public

エッジゲートウェイ IoT端末のニーズに応える小さなサーバー

エッジゲートウェイは、IoTネットワークのパフォーマンスを向上させるアーキテクチャコンポーネントであり、IoT ゲートウェイとも呼ばれます。これらのゲートウェイは、本質的に小さなサーバーであり、企業のデータセンターまたはクラウドと現場で使用されているIoTエンドポイントの間に位置します。

3 months ago

Latest Post 元Google広告部門トップが創業したサブスクリプション検索Neeva Axion Podcast #22 by Takushi Yoshida public

エッジゲートウェイは、IoTネットワークのパフォーマンスを向上させるアーキテクチャコンポーネントであり、IoT ゲートウェイとも呼ばれます。これらのゲートウェイは、本質的に小さなサーバーであり、企業のデータセンターまたはクラウドと現場で使用されているIoTエンドポイントの間に位置します。それぞれのゲートウェイは、異なるタスクに使用されます。ロボットが多い工場の現場からの機械生成データのリアルタイム分析を実行する必要があるゲートウェイは、より端末に近い必要がありますが、自動フルフィルメントセンターで位置データを単に追跡するデバイスは、高い頑強性を伴う必要があります。

まず、ゲートウェイは、クラウドから指示を受け取ることなく、シンプルなアプリケーションを駆動できます。たとえば、しきい値に達すると生産ラインを停止する生産ラインのレベルを監視する単純なルールは、クラウドの可用性に関係なく機能する必要があります。第二に、多くの場合、生のデータストリームは、正常に機能している場合、すべてクラウドに行く必要はなく、特にセルラーなどの従量制接続を介してクラウドに接続している場合、エッジで破棄できます。エッジゲートウェイは、クラウドで作成されたアプリケーションを、選択されたデバイスにシームレスに同期および展開できるようにする設計をされることがあります。

エンタープライズゲートウェイのハードウェアは通常、特定のタスク用にカスタム設計されたものではありません。最大のベンダーは、HPE、Dell、Ciscoなどの主要なシステム企業である傾向があります。これらのエッジデバイスの価格は、その機能、フォームファクター、耐久性のレベルによって異なりますが、スケールは、2,500ドル以上の極端な温度と振動に耐えることができる強力なサーバーにまで達します。

多くの場合、ゲートウェイは、工場フロアの生産ラインやスムーズに稼働している風力タービンファームなど、IoTネットワークの日々の運用において重要な役割を果たします。ただし、重要なセンサーがオフラインになったり、アクチュエーターへの接続が断続的に切断されたりしても、常に問題が発生します。多くの場合、これらの問題は状況が手に負えなくなる前に直ちに注意する必要があります。エッジゲートウェイは、問題のアラート、診断、場合によっては修正に役立つ重要な機能を提供することが期待されます。

参考文献

Microsoft Azure. Configure an IoT Edge device to act as a transparent gateway.  Dec 2019.

Karthik Ranjan. More on Mbed Edge and IoT gateways. Arm Mbed Pelion IoT blog, 2018.

Takushi Yoshida

Published 3 months ago