「メタバース」に共通の定義が存在しない問題

「メタバース」というバズワードは余りにも焦点が定まらない言葉になってしまった。それでも、各社はそれぞれが異なる見方で技術開発を進めている。どの会社が最初にスイートスポットを発見するだろうか。

「メタバース」に共通の定義が存在しない問題
via Getty Images, licensed under the Unsplash+ License.

「メタバース」というバズワードは余りにも焦点が定まらない言葉になってしまった。それでも、各社はそれぞれが異なる見方で技術開発を進めている。どの会社が最初にスイートスポットを発見するだろうか。


ほとんどの人はメタバースを定義できない、 とAppleのCEOであるティム・クックは先月末、語っている。欧州を訪問していたクックは、オランダのニュースパブリッシャーBrightに対して「『何か』をきちんと理解することは、いつの時代も大切なことだと思うんです。それに、一般の人がメタバースを語れるかどうか、本当に自信がないんです」と話している。

クックはメタバースというバズワードに懐疑的な見方を示した最新のテック業界のリーダーとなった。SnapのCEOであるエヴァン・シュピーゲルは英ガーディアンに対し、この用語は「かなり曖昧で仮説的」であるため、同社は使用を避けており、仮に複数の人に定義を求めた場合、すべての人の定義が 「全く異なる」だろうと述べている。一方、Amazonのデバイス責任者であるデビッド・リンプは最近、「数百人にメタバースとは何かと尋ねたら、205通りの答えが返ってくるだろう」と述べ、この用語の「共通の定義」は存在しないと語っている。

しかし、クック、シュピーゲル、リンプは「メタバース」という言葉に公的に懐疑的だが、Apple、Snap、Amazonはすべて、程度の差こそあれ、メタバースの未来を動かすとメタが考えるテクノロジーと同様のものに投資していると伝えられている。

クックは拡張現実(AR)の大きな支持者である。前述のBrigthの記事では、「スマートフォンのない生活、インターネットのない生活を今振り返るように、ARのない生活をもうすぐ振り返ることになるだろう」とイタリアのナポリ・フェデリコ2世大学で公演で語っている。「そんなに長くはかからないだろう」

Appleは早ければ2023年にAR/VRを組み合わせたヘッドセットを発表する計画があるとされる。Snapは昨年最初のARメガネを限定ベータ版としてリリースし、すでに数百万人が同社のアプリを通じてARと関わっていると述べている。Amazonは数年にわたりいくつかのARアプリケーションをリリースしており、少なくとも1つのARデバイスを開発中であると考えられている。

Metaは2014年にOculusを買収した後、すでにいくつかの仮想現実(VR)ヘッドセットをリリースしている。2024年には初のARメガネをリリースする予定だが、当初は開発者向けにのみ提供されると伝えられている。

Metaが警戒すべき相手がTikTokの親会社バイトダンスだ。ソーシャルメディアでMetaの牙城を喰っているバイトダンスは、既存のテクノロジー組み合わせで作られたVRヘッドセットを、Metaの新ヘッドセット発表の一ヶ月前である9月に市場投入した。

バイトダンス、Metaの1ヵ月前に新型VRヘッドセットを発表へ
バイトダンスのVR子会社である小鳥看看科技(Pico)は、今週、新しいヘッドセットを発表する準備をしている。 同社は17日にリンクトインの投稿で、9月22日にオンラインイベントを開催することを明らかにした。 Picoは「新製品の発表」を約束し、VRヘッドセットのシルエットを投稿し、「私たちが持っているものをお見せするまで待ちきれません」と発表した。 10月に新型VRヘッドセットを発表する予定のMetaに先んじた格好だ。MetaはソーシャルメディアでバイトダンスのTikTokに手厳しくやられている中で、メタバースでも同社の圧力を受けている。バイトダンスが急速にメタバース領域で追い上げていること…

ARゲームの草分けとも言える「ポケモンGO」を開発したNianticの創業者ジョン・ハンケは、常にVRのような人々が仮想空間に埋没する方向への技術の進化に異を唱えてきた。10月初旬に公開されたフィナンシャル・タイムズ紙のクリスティーナ・クリドルとのインタビューでは、ARや空間コンピューティングも、インターネットやスマートフォンと同じように試行錯誤を繰り返して、人々の生活の根幹をなすものに変化しようとしている、と主張している。

ハンケは、ARメガネこそまだ登場していないもの、スマートウォッチやワイヤレスポッド、QRコードなどによって一種の拡張現実はすでに実現していると考えている。「ARはウェアラブルという形で、私たちに忍び寄るのです。そして、最終的には私たちの目にも届くようになるのではないでしょうか」

それでも、変曲点としてはメガネの登場になる、と彼は言う。「(広範な人々の利用に耐えるARメガネが登場するまで)3年か5年か、そのくらいのタイムフレームで考えています…」。

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)