教育テック

EdTechは、Education(教育)とTechnology(技術)を組み合わせた造語で、テクノロジーを用いて教育を支援する仕組みやサービスを指します。生徒向けの学習支援システムや教師のための授業支援システム、英会話やプログラミングなどをインターネット上で学習することができるサービス、学校での利用を主眼に置いたSNSなど、EdTechに分類できるサービスは数多く登場しています。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

世界的な教育テックブームは続くのか?

【エコノミスト】インドの教育テックByju’s(バイジュウズ)は、コロナウイルス感染症が世界中の教室を閉鎖する前からユーザーを増やしていた。インドで最も価値のある未上場スタートアップであるByju'sは、2011年にバイジュ・ラベンドランが共同で設立した。2019年には、数千万人のインドの子どもたちが、同社の主力製品である、通常の学校教育を補完するためのオンラインレッスンを提供するアプリの利用を申し込んだ。同年、Byju'sはインドのクリケット代表チームのスポンサーになった。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国の教育テックの取り締まりが高校の家庭教師にまで拡大

【ブルームバーグ】中国政府は、オンライン家庭教師会社が休日に高校のカリキュラム授業を提供することを禁止し、国内の1,000億ドル規模の民間教育産業の大部分を衰退させた取り締まりを拡大している。

吉田拓史
無料会員 公開

【米IPO】米言語学習サービスDuolingo 堅調な収益成長と圧縮可能な赤字

赤字幅拡大も売上原価は低く圧縮可能か

吉田拓史
無料会員 公開

企業価値1.8兆円の印教育ベンチャーByju’sの快進撃

パンデミックによるリモート教育需要増の波に乗る

吉田拓史
無料会員 公開

タオバオが中国のオンライン教育市場に参入

アリババが所有する電子商取引プラットフォームである淘宝網(タオバオ)は、今後3年間で1,000人以上のオンライン教育サービスプロバイダーと1億人以上の新規生徒を接続することを目的とした大規模な計画で、すでに混雑している中国のオンライン家庭教師市場への浸透を目指している。