アリババがAndroid 10を中国製マルチコアRISC-V SoCに移植、ソースコード公開

Alibabaが所有するT-Head Semiconductorは、Android 10を独自のRISC-Vチップに移植したと発表し、プロプライエタリな代替品に対するオープンソースの命令セットアーキテクチャ(ISA)の機運が高まっていることを強調した。

アリババがAndroid 10を中国製マルチコアRISC-V SoCに移植、ソースコード公開

Alibabaが所有するT-Head Semiconductorは、Android 10を独自のRISC-Vチップに移植したと発表し、プロプライエタリな代替品に対するオープンソースの命令セットアーキテクチャ(ISA)の機運が高まっていることを強調した。英テクノロジーサイトThe Register等が報じた

T-Headは今週、AOSPとして知られるAndroid のオープンソースベースを、独自のシリコンを搭載したプロトタイプボード上で動作させるデモンストレーションを行った。報道によると、この構成は、3つの64ビットRISC-V XuanTie C910コアで構成されており、それぞれのコアは1.2GHzのクロックで、1つは128ビットのベクトル命令をサポートしており、すべてのコアは特定されていないGPUコアとペアになっている。

AndroidのRISC-V化に興味を持っているのはT-Headだけではない。昨年11月、中国科学院の一部であるPLTC Labsは、仮想化環境でAndroidカーネルを起動させることに成功した。しかし、これは完全なシステムではなく、Androidシェルが入っているだけで、それ以外の部分はあまり含まれていなかったという。

今回、我々はより典型的なAndroidの経験に似ているものを示している。完全なGUIとタッチスクリーンのインタラクションを持ち、これは単に概念の証明であるが, それは同様にデバイスメーカーとチップ設計者によって将来の開発のためのステージを設定することができる。

Android running on RISC-V (XuanTie 910) has come, and all relevant source codes have been opened. I believe that RISC-V can create more impossible and greater value to the world. @risc_v Below is the link:https://t.co/H8UddmEmPx pic.twitter.com/3yZHdg56fj— Yunhai Shang (@YunhaiShang) January 21, 2021

RISC-VはロイヤリティフリーのオープンソースISAです。2010年代初頭に導入されて以来、この技術への関心が高まり、特に中国とインドでは、外国の技術サプライヤーへの依存度を減らすための方法として見られている。RISC-V仕様を自社チップのCPUコアに実装する際には、その設計のソースコードを公開するかどうかに関わらず、企業は自由に実装することができますが、多くの設計図がオープンソースとして、またはライセンス料を払って公開されています。

米国の制裁に抵触することを警戒している中王国の企業にとって、RISC-Vは、まだ成熟するまでに時間が必要なものではあるが、保険のようなもの、あるいは逃げ道のようなものである。

The Registerが引用したEl Regへの談話によると、GartnerのバイスプレジデントアナリストであるAlan Priestlyは、Android 10の移植は「興味深い開発」であり、RISC-Vを搭載したIoTや組込みシステムにグラフィカル・ユーザ・インターフェースを追加するのに役立つだろうと述べている。

「多くの組み込み/産業用システムは、グラフィカルなユーザーインターフェイスを提供するためにAndroidを活用しており、AndroidアプリはJavaで書かれている(Android自体の多くがそうであるように)」

「近い将来、RISC-Vを使用することは、低コストの組込みチップを開発している多くのベンダにとって、RISC-VのIPに関連するライセンス料やロイヤリティが不要であり(RISC-Vのロゴを使用したい場合を除く)、Androidをサポートしていることで、アプリ開発をサポートする比較的軽量なOSを提供することができるため、良い選択肢となる」。

モバイルの面では、RISC-Vが実際に影響を与えるまでには時間がかかるかもしれない。多くのゲームエンジンはCやC++でネイティブに書かれており、特にArmアーキテクチャをターゲットにしているため、ゲームのようなグラフィックを多用するアプリとの互換性が問題になるだろう。また、性能や電力効率の面で既存のシリコンに匹敵するようにするためには、ベンダーからの先行投資が必要になるだろう。

「しかし、NvidiaがArmの買収を終了し、ベンダーが主要な競合他社との提携に懸念を抱いた場合、常に可能性はある」とPriestlyは付け加えている。

CCS Insightのリサーチ担当副社長であるGeoff Blaber氏は次のように述べている。「RISC-Vの採用は、特に産業用IoTにおいて大きな勢いを見せている。スマートフォンの「ビッグコア」としてArmを置き換えるのは少し先の話だが、今回のAndroidの移植は、RISC-Vがどこに向かっているのかを明確に示している。

RISC-Vは、マイクロコントローラにおいてすでに大きな役割を果たしている。長期的にはArmにとって、特に産業用IoTにおいて明確な挑戦者となるだろう。もしArmがNvidiaの傘下に入ることになれば、これは間違いなく成長のためのもう一つの触媒となるだろう。

T-HeadのAOSP 10ポートのソースコードと、Qemuでエミュレートされた環境で実行する方法の説明は、GitHubページで見ることができる。

Image via Yunhai Shang (@YunhaiShang), https://twitter.com/YunhaiShang/status/1352163456577806336