Autonomous Vehicle

An autonomous car, also known as a robotic car, self-driving car, or driverless car, is a vehicle that is capable of sensing its environment and moving with little or no human input.

「稀な事故」を含んだ自律走行シミュレーション
Autonomous Vehicle

「稀な事故」を含んだ自律走行シミュレーション

MITで開発された自律走行車(AV)を訓練するためのシミュレーションシステムは、実際の道路を走行する前に、車が最悪のシナリオに直面した場合に備えるための学習を支援する。その学習内容は新しい道路や新規の複雑で衝突に近い状況など、これまでに遭遇したことのないシナリオを含んでいる。

Pony.ai  トヨタが出資する中国の自律走行ベンチャー
Autonomous Vehicle

Pony.ai トヨタが出資する中国の自律走行ベンチャー

Pony.aiは4年間でOEM、Tier1サプライヤーを投資家と提携相手として獲得してきた。中国とカリフォルニア州で事業を展開する同社は、設立以来10億ドル以上の資金を調達しており、その中にはトヨタからの4億ドルも含まれている。他にもボッシュ、現代などの自動車メーカーやサプライヤーと協力関係を結んでいる。

WeRide、日産三菱ルノーが投資する中国の自動運転ベンチャー
Autonomous Vehicle

WeRide、日産三菱ルノーが投資する中国の自動運転ベンチャー

WeRideは、中国で最先端のL4自律走行技術を開発するスマートモビリティ企業だ。WeRideは、ルノー・日産・三菱アライアンスや宇通集団など世界のトップレベルの自動車メーカーから戦略的な投資を受け、中国で初めて、世界で2番目に完全な無人運転車を公道でテストするための正式な許可を取得した自動運転企業。

AutoX、プリンストン大教授が創業した中国の自動運転ベンチャー
Autonomous Vehicle

AutoX、プリンストン大教授が創業した中国の自動運転ベンチャー

AutoXは12月初旬、中国の深セン市中心部の路上に完全にドライバーレスのロボタクシーを展開したことを発表した。AutoXは今回が公式のロボタクシーサービスの提供となったが、これまでに上海、深圳、武漢、蕪湖、広州、サンノゼに100台以上の自律走行車を配置し、数百万マイルの走行実績を蓄積してきたと主張している。

ソフトウェア化する自動車 Axion Podcast #53
Podcast

ソフトウェア化する自動車 Axion Podcast #53

ソフトウェア定義自動車(Software-Defined Vehicle)とは、自動車がハードウェア中心の製品からソフトウェア中心の電子機器へと変化しつつある中で、主にソフトウェアによって機能が実現された自動車のことを指している。将来的にはロボティクス、スマートシティとその対象領域が広がる重要な技術的観点だ。

自律走行に伴うエッジコンピューティングの進化
Chip

自律走行に伴うエッジコンピューティングの進化

ADAS(先進運転支援システム)と自律運転の人気に伴い、車載型システムオンチップ(SoC)の計算ニーズは、自動車用半導体を非常に高度なプロセス・ノードに押し上げている。レベル3の機能を実現するには、センサ・フュージョン(ビジョン、レーダー、超音波、LiDAR)が必要だ。

LiDARを制するものは自動運転を制す  Axion Podcast #51
Autonomous Vehicle

LiDARを制するものは自動運転を制す Axion Podcast #51

今回は自律走行車の重要な要素技術であるLiDARについて話しました。レーザーを物体に当てて、それが反射し、センサーで感知するまでの時間を測ることで、3次元物体の検知を行えるシステムであるLiDAR。ここではソリッドステートやLiDAR on a chip等の新しい技術について触れています。

LiDARとカメラによる自律走行車の知覚システム
Autonomous Vehicle

LiDARとカメラによる自律走行車の知覚システム

自律走行は、過去数年の間に大きな進歩を遂げ、産業化の前段階に入っている。センサは最初に環境のデータを取得し、知覚アルゴリズムで処理して、自律走行車のナビゲーションに使用される車両の周辺環境を構築する。自律走行型ナビゲーションのための知覚システムは、カメラ、レーダー、LiDARなどの組み合わせで構成されている。

AEVAのSPAC上場分析
Autonomous Systems

AEVAのSPAC上場分析

Aevaは自律走行車向け次世代センシングシステムを開発しているAevaは11月2日、SPACとの合併で上場を目指すことを明らかにした。Aeva社は「自律走行車業界初」の「LiDAR on a Chip」は、デバイスのサイズとパワーを桁違いに向上させながら、反射の少ない物体に対しては300m以上のフルレンジ性能を実現し、あらゆる点の瞬間速度を測定する機能を実現したと主張している。

MITのタスクフォース「完全自律走行車は"少なくとも"10年かかる」
Autonomous Vehicle

MITのタスクフォース「完全自律走行車は"少なくとも"10年かかる」

20人以上のメンバーからなるMITの教員と学生の研究チームと外部の諮問委員会は7月23日、自律走行車の開発に焦点を当てた最新の報告書を発表した。それは完全なドライバーレスシステムが大規模な地域に展開されるまでには少なくとも10年はかかると指摘する。

You've successfully subscribed to Axion デジタル経済メディア!
Could not sign up! Invalid sign up link.