自律走行車

An autonomous car, also known as a robotic car, self-driving car, or driverless car, is a vehicle that is capable of sensing its environment and moving with little or no human input.

吉田拓史
無料会員 公開

クアルコム、VWと組んでNVIDIAの車載SoCの牙城に挑戦

VWのソフトウェア会社であるCARIADは、レベル4までのアシストおよび自動運転機能を実現するために設計されたソフトウェアプラットフォーム用のSoCをクアルコムが供給することを発表した。クアルコムが車載SoCにおいてNVIDIAの牙城に挑戦する事例の1つである。

吉田拓史
無料会員 公開

コネクテッドカーはサイバーセキュリティの莫大なビジネス機会を生みだす

自動車がネット接続されている場合、常に攻撃者にとって脆弱な存在となる。USBポート、Wi-Fi、インフォテインメント・システムなどがターゲットになる。多くの場合、ECUやコンピューティングデバイスの数が多いため、マルウェアの検出が非常に難しく、攻撃対象領域が広くなっている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

テスラのオートパイロットに対する当局の監視の目が厳しくなっている

米規制当局はテスラの運転支援システム「オートパイロット」をこれまで以上に精査しており、取り締まりの可能性を示唆している。

編集部
無料会員 公開

Waymo、サンフランシスコで完全無人運転のロボットタクシーを従業員に提供開始

Waymoは、サンフランシスコで完全無人運転のロボットタクシーに従業員が乗車するサービスを開始した。また、フェニックスのダウンタウンでロボットタクシーのサービスを開始する計画を発表した。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

イーロン・マスク インタビュー : FT紙「パーソン・オブ・ザ・イヤー」

フィナンシャル・タイムズは同紙の2021年の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」にイーロン・マスクを選んだ。本紙は自動車業界にEVへの歴史的な転換をもたらした、物議を醸したテスラの最高経営責任者にインタビューした。

吉田拓史
無料会員 公開

GMがソフトバンクGのクルーズ持ち分を買い取った理由

なぜGMがクルーズのソフトバンクGの持ち分を買い取る取引に至ったのか。彼らは公式な声明を出していないが、周辺状況を整理すれば、それは容易に類推することができる。

ブルームバーグ
無料会員 公開

自律走行トラックは米国で50万人の雇用を代替するか

自律走行トラックは米国で50万人の雇用を代替する可能性がある。ドライバー不足が深刻化する中、長距離トラック輸送の90%が自動運転技術によって代替される可能性があるという新しい研究結果が発表された。

ブルームバーグ
無料会員 公開

GM、ソフトバンクGのクルーズ持ち分を21億ドルで買取

GMはソフトバンクGのビジョンファンド1が保有する自律走行車新興企業クルーズの株式を21億ドルで買い取り、同ファンドの投資関係を終了した。GMがクルーズの株式80%を保有することになった。

吉田拓史
無料会員 公開

今年は自律走行車の変曲点の年

ウェイモとクルーズはサンフランシスコでついに乗客に運賃を課せられるようになった。今年は自律走行の変曲点の年となり、ロボタクシー以外のアプリケーションが何千何万と出てくる可能性がある。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ウーバー、自動運転の企業秘密盗難の技術者をめぐるグーグルとの訴訟に決着

【ブルームバーグ】2016年にアルファベットの自動運転車プログラムからアンソニー・レヴァンドフスキを採用したウーバーは、グーグルが同エンジニアから取り返した1億2,000万ドルのうち大半を支払うことで和解を結んだことが裁判所の記録で明らかになった。

吉田拓史
無料会員 公開

Waymo、莫大な投資が実り始めたか

Waymoの長年に渡る自律走行車への投資がロボタクシーと物流を担う自律走行トラックによって実る兆しを見せている。すでに商業化は一部で行われており、今後は規模拡大に注目が集まる。

吉田拓史
無料会員 公開

着々と進行する自律走行車の実用化

自律走行車の段階的な市場投入が着々と進んでいる。物流での採用のほうが堅調で、配車での利用は新著さが求められている。しかし、これらが遅かれ早かれ社会に衝撃を与えることは確かなようだ。