Coursera (COUR) の企業分析

Courseraは、2012年の創業から健康的な成長を続けており、パンデミックで急速に利用者を増やすことに成功した。ワクチン接種率が高まる中で、顧客数の成長にどのような影響がもたらされるかが焦点。

Coursera (COUR) の企業分析

要点

Courseraは、2012年の創業から健康的な成長を続けており、パンデミックで急速に利用者を増やすことに成功した。ワクチン接種率が高まる中で、顧客数の成長にどのような影響がもたらされるかが焦点。


2012年にスタンフォード大学のコンピュータサイエンスの教授であるDaphne KollerとAndrew Ngによって設立されたCourseraは、インターネットの黎明期から数多く存在する大規模公開オンライン講座(MOOC)プロバイダーの一つ。

4月1日のIPOでは約40億ドルのバリュエーションを想定。1株あたり30ドルから33ドル、価格帯の上限では、約5億1900万ドルの調達を目指している。

Courseraの特徴は、既存の大学との協力関係にある。Courseraは、高等教育業界を破壊しようとするのではなく、大学と協力して、デジタルの世界での高等教育や専門コースのあり方を再構築しようとしている。

この戦略はうまくいっているようだ。Courseraの学生数は7,700万人を超え、ライバル企業のほとんどを上回っている。同社の「Coursera for Campus」には、世界中の4,000の高等教育機関が参加している。2020年末時点で、これらの機関のうち130機関がプレミアム会員となっている。また、2,000社の企業(Fortune 500企業の25%を含む)と100の政府機関が、Courseraのエンタープライズ向けサービスに料金を支払っている。

1. 沿革

Courseraは,スタンフォード大学のコンピュータサイエンスの教授であるAndrew NgとDaphne Kollerによって2012年に設立された。

Ngは著名な人工知能研究者である。2011年には、Googleの分散型コンピュータインフラを利用して大規模なニューラルネットワークを開発するプロジェクト「Google Brain」を立ち上げたことで知られる。特に16,000個のCPUコアを用いて深層学習アルゴリズムで学習させたニューラルネットワークは、YouTubeの動画を見ただけで、「猫」が何であるかを知らされることなく、猫を認識できるようになった事例は、人工知能研究における一つのベンチマークだった(「Googleの猫」と呼ばれている)。

Ngはニューラルネットワークのトレーニング・推論にGPUを利用する、現在では一般的となった手法の開拓者でもある。NVIDIA ResearchのBryan CatanzaroとともにGPUを使ったディープラーニングに取り組んだ。その結果、12台のNVIDIA GPUで、2,000台のCPUに匹敵するディープラーニングの性能を発揮できることを発見した。世界的なAI開発競争の大きな一歩となったことは間違いない。

Courseraのコースを収録するAndrew Ng. via Coursera.

Kollerも業績の著しいコンピュータ科学者である。研究生活では、機械学習と確率的モデリングの分野で、システムバイオロジーや個別化医療への応用に取り組んできました。第1回ACM-Infosys Foundation Award in the Computing Sciencesを受賞したコラーは、関係論理と確率を組み合わせることで、ロボット工学、経済学、生物学など幅広い分野に確率論的推論を適用できるようにしたことが評価された。2004年にマッカーサー・フェローに選ばれ、2011年には米国工学アカデミーの会員に、2014年には米国芸術科学アカデミーのフェローに選出されている。米国人工知能学会(AAAI)のフェローであり、米国工学アカデミーの会員でもある。

NgとKollerは2011年秋にスタンフォード大学の授業をオンラインで提供し始め、その後すぐにスタンフォード大学を離れてCourseraを設立した。プリンストン大学、スタンフォード大学、ミシガン大学、ペンシルバニア大学が最初にコンテンツを提供した大学である。その後、特定の分野のスキルを身につけるためのコースを集めた「スペシャライゼーション」や学位、企業や政府機関向けの人材育成教材などを提供するようになった。

1.1 資金調達

  • 2012年;Kleiner Perkins Caufield & ByersとNew Enterprise Associatesの支援を受けて、最初に1,600万ドルの資金調達を行った。
  • 2013年:世界銀行グループがシリーズB投資を主導し、総額6,300万ドルを調達した。
  • 2015年:EDB InvestmentsがシリーズCラウンドのベンチャー資金を主導し、総額6,000万ドル以上を調達した。
  • 2017年:同社はシリーズDラウンドで既存の投資家から6400万ドルを調達。
  • 2019年:同社はシリーズEラウンドでSEEK Group、Future Fund、NEAから1億300万ドルを調達した。 同社は2019年に企業価値が10億ドル以上に達した。
  • 2020年7月:シリーズFの資金調達で1億3000万ドルを調達し、企業価値を25億ドルに更新したことを発表した。

2. 製品

Courseraには、200以上の教育機関や企業のコンテンツがある。 4,000以上のコースを含むカリキュラムのアプローチは特定の分野を段階的に学ぶことができるようにすることだ。コンテンツは機械学習を活用してパーソナライズされている。Courseraには2億2000万人以上の受講者の膨大なデータにアクセスできるという強みがある。たとえば、Courseraの「Skills Graphs」には、仕事のスキルに応じたよりよい道筋を提供するための洗練されたモデルがある。

via Coursera S-1

2. 製品

Courseraは、教育者、学習者、教育機関のグローバルなエコシステムを実現するプラットフォーム。2020年12月31日時点で、7,700万人以上の学習者がCourseraに登録しており、200以上の主要な大学や産業界のパートナーから、オープンコースからディプロマ取得可能な学位まで、何千ものオファーを受けて学んでいる。

Courseraは、自宅、勤務先、大学、政府主催のプログラムなどで学習者にサービスを提供しています。2020年12月31日時点で、2,000以上の組織がCoursera for Businessの有料顧客となっており、2020年には、COVID-19パンデミックの際に4,000以上の大学がCoursera for Campusを通じて無料のオンライン学習プログラムを開始し、世界中の300以上の政府、政府機関、組織がCoursera for Governmentを利用して、公務員や市民のスキルアップや再教育を行っている。

via Coursera S-1

コンテンツは機械学習を活用してパーソナライズされている。Courseraには2億2000万人以上の受講者の膨大なデータにアクセスできるという強みがある。たとえば、Courseraの「Skills Graphs」には、仕事のスキルに応じたよりよい道筋を提供するための洗練されたモデルがある。

3. ビジネス

2020年、Courseraは前年比59%増の2億9300万ドルの収益を上げた。また、ユーザー数も前年比65%増となった。しかし、同社はパンデミックの間中、無料のコースや機能を拡張してトラフィックを獲得した。それがコスト増につながり、2019年の4,670万ドルから2020年には6,680万ドルの赤字となった。フリーキャッシュフロー(FCF)は1年間で-2,690万ドルだった。

via Coursera S-1

Courseraは、すぐにキャッシュフローがプラスになったり、営業黒字にならないと見越している。S-1には「2020年12月31日時点で3億4360万ドルの累積赤字を抱えている」と明記されており、「予見可能な将来にわたって損失を出し続ける」と予想している。

via Coursera S-1

赤字幅は一定だが、利用者も拡大しており、許容範囲だ。2020年にはパンデミックで人々が家にいる間の利用を促進するため営業マーケティング費用が前年比88%増加したが、その報酬をCourseraは受け取っている。

ただし、再開がリスクのひとつとなる。この秋、学生たちがキャンパスに戻ってくる中で、Courseraが昨年の勢いを維持し、学生や大学を同社のプラットフォームに引きつけておけるかわからない。

とはいえ、政府機関とのパートナーシップ、一流大学のコンテンツを集めたライブラリー、企業向けトレーニング製品、マイクロ認定コースなどは、時間をかけて成長を促進するのに役立つだろう。オンライン学習は、パンデミック前からすでに急成長している市場。2025年には3,500億ドル規模の市場になるという試算もある。

3.1 消費者・エンタープライズ部門

Courseraの学習者の多くは、数年間にわたって顧客であり続け、次年度も継続してコースを購入しており、次年度以降、顧客からの収益が漸減を続ける傾向のある一般的な消費者向けサービスとは異なる、と同社のS-1は主張している。

年間消費者現金受取額コホート。2020年のコロナブーストが目を見張るものがある。単位:百万ドル。via Coursera S-1.

エンタープライズ向けはサブスクリプションを提供しているが、優秀なSaaS企業と同様の傾向を示している。下図は、当社の2017年、2018年、2019年、および2020年のARR(年間経常収益)のコーホートを示したものだ。

エンタープライズ部門のネット・リテンション・レート(顧客定着率)は、2019年12月31日時点の106%から、2020年12月31日時点では114%に上昇したとS-1はしており、これは優秀な数字だ。

消費者部門がビジネスを牽引し、サブスクリプションモデルの堅実なエンタープライズ部門がその脇を支える。学位が取得できる「degree」コースがもたらす収益も、2,980万ドルで消費者部門の15%に達し、無視できない規模だ。

部門ごとの収益の推移。via Coursera S-1.

消費者部門の売上総利益率は、2019年度の53%から2020年度の55%に増加した。逆に、エンタープライズ部門の売上総利益率は、学習者がコンテンツ費用を伴わずにコンテンツを受講するサブスクリプションライセンスから発生するエンタープライズ収益の割合が減少したことにより、同期間の比較で71%から69%に減少した。営業マーケティング費用の圧縮が可能ならこれらの売上総利益率の水準は同社の武器になるだろう。

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Mayumi Nakamura, Kinoco, Masatoshi Yokota, Yohei Onishi, Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h, kkawakami, nakamatchy, wslash, TS, ikebukurou 太郎, bantou, shota0404, Sarah_investing, sokimura.

700円/月の支援

Axionは吉田が2年無給で、1年が高校生アルバイトの賃金で進めている「慈善活動」です。有料購読型アプリへと成長するプランがあります。コーヒー代のご支援をお願いします。個人で投資を検討の方はTwitter(@taxiyoshida)までご連絡ください。

デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。
Takushi Yoshida is creating writing/journalism | Patreon
Patreon is a membership platform that makes it easy for artists and creators to get paid. Join over 200,000 creators earning salaries from over 6 million monthly patrons.

投げ銭

投げ銭はこちらから。金額を入力してお好きな額をサポートしてください。

Betalen Yoshida Takushi met PayPal.Me
Ga naar paypal.me/axionyoshi en voer het bedrag in. En met PayPal weet je zeker dat het gemakkelijk en veiliger is. Heb je geen PayPal-rekening? Geen probleem.

お断り

このコンテンツは情報提供のみを目的として提供されており、法律、ビジネス、投資、または税務上のアドバイスとして信頼されるべきではありません。これらの事項については、ご自身のアドバイザーにご相談ください。有価証券やデジタル資産への言及は例示目的のみであり、投資推奨や投資顧問サービスの提供を構成するものではありません。さらに、本コンテンツは、いかなる投資家または投資家候補者を対象としたものではなく、またその使用を意図したものでもありません。