OpenAIのボスは天才か、それとも日和見主義者か?[英エコノミスト]

OpenAIのボスは天才か、それとも日和見主義者か?[英エコノミスト]
サム・アルトマン。Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg
“The

技術界の「バーニングマン」理論。先見の明を持った技術者の夢や希望が、周囲の人々によって燃やされそうになることはよくあることだ。1985年、スティーブ・ジョブズは自らが創設したアップルを解雇され、11年間復帰しなかった。2000年、イーロン・マスクの共同創業者たちは、後にデジタル決済プラットフォームのペイパルとなるX.comのCEOであった彼を追放した。2008年、ジャック・ドーシーはツイッターの共同創設者たちによって、ソーシャル・メディア・アプリの最高経営責任者(CEO)としての短い任期に終止符を打たれた。

11月17日、サム・アルトマンは、2015年に共同設立した人工知能(AI)企業であるOpenAIから、率直さに欠けると非難した取締役会によって追放され、ベイエリアの次の火あぶりになるかと思われた。しかし11月21日、彼と彼の従業員、そしてマイクロソフトなどのOpenAIの投資家たちが彼の復職を熱烈に求めた4日間を経て、彼はOpenAIの経営に復帰した。このドラマの最中、「なんと、イエス・キリストの復活まで3日かかった」とツイートした人がいた。アルトマンの代わりに、彼を追い出した4人の取締役のうち3人が破滅した。

アルトマンがこのような騒動の渦中にいるのは、この世に生を受けた38年間で初めてのことではない。アルトマンは最高の自信家であるため、人々は彼を天才か日和見主義者のどちらかとして扱う傾向がある。ジョブズのように、iPhoneの生みの親のような神のようなデザイン眼はないにせよ、彼には人々を鼓舞する救世主のような能力がある。マスクのように、テスラのボスのような伝説的なエンジニアリング・スキルがなくても、彼は未来へのビジョンに鉄壁の信頼を寄せている。ドーシーのように、彼はChatGPTという製品を世に送り出し、世界中で話題となり、そして困惑させている。

しかし、その過程で彼は人々を苛立たせてきた。これは、彼が2014年から2019年に辞めるまで率いていた、起業家の温室であるY Combinator(YC)で始まった。YCは、規模を拡大するのが早すぎ、OpenAIなどの副業を気にする時間がなかった。OpenAIでは、マスク、もう一人の共同創業者、そして影響力のあるAI研究者たちと対立し、彼らはふいに去っていった。最新の証拠は、不器用にも彼を解雇しようとした4人の取締役からもたらされた。彼らの決断の具体的な理由はまだ明らかになっていない。しかし、アルトマンの奔放な野心が一役買ったとしても不思議ではない。

アルトマンの人生に不変のものがあるとすれば、それはシリコンバレーの基準から見ても目を見張るような使命感である。起業家の中には、名声と富に突き動かされる者もいる。アルトマンの目標は全能的テクノであるように見える。YCの共同設立者であるポール・グラハムは、当時まだ20代前半だったアルトマンについてこう語っている。 「彼を人食い人種だらけの島にパラシュートで送り込んで、5年後に戻ってくれば、彼は王になっているだろう」。

島は忘れろ。今や世界は彼の領分だ。2021年、彼は「ムーアの法則ですべてが変わる」というユートピア的マニフェストを発表し、(自分が主導する)AI革命が地球に恩恵をもたらすと予言した。彼は核融合の熱烈な支持者であり、ChatGPTのような「生成的」AIと相まって、知識とエネルギーのコスト低下が「美しい指数関数曲線」を生み出すと主張している。このような世界を変えるテクノロジーを展開する際には、スピードと安全性のバランスを慎重に取る必要がある。アルトマンがこのスペクトルのどこに位置するのかは、計り知れない。

アルトマンは矛盾に満ちた人物だ。彼がまだYCを率いていた2016年、億万長者のベンチャーキャピタリストであるピーター・ティールは、ニューヨーカー誌に彼のことを「特に信仰心はないが...文化的には非常にユダヤ的で、楽観主義者でありながらサバイバリストでもある」と評している(当時、アルトマンはカルフォルニア州の人口の希薄な地域であるビッグサーに穴を設け、不正行為やパンデミック、その他の災害に備えて銃と金を備蓄していた)。彼の不朽の楽観主義については、OpenAIの取締役会がクーデターを起こすわずか2日前に録音したインタビューにはっきりと表れている。「ほとんどのAI企業と私が違うのは、AIは良いものだと思うことです。私は自分が一日中やっていることを密かに嫌っているわけではありません。素晴らしいものになると思っています」。

彼は、OpenAIのガバナンスに関しても、両立させようとしている。アルトマンは、今回のドラマの核となる奇抜な企業構造を考案した。OpenAIは非営利団体として設立された。コンピュータが人間を凌駕するところまでAIのフロンティアを押し上げるために、しかし人間の優位性を犠牲にすることなく。しかし、資金も必要だった。そのために営利目的の子会社を設立し、投資家に上限付きの報酬を約束したが、投資家は会社の運営には口を出さなかった。OpenAIの株を保有していないアルトマンは、このモデルを擁護している。アルトマンは3月、あるインタビュアーに対し、このような技術を無限の価値を創造しようとする企業の手に委ねることは「少し怖い」と語った。

しかし、彼はまた、その制約に苦しんでいるようにも見える。YCでそうであったように、彼は、莫大な利益をもたらす可能性のある生成AIデバイスや半導体を作るために投資家を募るなど、サイドプロジェクトを推進している。旧取締役会は、OpenAIの安全第一憲章にあまり忠実でないことが判明するかもしれない新取締役会に取って代わられる。次期会長のブレット・テイラーは、かつてソフトウェア大手のセールスフォースを経営していた人物だ。彼の監視の下、スタートアップはより従来型の、急速に規模を拡大するハイテク企業に似てくるかもしれない。アルトマンも、おそらくそれで満足するだろう。

水星の上昇

そうなれば、OpenAIはさらに注目される存在になるかもしれない。AIモデルの最新版であるGPT-5やその他の製品で、同社は群を抜いている。アルトマンには資金調達と優秀な人材の採用において独特の才能があり、通常の企業組織であれば彼の仕事はより容易であろう。しかし、彼の曖昧さ、特にスピードと安全性のバランスをどこで取るかは教訓である。アルトマンはAI規制の指針を提供するために世界の権力者の回廊に迎えられたが、彼自身の信念はまだ定まっていない。それだけに、政府がAIの安全性についての方針を決めるべきであり、気まぐれな技術的先見者ではないのだ。■

From "The many contradictions of Sam Altman", published under licence. The original content, in English, can be found on https://www.economist.com/business/2023/11/22/the-many-contradictions-of-sam-altman

©2023 The Economist Newspaper Limited. All rights reserved.

翻訳:吉田拓史

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)