SEMI、世界の半導体製造設備投資は2022年に過去最高になると発表
Photo by L N on Unsplash

SEMI、世界の半導体製造設備投資は2022年に過去最高になると発表

SEMIの発表によると、世界のファウンドリ(半導体生産工場)の設備に対する投資額は、2022年には前年比10%増の980億ドル超となり、3年連続で過去最高を更新する見込みです。

吉田拓史

SEMIの発表によると、世界のファウンドリ(半導体生産工場)の設備に対する投資額は、2022年には前年比10%増の980億ドル超となり、3年連続で過去最高を更新する見込みです。

2021年の39%増、2020年の17%増に続き、2022年も増加する見込みです。同業界が最後に3年連続で成長したのは2016年から2018年で、1990年代半ばに3年連続で記録した後、20年以上が経過しています。

SEMIの社長兼CEOであるAjit Manochaは、「半導体メーカーは、人工知能、自律型マシン、量子コンピューティングなど、さまざまな新技術に対する需要に対応するために生産能力を拡大しており、半導体製造装置業界は過去7年間のうち6年間で支出が増加し、かつてない成長期を迎えています」と述べています。「生産能力の増強は、遠隔地での作業や学習、遠隔医療などに不可欠な電子機器に対するパンデミック時の旺盛な需要を超えて行われています」。

2022年の総支出のうち、ファウンドリ部門は前年比13%増の46%、次いでメモリ部門が2021年からやや減少して37%となる見込みです。SEMIによると、メモリ分野では、DRAMへの支出が減少する一方で、3D NANDへの支出が増加すると予想されています。

一方、マイクロコントローラ(MPUを含む)への支出は、2022年に47%という驚異的な伸びを示すと予想されています。また、パワー関連デバイスも33%の大幅な成長が見込まれています。

ファウンドリ設備投資の推移 via SEMI.

SEMIによると、2022年の半導体製造装置への支出は、韓国が最も多く、次いで台湾、中国となり、全体の73%を占めると予想されます。2021年に急激に増加した台湾のファブ機器支出は、今年少なくとも14%増加すると予想されます。韓国も2021年に急激な増加を示し、2022年には14%上昇すると予測されています。中国は20%の支出減が予想されています。

ヨーロッパ / 中東は、2022年に次に大きな支出をする地域であり、年間で145%の著しい成長が予測されるとSEMIは指摘しています。日本は29%の成長が見込まれています。

SEMIによると、2021年には合計27のファブとラインが装備を開始し、そのほとんどが中国と日本。2022年には25のファブとラインが装備を開始すると予想されており、台湾、韓国、中国が装備開始の大半を占めています。

SEMIのレポートには、全世界で1,422の施設・ラインが掲載されており、その中には、2021年に量産を開始するか、またはそれ以降に量産を開始すると予想される様々な確率の高い138の未来の施設・ラインが含まれていると付け加えています。