マイクロソフトは近々PCにSSD搭載を義務付けるか
Photo by Windows on Unsplash

マイクロソフトは近々PCにSSD搭載を義務付けるか

Microsoftは2023年または2024年から、すべてのWindows PCにSSDを搭載するようPCメーカーに要求しているという。MicrosoftとPCメーカーは、スケジュールについてまだ交渉しているそうだ。

編集部

米テクノロジーメディアTom's Hardwareのレポートによると、Microsoftは2023年または2024年から、すべてのWindows PCにSSDを搭載するようPCメーカーに要求し、現在もハードドライブを搭載しているほとんどのPCブランドにおいて、回転式ハードドライブの時代に終止符を打つことになるそうだ。

データストレージ業界のアナリスト企業である TrendfocusのアナリストであるJohn Chen氏によると、Microsoftは当初2022年にこの変更を行おうとしたが、メーカーの抵抗により「来年のいつかに延期された」と主張している。MicrosoftとPCメーカーは、スケジュールと可能な例外についてまだ交渉している。「しかし、事態はまだ流動的である」

興味深いことに、Microsoftのこれらのアクションは、Windows 11 PCに対するSSDの要件が明確に示されていない状態で行われ、OEMはその期限を延期していると報道ではされている。

Microsoftの最新のハードウェア要件リストでは、Windows 11には「64GB以上のストレージデバイス」を求めており、SSDは標準インストールの最低要件ではない。ただし、MicrosoftはDirectStorageとWindows Subsystem for Androidという2つの機能でSSDを必要と規定しているが、これらの機能を使う必要はない。2023年の内蔵システムのSSD化以降、MicrosoftがWindows 11 PCの最低仕様を変更する予定があるかどうかは不明である。

SSDは、ハードディスクよりもOSの処理速度が何桁も速いため、より迅速で応答性の高いユーザー体験を提供する。多くのラップトップやデスクトップPCは、すでにブート・ドライブにSSDを搭載しており、写真や動画などの大容量ファイルの大量保存用にセカンダリ・ハードドライブを使用しているものもある。しかし、特に発展途上国や新興国の市場では、一部のローエンド・モデルがいまだにブート・デバイスとしてハードディスク・ドライブを使用している。

TrendfocusのJohn Chenはコストの問題が懸案となっていると主張している。1TBのHDDを交換するには、低価格の256GB SSDに変更する必要があるが、OEMはほとんどのユーザーにとって十分な容量とは考えていないそうだ。逆に、512GBのSSDにステップアップすると、価格制限の厳しいローエンドマシンでは「予算オーバー」になってしまう。

先進国市場のPCの大半は、すでに起動ドライブがSSDに移行しているが、例外もある。Chen氏は、Toms Hardwareに対し、Microsoftが例外を設ける可能性もあると指摘するが、同社では、ブートドライブにSSD、バルクストレージにHDDを搭載したデュアルドライブのデスクトップPCやゲーミングノートPCが、唯一の量産型PCになると予測している。