ソフトバンクG、Armの高い値付けを追求し苦肉の策を打つも、またもや悪手の予感

Armのライセンス料値上げ計画は、親会社のソフトバンクグループ(SBG)の新たな悪手となり得る。SBGは資産を急激に減らす中で、ArmのIPOでの高い値付けを必要としているが、値上げはライバルへの顧客の投資を招くだろう。

ソフトバンクG、Armの高い値付けを追求し苦肉の策を打つも、またもや悪手の予感
2023年2月5日(日)、東京にあるソフトバンク株式会社の店舗の入口ドアに表示された看板。Photographer: Kentaro Takahashi/Bloomberg

Armのライセンス料値上げ計画は、親会社のソフトバンクグループ(SBG)の新たな悪手となり得る。SBGは資産を急激に減らす中で、ArmのIPOでの高い値付けを必要としているが、値上げはライバルへの顧客の投資を招くだろう。


Armはライセンス料体系を変更し、事実上の値上げを通告した。フィナンシャル・タイムズは「同社はチップの価値に基づくデザイン使用料の徴収をやめ、代わりにデバイスの価値に基づく使用料をデバイスメーカーに請求する予定…この変更は、Armが販売する各デザインに対して、より多くの収入を得ることを意味する」と表現している。

FTによると、新しい価格モデルは、チップではなく、モバイル機器の平均販売価格に応じてロイヤリティを設定するというもの。この戦略は、エリクソン、ノキア、クアルコムなどの企業が特許を取得する際によく使われている。

これまでは、Armは同社の設計に基づき販売されたチップの価値の約1〜2%を請求していた。Armのシェアが圧倒的なスマートフォンのチップの平均価格は約40ドルである。これに対し、2022年の平均的なスマートフォンの販売価格は335ドル。このうちの一定の取り分をArmは要求するようだ。

値上げは2024年から開始される見込み。FTのAnna Gross、Cheng Ting-Fang、Kana Inagakiは「この価格戦略により、全体の収益が向上し、SBGの業績が好転すると期待されており、投資家は300億ドルから700億ドルのバリュエーションをArmに適用すると伝えられている」と書いている。

Armは今年ニューヨークでのIPOを控えている。IPO時に新株を引き受ける機関投資家を説得するストーリーを作るため、値上げを計画するのはよくある話だ。例えば、海外投資家の需要を集めた会計ソフトfreeeのIPOでは、上場と同時に値上げを行い、利用者は従来の機能を引き継ぐ場合には10倍の値上げを飲まないといけなかった。

純資産価値(NAV)を急激に減らし、シリコンバレーバンク(SVB)破綻の影響を受けるSBGにとって、ArmのIPOは唯一の明るいニュースであり、より高い価格で持ち分の一部を売りたいはずだ。

しかし、これは悪手になりうる。Armが値上げを行えば、取引企業は競合するオープンソースの命令セットアーキテクチャ(ISA)であるRISC-Vへの投資を加速させることは明白だ。

Armの最大顧客であるクアルコムの製品管理担当ディレクターであるManju Varma は昨年12月のRISC-Vサミットで、Armをレガシーと誹り、RISC-VはArmと比較してより価値の高いユースケースの機会を提供すると述べ、エコシステムの断片化を減らすために標準化されたRISC-V互換システムの開発を呼びかけた

クアルコムはRISC-Vへの移行に積極的になる理由を持っている。クアルコムは、自社開発のArmベースのCPUをめぐって、Armにそのデザインを破棄するよう提訴されている。クアルコムはNVIDIAがArmを買収しようとした際には、反対するロビイングを世界的に行い、企業連合によるArm株の一部取得で「中立化」をほのめかした。

クアルコムは、カルフォルニア大学バークリー校のRISC-Vの開発者らが創業した「RISC-V版のArm」であるSiFiveの投資家でもある。

また、ソフトウェアの対応も進んでいる。Googleは1月、命令セットアーキテクチャ「RISC-V」向けAndroidを開発していることを公式に明らかにした。このAndroidの開発を主導してきたのは、アリババのチップ子会社。中国では、米国との経済戦争の帰結として、スマートフォンのチップをRISC-Vベースへと動かしていく準備が進んでいる。

Armが値上げをすればRISC-Vへの投資はますます加速をするだろう。Armは長期的には損をしかねない。しかし、Armに集中しているとされる孫正義氏はそんな先のことは気にしていられないだろう。窮地に陥ったSBGに一縷の望みをもたらすため、Armの値札を釣り上げることが彼の唯一の目標だろう。

RISC-V向けAndroidの開発が進展しArmの牙城を脅かす
Googleは、命令セットアーキテクチャ「RISC-V」向けAndroidを開発していることを公式に明らかにした。ソフトバンクグループのArmにとっては、携帯電話や車載エンタテインメントのような広範な範囲でRISC-Vの挑戦を受けることを意味する。

Read more

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)