衛星インターネットStarlink、仏の営業許可を取得

フランスの通信規制当局ARCEPは、SpaceXのブロードバンド・バイ・サテライト・システム「Starlink」の使用と国民へのアクセスを承認した。Starlinkは、宇宙から地球への送信に10.95-12.70GHz、地球から宇宙への送信に14-14.5GHzの周波数を使用することができ、2月18日にARCEPによって確認された。

衛星インターネットStarlink、仏の営業許可を取得

フランスの通信規制当局ARCEPは、SpaceXのブロードバンド・バイ・サテライト・システム「Starlink」の使用と国民へのアクセスを承認した。Starlinkは、宇宙から地球への送信に10.95-12.70GHz、地球から宇宙への送信に14-14.5GHzの周波数を使用することができ、2月18日にARCEPによって確認された。

Starlinkの請負業者は、アンテナを保護する高さ3メートルの球体である9つの「ドーム」を、フランス国内の4箇所に建設する。フランスの規制当局の承認を得ている。フランスの様々な規制当局は、ドームと伝送は住民にリスクを与えず、フランス全土で同様の作業を行っている地球局があることを強調している。

仏テレビ局France 24によると、ドーム建設予定地の一つ、人口350人のサン=セニエ=ド=ブーヴロン村では、反発する市民が出ているという。12月には、サンセニエ市は建設を阻止する政令を発令した。

Image by Starlink