Huawei は2年以内に自律走行車の最も重要な要素技術であるLidar(光による検知と測距)装置、のコストを大幅に下げることを計画している。財新が報じた。

Huaweiのスマート自動車部門を導くWang Junは14日、武漢の自動車フォーラムで、その計画を明らかにした。Huawei はLidarの価格を500ドル、あるいは$200まで下げることを計画しているという。

テスラが自動運転車のセンサーとしてLidarの代わりにビデオカメラを使用する理由の一つは、レーザーベースのシステムがあまりにも高価であることであると、Wangはイベントで語った。Huaweiは、そのシステムをすべてのスマートカーに手の届く価格にすることを目指している、とWangは語った。

自動車用Lidarは、回転するレーザーを使用して、周囲の物体にレーザーパルスを跳ね返し、反射光の戻り時間を測定して距離や形状を計算することで、車両の環境を360度スキャンする。動作原理は、電波を使って検出と測距を行うレーダーの基本に似ている。

グーグル、アウディ、フォードなどの自動運転車レースの主要プレーヤーは、Lidarのセンサーを使用している。しかし、自動運転車の実用化を阻む障害の一つは、ハイエンドのライダシステムが高価なことだ。現在の業界をリードするVelodyne社製の最も人気のあるライダー製品は、1台4000ドルで販売されている。

Photo by Huawei