バイオインフォマティクス

科学の学際的な分野として、バイオインフォマティクスは生物学、コンピュータサイエンス、情報工学、数学、統計学を組み合わせて生物学的データを分析・解釈します。バイオインフォマティクスは、数学的・統計学的手法を用いた生物学的クエリのインシリコ分析に利用されてきました。

吉田拓史
無料会員 公開

AIが設計した“生体ロボット”は全く新しい自己複製方法を編み出した

2020年1月、バーモント大学の研究者らは初めて「生体ロボット」を作ったと発表した。2021年11月にはそのロボットが自己複製の新しい方法を発見したと発表した。

吉田拓史
無料会員 公開

AlphaFoldオープンソース化の衝撃

AIの適用で科学の進歩が急加速

吉田拓史
無料会員 公開

DeepMindのAIシステム、50年来の「タンパク質の折り畳み問題」を解明

DeepMindのAIシステムAlphaFoldの最新バージョンは、2年に1度開催されるタンパク質立体構造予測技術を客観的に評価するコンテンスト「CASP」の主催者によって、この問題の解決策として認められた。この画期的な成果は創薬設計や環境の持続可能性などの進歩を劇的に加速させる可能性を示している。

吉田拓史
無料会員 公開

SNS向けのグラフニューラルネットを応用し、細胞の画像解析法を精緻化

シーケンシング技術により、体組織内の遺伝子の活動を顕微鏡画像で表現することが可能になった。このたび、ウプサラ大学の研究者たちは、生成された膨大な情報の解釈を容易にするために、まったく新しい画像解析法を開発した。人工知能で使われるアルゴリズムをベースにしたこの手法は、もともとはソーシャルネットワークの理解を深めるために考案されたものである。

吉田拓史
無料会員 公開

三千年前の欧州人は牛乳を飲めない: 兵士の骨格の遺伝子検査が明らかに

マインツのヨハネス・グーテンベルク大学の遺伝学者であるヨアヒム・バーガーらは、骨格の遺伝子検査により、約3000年前のヨーロッパ人の新鮮な牛乳を消化することができなかったことが明らかにした。

吉田拓史
無料会員 公開

世界2位のスパコンが新型コロナ患者の遺伝子を解析、興味深い新理論が浮上

テネシー州オークリッジのオークリッジ国立研究所の研究チームは、スーパーコンピューターを用いた新型コロナ患者の遺伝子研究により、新型コロナウイルスがどのようにして病気を引き起こすのか、またその最悪の症状を治療するための新たな治療法の可能性を示唆する画期的な発見をした。