラムへのアクセスを追加するオプションに12,000ドルの追加料金を支払う必要がある。しかし、テスラのFSDとオートパイロットは、車両を完全に自律化するものではなく、ドライバーは道路に注意を払い、常にハンドルから手を離さないようにする必要がある。

「これらの『オートパイロット』や『完全自動運転機能』のラベルや説明は、単に製品やブランド名を示すのではなく、ADAS(先進運転支援システム)機能を搭載した車両が自律走行車として動作することを表しているが、これらのADAS機能を搭載した車両は広告の時点では自律走行車として動作できなかったし、現在もできない」と、DMVは主張している。「これらの広告は欺瞞的行為である」

6月、米国道路交通安全局(NHTSA)は、高度運転支援システムや自律走行技術を搭載した車両の衝突事故について詳述した初の報告書を発表した。それによると、ADASに関連する事故はテスラが最も多く報告しており、2021年7月20日から2022年5月21日までの273件が、全392件の事故の大部分を占めていることがわかった。テスラは、オートパイロットを搭載したテスラ車と駐車中の緊急車両との衝突事故が十数件発生したことでも、NHTSAの調査を受けている。NHTSAは、オートパイロットを使用したテスラ車のドライバーがオートバイの運転手をはねて死亡させた事故も調査しており、この事故はテスラ車に関わる39の継続調査のうちの1つを構成している。