中国、自律走行車とスマートシティを強調する交通ガイドラインを発表

中国は、今後15年間に運輸部門で国力を高める計画を発表し、交通インフラを新技術で強化し、インテリジェントなコネクテッド・ビークルとスマート・シティの発展を調整する努力を強調した

中国、自律走行車とスマートシティを強調する交通ガイドラインを発表

中国は、今後15年間に運輸部門で国力を高める計画を発表し、交通インフラを新技術で強化し、インテリジェントなコネクテッド・ビークルとスマート・シティの発展を調整する努力を強調した。国営新華社が報じた。

中国共産党中央委員会と国務院が共同で発表したガイドラインによると、2035年までに、国の交通網は便利で、費用対効果が高く、環境に優しく、インテリジェントで安全なものでなければならないとしている。

ガイドラインによると、交通網は、国内および国際的な接続性を高め、主要都市への多チャンネルアクセスを実現し、県レベルの結節点を効果的にカバーしなければならないという。

中国は、交通インフラの質、知性、グリーンレベルの面で世界の最前線に立つべきだと述べている。

ガイドラインによると、今世紀半ばまでには、近代的で質が高く、総合的な国家交通網が全方位的に構築され、世界レベルの交通インフラシステムが構築されるという。

国の総合的な輸送レイアウトを最適化する努力の中で、国家総合輸送ネットワークの総規模は2035年までに約70万キロに達し、国際陸路、空路、海路、郵便路の海外区間の走行距離を除く。

ガイドラインは27の主要な沿岸港、36の主要な内陸港、約400の民間空港および約80の郵便速配拠点、約200,000キロメートルの鉄道、460,000キロメートルの高速道路および25,000キロメートルの上級水路を含んでいる。

中国は、統合された交通ハブクラスター、ハブ都市、ハブ港からなる国家的な包括的な交通ハブシステムの構築に取り組むとし、約20の国際的な包括的な交通ハブ都市と約80の国家的な交通ハブ都市の建設を加速することを強調した。

Image via AutoX