百度、中国全土に展開する次世代型ロボタクシーを公開

AIと自律走行車の技術に資金を投入している中国の検索エンジン大手百度は、水曜日に新しいEVロボットタクシーを発表し、中国全土に大規模に展開する計画だ。

百度、中国全土に展開する次世代型ロボタクシーを公開
出典:百度

AIと自律走行車の技術に資金を投入している中国の検索エンジン大手百度は、20日に新しいEVロボタクシーを発表し、中国全土に大規模に展開する計画だ。

発表によると、百度は来年、自律走行型配車サービス「Apollo Go」に、SUVとミニバンを掛け合わせ、取り外し可能なハンドルを装備した「Apollo RT6 EV」を追加する予定だ。このバッテリー式ロボタクシーは、百度の第6世代自律走行車であり、同社の自律走行プラットフォーム「Xinghe」をベースにした最初のモデルである。生産コストを1台あたり37,000ドルまで削減したという。

「この大幅なコストダウンにより、中国全土に何万台ものAVを配備することが可能になります。私たちは、ロボタクシーが現在のタクシーの半分のコストで利用できる未来に向かっています」と、百度の共同創業者兼CEOのRobin Liは、同社の主要な技術会議であるBaidu World 2022で述べている。

百度の第6世代自律走行車(AV)であるApollo RT6は、従来の車両に後付けされた前世代AVとは一線を画している、と百度は説明している。ハンドルがない分、スペースが広く、座席や自動販売機、デスクトップ、ゲーム機などを設置することができるという。

Apollo RT6 EVは2~4人乗り。複雑な街並みをナビゲートするために、12台のカメラと8台のLiDARを含む38個のセンサーを搭載したL4自律走行機能が搭載されている。

同社はまた、北京で第5世代のロボタクシーによる無人運転のための運賃徴収を開始したと20日に発表した。この動きにより、百度はロボタクシー事業を商業化することができ、2025年までに中国国外65都市、2030年までに100都市に拡大することを目指している。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)