Tagged

自律走行車

An autonomous car, also known as a robotic car, self-driving car, or driverless car, is a vehicle that is capable of sensing its environment and moving with little or no human input.

スパコン会社化するテスラ
ML

スパコン会社化するテスラ

要点テスラは自律走行プロジェクト用のスパコンの全容を明らかにした。同社が主張するスパコンとAIチップの性能が正確なものであれば、今最も競争の激しい領域に電気自動車(EV)メーカーが乱入したことになる。 2019年春、テスラは映像データ処理のための「超強力なトレーニングコンピュータ」である「Dojo(道場)」というプロジェクトについて言及した。そして2020年夏、テスラのCEOであるイーロン・マスクは「テスラは、本当に膨大な量のビデオデータを処理するために、Dojoという(ニューラルネットワーク)トレーニングコンピュータを開発している。それは野獣のようなもののだ」とツイートした。 テスラのAI担当シニアディレクターであるAndrej Karpathyは、コンピュータビジョンの国際学会である「CCVPR 2021」で行った講演の中で、Dojoのクラスタについてさりげなく公開した。Karpathyはこのクラスターには720のノードがあり、それぞれにNvidiaのA100 GPU(80GBモデル)が8個ずつ搭載されており、システム全体で5,760個のA100が使用されている。さらに、10ペタバイトのNVMe(不揮発性メモリ・エクスプレス)を搭載し、1秒間に1.6テラバイトの転送速度を実現している。カーパシーは、この「非常に高速なストレージ」が「世界最速のファイルシステムの一つ」を構成していると述べている。 「これは巨大なスーパーコンピュータであり、

「稀な事故」を含んだ自律走行シミュレーション
自律走行車

「稀な事故」を含んだ自律走行シミュレーション

MITで開発された自律走行車(AV)を訓練するためのシミュレーションシステムは、実際の道路を走行する前に、車が最悪のシナリオに直面した場合に備えるための学習を支援する。その学習内容は新しい道路や新規の複雑で衝突に近い状況など、これまでに遭遇したことのないシナリオを含んでいる。

Pony.ai  トヨタが出資する中国の自律走行ベンチャー
自律走行車

Pony.ai トヨタが出資する中国の自律走行ベンチャー

Pony.aiは4年間でOEM、Tier1サプライヤーを投資家と提携相手として獲得してきた。中国とカリフォルニア州で事業を展開する同社は、設立以来10億ドル以上の資金を調達しており、その中にはトヨタからの4億ドルも含まれている。他にもボッシュ、現代などの自動車メーカーやサプライヤーと協力関係を結んでいる。

WeRide、日産三菱ルノーが投資する中国の自動運転ベンチャー
自律走行車

WeRide、日産三菱ルノーが投資する中国の自動運転ベンチャー

WeRideは、中国で最先端のL4自律走行技術を開発するスマートモビリティ企業だ。WeRideは、ルノー・日産・三菱アライアンスや宇通集団など世界のトップレベルの自動車メーカーから戦略的な投資を受け、中国で初めて、世界で2番目に完全な無人運転車を公道でテストするための正式な許可を取得した自動運転企業。

AutoX、プリンストン大教授が創業した中国の自動運転ベンチャー
自律走行車

AutoX、プリンストン大教授が創業した中国の自動運転ベンチャー

AutoXは12月初旬、中国の深セン市中心部の路上に完全にドライバーレスのロボタクシーを展開したことを発表した。AutoXは今回が公式のロボタクシーサービスの提供となったが、これまでに上海、深圳、武漢、蕪湖、広州、サンノゼに100台以上の自律走行車を配置し、数百万マイルの走行実績を蓄積してきたと主張している。