自律走行車

An autonomous car, also known as a robotic car, self-driving car, or driverless car, is a vehicle that is capable of sensing its environment and moving with little or no human input.

吉田拓史
無料会員 公開

NVIDIAと鴻海の協業が意味すること

鴻海のEVプラットフォームにNVIDIAのSoCがデフォルトで組み込まれることになった。NVIDIAが、自律走行をめぐるチップとソフトウェアの陣地を広げたことを意味する。

吉田拓史
無料会員 公開

昨年ブームだったLiDAR新興企業の淘汰が進行中

LiDAR新興企業で激しい淘汰が起きている。自律走行の実現が遅れ、投資家の熱が冷めた。ただ、市場自体は、自律性の低い運転支援で成長が見込まれており、長期的には様々な産業への転用が期待されている。

吉田拓史
無料会員 公開

北米ロボタクシー市場はCruiseとWaymoのマッチレース:「その他大勢」は淘汰されるか

CruiseとWaymoは、投資家や自動車メーカーの間で自律走行車(AV)の完成時期に対する幻滅が高まっているにもかかわらず、より多くの都市にロボタクシーを導入する計画を推進している。2者が北米市場を支配し、その他のプレイヤーは淘汰される局面にあるかもしれない。

吉田拓史
無料会員 公開

ロボタクシーの稼働がウーバー型配車を凌ぐ

ロボタクシーの稼働はウーバー型配車に追いつき、追い越そうとしている。ロボタクシーからセーフティドライバーがいなくなり、適用範囲が広がれば、ウーバー型は経済性で太刀打ちできなくなる。

吉田拓史
無料会員 公開

ロボタクシー事業化時期が自律走行車企業の財務を左右する

中国の自律走行車企業である小馬智行(Pony.ai)は、資金調達パイプラインの乱れに悩まされている。同社はロボタクシーの事業化が遅れるシナリオを勘案し、リストラを行い、より素早く収益化が効く事業にリソースを分配している。

吉田拓史
無料会員 公開

ソフトウェア定義自動車への険しい道のり

自動車がソフトウェアによって制御されることで、自動車ビジネスが抜本的に変化することは、ほとんどの業界関係者の共通認識になっている。ただ、それを実現する力はこれまで自動車業界にはなかったものだ。各社は試行錯誤を繰り返している。

吉田拓史
無料会員 公開

自動車メーカーはNVIDIA依存を避けられない?

多くの自動車メーカーは高度な自律走行の要請に対して、NVIDIAのチップとソフトウェアのバンドルを選択せざるを得なくなっている。一握りのトップランナーだけがチップの独自開発で「NVIDIA税」を回避しようとしている。

吉田拓史
無料会員 公開

自動運転チップの黄金期はいつか?

Mobileyeの上場目論見書は、ADAS向けの半導体ビジネスが黒字化しうることを示した。だが、より自律性の高い走行に対するハイエンドSoCが利益を生むのは、本格的な市場投入が予定される数年先のようだ。

吉田拓史
無料会員 公開

自動運転車業界で深刻な淘汰が進行中

フォードとフォルクスワーゲン(VW)出資の自律走行車プロジェクトが頓挫した。長期に渡って巨額の先行投資を要する自律走行車ビジネスは、世界的な不況観測の中で、シビアな淘汰の季節を迎えている。

吉田拓史
無料会員 公開

自動車産業の未来は広東省にある?

広東省は世界の自動車産業において存在感を増している。元々、供給網の集積地であった同省は、中央・地方政府の支援を受けながら、電気自動車(EV)やインテリジェントコネクティッド車(ICV)、そして自律走行車の不可欠なハブへと変貌している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

VWのソフトウェア問題が示す、iOSやAndroidに似たクルマの未来

すべての自動車メーカーがソフトウェアの専門知識を蓄積していくでしょうが、すべての中堅メーカーが独自のオペレーティングシステムを開発し、最新の状態に保つことは、最も賢い方法ではないことに気づくだろう。最終的には少数の勝者に収斂されていく。

ブルームバーグ
無料会員 公開

2040年までに乗用車の走行距離の約8%を自律走行車が占める

ブルームバーグNEF(BNEF)の最新道路交通展望レポートでは、2040年までに乗用車の走行距離の約8%を自律走行車が占めると見ている。将来、自動運転車の走行距離の割合を図にすると、右肩上がりの線が描かれることになる。