インドのフィンテック業界に投資マネーが殺到

インドのフィンテック業界に投資マネーが殺到
via Cred.

要点

インドのフィンテック企業の企業価値が急上昇している。まだ銀行口座を持たない人々を含む13億市場への国際的な関心は高く、世界の投資マネーが流入している。


フィンテックのユニコーンであるCredは、タイガーグローバルとファルコンエッジが共同で実施したシリーズE資金調達ラウンドで2億5100万ドルを調達した。この新たな資金調達により、同社の評価額は40.1億ドルとなり、インドのフィンテック新興企業に対する投資家の大きな関心を浮き彫りにした。

Credの企業価値は、わずか半年前の4月に2億1,500万ドルを調達したときには22億ドル、1年前の2020年11月に8,000万ドルを調達したときには8億ドルだった。

今回のラウンドでは、新たに2名の投資家(Marshall WaceとSteadfast Venture Capital)が参加し、フィンテック企業のキャップテーブルに加わりました。また、既存の投資家であるDST Global、Insight Partners、Coatue、Sofinaも参加した。

報道によると、同社は今回の資金を、製品の種類を増やし、顧客にさらに多くの金融サービスを提供するために使用する予定。

クレジットカードの支払いを管理するためのプラットフォームとして2018年にスタートしたCredは、現在、eコマース、デジタルペイメント、ウェルスマネジメント、銀行融資、ピアツーピア融資などのバーティカルを持つ多角的なフィンテック企業となっている。

同社のアプリでは、会員に様々なプレミアムブランドへのアクセスを提供している。このスタートアップは、インドの他の多くの企業とは異なり、インドの通常のTAM(世界で2番目に人口の多い国の数億人のユーザー)に焦点を当てず、代わりに最もプレミアムなオーディエンスを対象としている。

via Cred.
via Cred.

Cred Storeと呼ばれるeコマースプラットフォームは、パートナー企業に対して、ユーザーを商品に誘導するための手数料を請求する。また、銀行パートナーに対しても手数料の一部の分配を請求する。

2020年に立ち上げられた同社の融資事業は、8月時点で200億ルピー(約300億円)の融資残高がある。不良資産はこのうち1%以下だった。

今年初め、同社はLiquiloans社と提携して、Cred Mintというピアツーピアの融資プラットフォームを立ち上げている。

インドのフィンテックの大きな機会

PwC Indiaが19日に発表したレポートによると、インドのフィンテックスタートアップは、2021年の最初の9ヶ月間で46億ドルを調達し、昨年の同時期の4倍に達した。

「インドには5,700万枚のクレジットカード(対して8億3,000万枚のデビットカード)があり、主にハイエンド市場にサービスを提供しています。クレジットカード業界は集中しており、上位4行(HDFC、SBI、ICICI、Axis)が市場全体の約70%を占めています。SBIカードのIPOに見られるように、この分野はこれらの銀行にとって非常に収益性の高いものです」とBank of Americaのアナリストは以前のレポートで書いている。

「CREDのように、このハイエンド層に焦点を当て、プラットフォームベースのアプローチをとっている新興企業はほとんどない(今すぐ顧客を獲得し、後で収益化を図る)。インドのクレジットカードは、依然として憧れの商品です。普及率が低いため、今後数年間は高い成長が続くと思われる。時が経てば、プラスチックカードからバーチャルカードへの移行など、フォームファクターが変化していくかもしれませんが、本質的なクレジット需要は伸びていくと思われる」と付け加えている。

第3四半期だけでも53件の取引が記録されている。また、保険テック、資産運用テック、デジタルバンクなどのフィンテック分野の企業も投資家の関心を集めていることが報告されている。

インドの新興企業に空前の資金が集まる中、今年はこれまでにDigit Insurance、Five Star Finance、Cred、Groww、Zeta、BharatPeの6社のフィンテック・ユニコーンが誕生している。

また、Paytm、MobiKwik、Policybazaar、Pine Labsの少なくとも4社が近々の上場を目指している。