ゲノミクス

ゲノムは、ゲノムの構造、機能、進化、マッピング、編集に焦点を当てた生物学の学際的な分野です。ゲノムとは、すべての遺伝子を含む生物の完全なDNAセットのことです。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

遺伝子治療は医療の奇跡にならなければならない

2018年、13歳のとき、イーサン・ラルストンの視力がぼんやりし始めた。診断は壊滅的なものでした。彼は、失明に至るまで視神経の細胞を蝕む稀な遺伝子疾患、レーバー遺伝性視神経症(LHON)を持って生まれてきた。 アメリカとヨーロッパでは、1年に800件しか発症しないことを考えると、若いラルストンは非常に不運だった。しかし、別の見方をすれば、彼は幸運だったといえるかもしれない。フランスのバイオテクノロジー企業であるGenSightは、何年も前からLHONの遺伝子治療に取り組んでいた。この病気は、ND4と呼ばれる遺伝子の変異によって引き起こされ、体内の細胞が欠陥のあるタンパク質を作るようになる。LUMEVOQと呼ばれるこの治療法は、網膜と視神経の細胞に通常のND4を追加することで問題を解決しようとするものだった。2018年までにLUMEVOQは臨床試験に入っていた。診断後まもなく、ラルストンはその治療を受けた。 現在、彼の視力はほぼ正常に戻っている。彼はコンピュータで仕事をし、車を運転し、友人とボーリングに行くことができる。まるで、治ったかのようだ。 このような話はよく聞くようになった

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

遺伝子編集技術CRISPRが誕生10年目 応用が多方面に広がる

誕生10年目のゲノム編集技術CRISPRをおさらい。CRISPRは現代生物学で最も有名な発明のひとつとなり、医学、進化、農業に革新をもたらし、ヒトのDNAを改変することについての深い倫理的問題を提起した。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

新生児への全ゲノムスクリーニングが実現

新生児へのフル・ゲノム・スクリ―ニングには恩恵がある。しかし、それはプライバシーの問題を提起する。自分の子供について可能な限り知りたいという親がいる一方で、絶対に知りたくないという親もいる。

吉田拓史
無料会員 公開

DNAシーケンシングの高速化で解析期間を数週間から8時間に短縮

スタンフォード大学医学部の科学者とその共同研究者が開発した新しい超高速ゲノム配列決定法を用いて、希少な遺伝性疾患を平均8時間で診断することに成功した。

吉田拓史
無料会員 公開

AIはオミクロン株のタンパク質構造をほぼ正確に予測した

ノースカロライナ大学の研究者であるコルビー・フォードは、DeepMindのAlphaFoldとワシントン大学のRoseTTAFoldを用いてシミュレーションを行い、現在のCOVID-19の症例を支配しているオミクロン株のタンパク質構造を予測した。

吉田拓史
無料会員 公開

気候変動がアメリカのマストドンを絶滅に追いやった

アメリカのマストドンは、気候変動の影響で80万年以上にわたって北米大陸の上下数千マイルを何度も移動してきたが、11,000年前に絶滅していた可能性がある。