【米IPO】米言語学習サービスDuolingo 堅調な収益成長と圧縮可能な赤字

赤字幅拡大も売上原価は低く圧縮可能か

【米IPO】米言語学習サービスDuolingo 堅調な収益成長と圧縮可能な赤字

要点

Duolingoは堅調な収益成長を示す一方、赤字幅が広がっており、投資家の懸念点になるかもしれない。だが、同社の売上原価は低く、コストの中心はR&Dであるため、健全な成長と言っていいだろう。


ピッツバーグを拠点とする言語学習ビジネスのDuolingoが先週、正式に株式公開を申請した。同社は直近の投資ラウンドで企業価値24億ドルで評価されている。S-1ファイリングでは、Duolingoは1億ドルの資金調達を予定しているとされているが、ロードショー後にIPO価格帯の設定を見守る必要がありそうだ。

同社は堅調な収益成長を遂げている。2019年から2020年にかけて、Duolingoの収益は7,080万ドルから1億6,170万ドルへと2倍以上に増加した。この期間における主な成長要因はサブスクリプションの「Duolingo Plus」であり、有料会員数は2019年の90万件から2020年には160万件に増加した。これは、Duolingo PlusのBooking件数が、2019年の7,200万ドルから2020年の1億4,400万ドルへと倍増したことと一致している。

Duolingoの収益の大部分は、サブスクリプションによるものだ。2020年通年では、収益の73%が購読料収入で占められている。次いで、広告収入が17%、Duolingo English Test(DET)が10%を占めている。

Duolingoは、2021年も収益成長の軌跡を維持している。2021年Q1の収益は5,540万ドルで、2020年の同時期に発生した2,810万ドルの約2倍となった。しかし、持続的な収益成長にもかかわらず、Duolingoは利益を出していない。2019年は1,360万ドル、2020年は1,580万ドルの赤字で、最大の懸念は、2021年Q1だけで1,350万ドルの純損失を計上したことだ。出口戦略のために駆け足になりすぎていないか、という疑問が浮かび上がる。

しかし、同社には魅力的なエコノミクス(経済性)がある。Duolingoの売上原価は低く、健全な粗利益が得られる。その代わり、コストは主に研究開発から発生し、2019年の総収益の45%、2020年の総売上高の33%を占めている。これには、エンジニアリング、製品開発、デザインに関連するコストが含まれる。また、顧客獲得費用のような一部の変動費は圧縮可能だろう。Duolingoは、有料ユーザーの維持率を1年以上に引き上げるための取り組みを示しており、それが奏功すればAppleやGoogleに支払うアプリストア手数料を標準の30%ではなく、15%にすることができる。

現在、約2億2,000万ドルの年間収益ランレート(この場合、2021年Q1の収益を4倍し、通年の収益と想定した数値を指す)と100%以上の成長率を誇るDuolingoは、プライベート市場で設定された24億ドルの値札をクリアするのに問題はないはずだ。

Duolingoはこれまでに1億8330万ドルのベンチャーキャピタルを調達している。NewView Capital、Union Square Ventures、CapitalG、Kleiner Perkins、General Atlantic等の投資家が出資をしている。

Duolingoの製品特徴

Duolingoは、40カ国語のコースを提供するモバイル言語学習アプリ。2021年3月31日に終了した四半期の月間平均ユーザー数は4,000万人だった。そのうち約5%の180万ユーザーは、広告なしのDuolingo Plusサブスクリプションサービスに加入している。Plusは月額12.99ドルで、1年分(79.99ドル)または半年分(47.99ドル)を前払いすると割引になる。

月間アクティブユーザー数(MAU)は2021年Q1で約4,000万に到達。2020年のコロナ禍の間にスパイクが見られる。出典:S-1, Duolingo

Duolingoは創業当初は、広告、サブスクリプション、アプリ内課金を一切行わないと宣言して開始したが、VCマネーを受け入れた後は、そのすべてがプラットフォーム上に存在するようになった。Duolingoは、ゲームのフリートゥプレイ(基本料金無料)に酷似している仕組みを採用している。Duolingoは、すべての学習コンテンツを含む無料版を提供しており、ハート数無制限、広告なし、進捗管理などの有料機能を利用するには、サブスクリプションが必要となるという仕組みだ。

2019年12月31日および2020年12月31日現在、有料会員数はそれぞれ約90万人および約160万人で、前年比で84%の増加、2017年から2020年までの年平均成長率は195%。2021年Q1で180万人に到達した。出典:S-1, Duolingo

Duolingoアプリは5億回のダウンロードを記録し、Google PlayとApple App Storeの両方で最も売上の高い教育アプリとなっている。

Duolingoの特徴は、ポイント制のリワードシステムにより学習体験をゲーム化(ゲーミフィケーション)し、ユーザーの学習意欲を高め、習熟度に合わせて学習を進めていくというパーソナライズされた学習アプローチにある。レッスンは「一口サイズで、オンデマンドで、楽しいもの」を目指してデザインされている。

2010年代半ばには、ビデオゲーム全般が、アプリ内通貨やプログレスバー(長時間かかるタスクの進捗状況がどの程度完了したのかを視覚的・直感的に表示するもの)、創造的な中毒性を感じさせる体験、多様なスキル習得とその配分など、より魅力的なものになっていた。Duolingoの開発チームは、ゲームが提供するエンターテインメントと、言語に必要な忍耐強い学習との間に関連性を見出し、それを製品に導入することにした。

Duolingoアプリは、ゲームの動的難易度調整を応用している。ゲームのキャラクターがどんどん強くなっていくのと同じように、スキルがどんどん難しくなっていく仕組みを採用している。目論見書によると、「ゲーミフィケーションによる高いエンゲージメントが、一貫した学習と実証可能な効果をもたらす」としている。Duolingoは、言語学習の最大の問題である「十分な時間を費やすことに抵抗感を覚える」という問題を解決するために、A/Bテストを行い、中毒性の高いアプリを開発した。DuolingoのリサーチディレクターであるBurr Settlesは、TechCrunchのNatasha Mascarenhasに、ユーザーは簡単になるとアプリに多くの時間を費やすと語っている

また、主力の語学学習製品以外に、企業や大学に代わって英語能力テストを実施している。アメリカの学校では、入学希望の留学生に英語能力試験の受験を求めることが多いため、大学入試で最も多く利用されている。

49ドルで販売されているDuolingo English Testはより安価で、厳格で正確なテストをオンラインで提供し、TOEICやTOEFLの代替になると期待されている。2021年5月現在、世界中の3,000以上の高等教育機関が、留学生の入学試験の際に英語力の証明としてDuolingo English Testの結果を受け入れている。US News and World Reportによると、その中には、米国のトップ20の学部課程のうち17校(イェール大学、スタンフォード大学、マサチューセッツ工科大学、デューク大学、コロンビア大学など)が含まれている。2020年には、約34万4,000個のDuolingo English Testsが購入されたが、そのほとんどが留学希望者によるものだった。

Duolingoの製品開発の経緯。2016年にDuolingo English Testをローンチ。2017年にサブスクリプションのDuolingo Plusを開始。その後、ゲーミフィケーション機能を増やしていった。出典:S-1, Duolingo

さらに、同社は提供している言語全体に対して「Duolingo Proficiency Score」(Duolingo習熟度スコア)を開始する予定だ。このことで「広く受け入れられる言語習熟度の指標を作り、Duolingoを世界的な習熟度の基準にしたい」と考えている。

言語学習アプリDuolingoがどう機械学習を活用しているか
Duolingoは、AIベースの言語学習プラットフォームを提供している。Duolingoは、フランス語やタミル語からハワイ語やナバホ語などの絶滅危惧種の言語まで、32以上の言語コースを提供しており、3億人以上のユーザーに利用されている。

リスク因子

言語学習サービスは非常に混雑した市場である。「当社の推定では、言語学習のための無料のモバイル・アプリケーションは何千もあり、民間企業、大学、政府機関によって少なくとも50の言語で無料の製品が提供されている」と同社は書いている。

Duolingoは特にソーシャルメディア企業やApple、Googleが市場に参入してくることを懸念しているようだ。2020年にローンチされテキストの文章や音声を複数の言語間で翻訳できるApple(アップル)のiOS版「翻訳」アプリを「リスクファクター」の項目で競合として挙げている。

「ソーシャルメディアおよびモバイルプラットフォームの競合企業は、1つまたは複数の市場における強力な、または支配的な地位、および既存の大規模な潜在的ユーザーのプールとそれらのユーザーに関する個人情報への容易なアクセスを利用して、当社に対する競争上の優位性を獲得する可能性がある。(中略)これにより、競合他社は、当社のユーザー数の増加やエンゲージメントを犠牲にして、ユーザーを獲得し、エンゲージメントを高めることができるかもしれない」と同社は記述している。

📨ニュースレター登録とアカウント作成

平日朝 6 時発行のAxion Newsletterは、デジタル経済アナリストの吉田拓史(@taxiyoshida)が、最新のトレンドを調べて解説するニュースレター。同様の趣旨のポッドキャストもあります。登録は右上の「Subscribe」ボタンからFreeのプランを選ぶと届くようになります。あるいはこちらから。

クリエイターをサポート

運営者の吉田は2年間無休、現在も月8万円の報酬のみでAxionを運営しています。

  • 右上の「Subscribe」のボタンからMonthly 10ドルかYearly 100ドルご支援することができます。大口支援の場合はこちらから。
  • 300円の投げ銭 👉 https://buy.stripe.com/7sI4grbMg9kf2t25kl
  • 毎月700円〜の支援👇
デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Kinoco, Masatoshi Yokota,  Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h, kkawakami, nakamatchy, wslash, TS, ikebukurou 黒田太郎, bantou, shota0404, Sarah_investing, Sotaro Kimura, TAMAKI Yoshihito, kanikanaa, La2019, magnettyy, kttshnd, satoshihirose, Tale of orca.