public

TSMCが67億4,000万ドルの追加予算 新型iPhone等の需要を見込む

TSMCの取締役会は、工場を拡張するための67億4,000万ドルの追加予算を承認しました。資本投下は、2020年第2四半期に実行される計画で、より多くのファブの構築と設置、容量の増加、研究開発に使用されます。

3 months ago

Latest Post ChromeのCookieサポート終了が広告技術に与える影響 by Takushi Yoshida public

Taiwan Semiconductor Manufacturing Company(TSMC)の取締役会は、工場を拡張するための67億4,000万ドルの追加予算を承認しました。資本投下は、2020年第2四半期に実行される計画で、より多くのファブの構築と設置、容量の増加、研究開発に使用されます。英テックメディアThe Registerが 報じました。

TSMCは昨年10月、世界最大のチップ製造会社は、2020年に設備投資を140億〜150億ドルのレンジに増やし、昨年の100億〜110億ドルのレンジを大幅に上回る、と発表しました。

EXPreviewによると、この増加は主に、同社の5nmプロセスチップの生産に25億ドル、7nmチップに15億ドルが費やされることを見込んだ結果です。EXPreviewの杨申圳は、Appleは、2020年後半に4台のiPhone 12 の携帯電話を発売し、5nmのより強力なA14 Bionicプロセッサに加え、Qualcomm Snapdragon X55通信ベースバンドも搭載する、と記述しています。2020年の前半には、A13プロセッサを搭載した低価格のiPhone SE2が発売されるため、TSMC 7nmウェーハファウンドリに対するAppleの需要は依然として高いと報じています。

TSMCは現在、AMDのRyzen 3000 CPUおよびRX5700やRX5700 XTなどのNavi GPU用のチップを製造しています。Appleは、iPhone 11に対し7nmプロセス製のチップを使用する、TSMCにとってもう1つの大きな顧客であり、TSMCに先月A13プロセッサの生産を増やして、予想を超える需要に対応できるように依頼しました。

5nm生産の需要も来年に増加すると予想されます。TSMCは、今後のiPhone 12で5nmプロセスを使用するAppleのA14チップを製造する唯一のファウンドリであると噂されています。Huaweiからも5nmのKirin 1000チップのデビューも期待されています。

昨年は、半導体メーカーにとって苦労の年でした。半導体業界の世界的な収益は、前年比12%減の4,120億ドルで、2001年のドットコム不況以来最大の減少となっています(米国半導体工業会 = SIA調べ)。Intel、Micron、SK Hynixなどの大手チップメーカーのいくつかは、2018年の第4四半期にチップ価格が下がった後、設備投資を縮小し、これが2019年の低迷に繋がりました。

2019年の半導体業界の世界的な収益は、前年比12%減の4,120億ドル. Source: Semiconductor Industry Association.

これは、半導体産業が周期的であり、ブームと崩壊が繰り返されるためです。アナリストは「控えめな年間成長」が今年予定されていると言います。Digitimesは先週、中国でのコロナウイルスの発生にもかかわらず、TSMCのサプライチェーンが「タイト」なままであると報告しました。EXPreviewはラインの交代時間をさくげんするほ削減するほどタイトだ、と報告しました。HuaweiのHiSiliconなど、主要なファブレスクライアントからの注文は削減されていません。

Photo: President Ma visits TSMC’s Taichung plant, code-named Fab 15, at Central Taiwan Science Park, Taichung City. (2015/11/25) by 總統府. (CC BY. 2.0)

Takushi Yoshida

Published 3 months ago