TikTokは、多くの席が埋まっていなかったオクラ州タルサでのトランプ氏の集会に先立って、大量の偽登録運動の組織化に貢献した。空席のチケットは、TikTokで組織的行動を訴えたK-popファンの10代によって握られていたと言われる。TikTokの主要ユーザーである10代は、今日の十代の若者たちは、結局のところ、電話とともに育ち、電話を「絶対的に」使いこなしている。

いまやTikTokは、何百万人もの若いアメリカ人が公共の場でパフォーマンスを行い、自分たちのアイデンティティを探求する場として、イデオロギーの形成、政治活動、トロールのための著名な場となっている。また、地元で育った政治家を擁し、親会社が政治に関与することに消極的であるにもかかわらず、サービスは政治的広告を許可していないため、政治キャンペーン立案者からの関心を集めている。また、人々が集まり、すぐに行動に移すことができる空間でもある。

TikTokは、警察の残虐行為の映像だけでなく、世界中のBlack Lives Matterの抗議行動のシーンや解説を増幅させ、プラットフォーム上で作成され共有されたビデオは、頻繁にそれを超えて移動している。これらの動画は、TikTokの特徴的で幅広い視聴覚のヴァナキュラーを持っている:しばしば遊び心をそらし、慎重に編集され、アーチ型で音楽的です。ニューヨーク・タイムズ紙を含む多くの人が、TikTokの十代の若者たちが世界を救うだろうと示唆している。

コロンビア大学助教授のIoana Literatとヘブライ大学助教授のNeta Kligler-Vilenchikは、TikTokが人気になる前から、TikTokでの政治的表現を分析してきた。TikTokを使っていない人は、TikTokが突然政治の舞台に登場して、集団的な政治的アイデンティティのようなものを持っていると思うかもしれないが、Literatらの研究では違った絵が描かれている。

Literatたちが描くのは、それは、何百万人もの若者が、前任者との多くの類似点にもかかわらず、ユニークで奇妙な場所であるプラットフォームの能力と限界を発見している。多様性に富み、拡散性があり、ほぼ統一されていないコミュニティを描いている仮想空間だ。

TikTokに関する政治的コンセンサスの欠如は、若者の市民的態度についての多くの議論で描かれているものとは一線を画す現実であり、「ユートピアとディストピアの中間に位置する傾向がある」とLiteratはニューヨーク・タイムズの取材に対し語っている。「若者たちは、政治的な表現が容易になる民主主義の未来として歓迎されている(あるいはそれを表象化しているグレタ・トゥンバーグやパークランドの若者たちを考えてみてほしい)。しかしその一方で、人々は自分たちがいかに投票に来ないか、あるいは誤報の餌食になっているか、あるいは新聞を気にしなくなっているかを心配している。これらはすべて真実であり、どちらか一方だけの状況ではない」。

リベラルな若者も保守的な若者もスペース上で活動しているが、彼らの多くは自分の政治的見解を共有する仲間と話すことに終始しており、政治的な境界線を越えて交流することはほとんどない、とLiteratは指摘する。しかし、同じオンライン空間を共有しているという事実は、「少なくとも政治的見解を超えた会話の可能性を可能にしている」とKligler-Vilenchikは主張している。

TikTokでの政治的な表現は、アイデンティティに基づいたものになりがちだとリテラットは言う。「例えば、黒人、メキシコ人、LGBT、レッドネック(南部出身者への通称)、ヒルビリー(田舎者)など、多様な社会的アイデンティティを政治的見解と直接的に結びつけて表現することが多い」。しかし、非常に興味深いことに、TikTokにはある種のコンセンサスがあるとKligler-Vilenchikは言う。

デモの映像では、「Z世代が世界を変えている」、「私たちの世代はとてもパワフルだ」、「私たちの世代を心から愛している」といったコメントがたくさん見られるが、これは本当に興味深いことだ。若者は自分たちの代理性を主張するためにこれらの用語を再利用しているのかもしれないし、おそらくこれらのより大きな社会的な言説が若者の言説にも浸透しているのかもしれない。

参考文献

  1. Ioana Literat, Neta Kligler-Vilenchik. Youth collective political expression on social media: The role of affordances and memetic dimensions for voicing political views. Sage Journal. April 1, 2019.
  2. John Herrman. "TikTok Is Shaping Politics. But How?". June 28, 2020.

"Tiktok"by TheBetterDay is licensed under CC BY-ND 2.0