Web3はネットビジネスを再発明する? 革命ではなくニッチ化が妥当か
2022年2月8日(火)、英国ロンドンで開催されたイベント「NFT.SOHO」で、オークションで販売されるNFTであるアーティストVic Xtra(右)のデジタルアート作品「Disembark」を見る参加者の様子。NFTは、デジタルアート作品やコレクターズアイテムの所有権を証明するもので、複製ができないため、価値の保存に有効と説明されている。Photographer: Luke MacGregor/Bloomberg

Web3はネットビジネスを再発明する? 革命ではなくニッチ化が妥当か

Web3は非常に部分的にはインターネットビジネスを再発明するが、Web2を駆逐することはない。 むしろ、将来はWeb3が「特定のニッチ」を占めるにとどまるはずだ。

エコノミスト(英国)
“The

最近のほとんどの人がそうであるように、モキシー・マリンスパイクも非代替性トークン(NFT)を作った。このデジタル・チットは、中央認証機関を必要とせず、購入者がデジタル資産のユニークな部分を所有していることを証明する、巧妙な暗号技術を使用している。ビットコインのような暗号通貨と並んで、NFTは「Web3」の最も顕著な例である。Web3の提唱者とそのベンチャーキャピタル(VC)の支援者は、ブロックチェーンとして知られる分散台帳上に構築された、より優れた分散版インターネットと賞賛している。安全なメッセージングアプリ「Signal」を開発したマリンスパイクのような技術者、デジタルアーティスト、著名人、そして時には新聞社までもが、ブロックチェーンを発行してコレクターに販売し、しばしば高額な値が付けられている(英エコノミストの表紙画像は40万ドル以上の値が付けられているそうだ)。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン