AIチップの需給逼迫は続く:技術と生産能力の制約はかなりタフだ
2019年10月21日(月)、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催されたMobile World Congress Americasのイベントにおいて、EGX Edge Supercomputing Platformを発表するNVIDIAの最高経営責任者(CEO)ジェンスン・フアン。写真家 パトリック・T・ファロン/ブルームバーグ

AIチップの需給逼迫は続く:技術と生産能力の制約はかなりタフだ

AIに対する世界的な需要は、AIチップのサプライチェーンの制約を明らかにした。要素技術と生産能力に容易ではない課題があり、需給逼迫は「少なくとも」来年までは解決しない模様だ。

AIに対する世界的な需要は、AIチップのサプライチェーンの制約を明らかにした。要素技術と生産能力に容易ではない課題があり、需給逼迫は「少なくとも」来年までは解決しない模様だ。


この供給不足は、AI業界の大手企業を含む大小さまざまな企業に影響を及ぼしている。アナリストは、この状況はあと1年以上続くと予測している。AIチップとその周辺製品は、データセンターに対する様々な投資をかき集め、他の製品への需要を圧迫している、とフィナンシャル・タイムズ(FT)はリサーチ会社Couterpointの調査を引用した。

FTの報道によると、NVIDIAは2024年にAIチップ「H100」の生産量を3倍に増やす計画だ。同社が引用したNVIDIAに近い3人の関係者によると、世界で最も価値のあるチップメーカーは現在、同社の最高級AIプロセッサーH100の生産量を少なくとも3倍に増やす計画で、2024年のH100の出荷台数は150万~200万台となり、今年予想される50万台から大幅に増加する。

NVIDIAの最先端AIプロセッサを独占的に製造している台湾積体電路製造(TSMC)は先月、AIサーバー用チップの需要は今後5年間、毎年50%近く成長すると予測した。

リサーチ会社Gartnerはもう少し穏やかな予想を立てている。同社の報告によると、AIチップの市場は、年率20%以上で成長している。同市場アナリストは、AIチップ市場は2023年には前年比20.9%増の534億ドルに達し、2024年には前年比25.6%増の671億ドルに達すると予測した。Gartnerのバイスプレジデントアナリスト、Alan Priestleyは、 2027年には、AIチップの市場規模は2023年の市場規模の2倍以上となり、1,194億ドルに達すると予想した。

先端技術が制約に

AIサーバー市場の成長を鈍化させているサプライチェーンの制約がある。主要なものは、アドバンスドパッケージ(*1)という半導体の3D化を支える技術である。なかでも、2012年にTSMCによって開発されたCoWoS(Chip on Wafer on Substrate)技術の能力が、業界が供給できるキャパシティの上限を形成している。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン