サムスングループのリーダー、李健煕氏の死去後、韓国の経済界と政治界のエリートの最高幹部から哀悼の意と称賛の声が殺到した。文在寅大統領は、サムスンを半導体とスマートフォンで知られる世界的なハイテク大国に成長させるために「大胆で革新的なリーダーシップ」を発揮した李氏を韓国ビジネスの「アイコン」と評した。

国内最大の自動車メーカーである現代自動車グループの鄭夢九会長は記者団に対し、グループの王冠であるサムスン電子の会長を務めた李氏は、韓国の産業界に「最高のものになりたい」という思いを植え付けたと語った。

李健煕氏は10年ごとに大胆な賭けをしていた。最後の賭けは、スマートフォンと半導体で、それは大きな成果を上げた。グループの至宝であるサムスン電子の時価総額は3,110億ドルで、トヨタ自動車を上回っている。

サムスンの台頭は韓国の政治状況を反映している。1987年に李健煕氏が父の後を継いだ時、韓国はまだ民主主義への移行が進んでいない開発独裁国だった。彼が2014年に病に倒れたとき、韓国は豊かで繁栄し、民主的だった。彼は会社に独裁をもたらしたが、自動車製造への高額な投資など、いくつかの失敗を伴った。しかし、それはほとんど成功をもたらした。

グループは造船や生命保険から遊園地まで事業を保有しているが、近年は電子機器に焦点を当ててきた。今日、サムスンはスマートフォンの世界最大のメーカーであり、チップの世界第2位のメーカーだ。中国との競争に対抗して、モバイル機器での地位を守ってきた。子会社のサムスンディスプレイがiPhone用のスクリーンを供給している競合他社との提携を含め、グローバルなパートナーシップを築いてきた。

チェボルと政治の関係

しかし、韓国最大のチェボル(財閥)が直面している2つの課題が浮き彫りになってもいる。グループは、成熟したスマートフォン市場を超えた成長を見つけなければならない。そして、李氏のもう一つの遺産である政治との癒着に対処しなければならない。

文政権の民主党の李洛淵委員長は、李氏がビジネスのリーダーシップを発揮した一方で、経済のチェボル(財閥)への依存度を高め、労働組合を抑制するなどの「負の責任」を負ってきたと述べた。

韓国を一世代で第一世界の地位に押し上げたとされるチェボルは、汚職や不公正な商習慣、不透明で複雑な指導体制のため、長い間、国民の怒りの源となってきた。

心臓発作の後、6年間昏睡状態で過ごした後、李氏は横領、脱税、大統領への賄賂を含む事件で2度有罪判決を受け、2度とも大統領の恩赦を受けた。

彼の息子であり、後継者とされる李在鎔氏は、弾劾された朴槿恵前大統領の側近に賄賂を渡したという疑惑をめぐる再審を含め、2つの別々の訴訟に直面している。検察官が李在鎔のグループへの支配力を高めるために操作されたと主張している2つのサムスンの系列企業の合併に関連する別の裁判は、1月に審理を開始する。

妹たちとともに最大100億ドルの相続税請求に直面している若き李氏は、2014年に父親が昏睡に落ちた以来、グループの事実上のリーダーと広く考えられていたが、下された判決では、李氏がサムスン電子の役員を務めることはできなくなった。

「チェボル・スナイパー」として知られるベテラン企業活動家の金尚祚氏を公正取引委員会のリーダーに任命するなど、彼らを抑制するためのいくつかの措置を講じたが、経済への影響を考えて、難しい舵取りが続いている。

企業サイト「CEOスコア」によると、上位10社のチェボルは、2017年に韓国のGDPの約50%に相当する収益を上げた。サムスングループは、電子機器、保険、建設、造船、武器などの事業を展開しており、韓国の1.5兆ドルの経済規模の20%を占めると推定されている。

李氏の死後、多くのサムスン関連会社の株価が上昇した。市場もチェボルという企業ガバナンスが限界に達しているのを見越しているのかもしれない。

Photo by Kote Puerto on Unsplash