マイクロソフトのクラウド、サーバー不足に苦しむ スクエニFFの障害要因にも

クラウドプロバイダー第2位のMicrosoft Azureは、様々な危機が重なり、慢性的なデータセンターのサーバー不足の状態で運用されている。パンデミックで喚起されたクラウド需要は高止まりし続けているのにもかかわらず、だ。

マイクロソフトのクラウド、サーバー不足に苦しむ  スクエニFFの障害要因にも
2017年11月29日(水)、米ワシントン州ベルビューで開催された同社の年次株主総会で講演するMicrosoft Corp.のサティア・ナデラ(Satya Nadella)最高経営責任者(CEO)。David Ryder/Bloomberg

世界的な供給不足の中、世界中のMicrosoft Azureデータセンターは、顧客に提供できるサーバーの容量が制限された状態で運用されている。

世界各国にある20以上のAzureデータセンターでは、顧客に提供できるサーバーの容量が制限された状態で運用されていると、この問題に取り組んでいるMicrosoftの現マネージャー2人と大手顧客で働くエンジニア1人が米メディアThe Informationに対し語っている。また、ワシントン州中央部にある主要なデータセンターをはじめ、ヨーロッパやアジアにある6つ以上のAzureデータセンターでは、来年初めまでサーバーの容量が制限される見込みであると、Microsoftのマネージャーの1人は述べているという。

容量の問題は、いくつかの要因に起因しているようだ。The Informationによると、主なものは、チップやその他の部品の世界的な不足で、新しいハードウェアの入手が難しくなっていることだと、Microsoftの現マネージャーは述べているという。この点ではMicrosoftだけではなく、AWSやGoogle Cloudも一部のデータセンターでサーバーのキャパシティ不足に悩まされていると、両社の顧客企業に勤める人物はThe Informationに対して語ったという。

しかし、Microsoftはパンデミックのずっと前からAzureの顧客に十分な容量を提供するのに苦労しており、また、アップグレード時期を迎えた老朽化したサーバー、ストレージ、ネットワーク機器を大量に抱えているため、チップ不足はより大きな打撃を与えているようだと、Microsoftの管理者の1人は述べている。

中でもゲーム会社のスクウェア・エニックスは、サーバー不足のためにデータセンターを立ち上げることができず、人気ゲーム「ファイナルファンタジーXIV」に多くの人がアクセスできない状況に陥った

ここ数カ月、Microsoftは、顧客が特定の地域で将来的にクラウドの容量を要求してくることを注視しており、場合によってはその要求を、重要なウェブサイトやビジネスアプリケーションを稼働させ続けるために必要な量に限定していると、Microsoftのマネージャーは同メディアに対し述べている。Microsoftはまた、顧客が事前に要求できるサーバーの容量に制限を設けているという。

Microsoftは最近、世界の一部の地域で、より多くのデータセンターを立ち上げ、1つのデータセンターがオフラインになっても他のデータセンターにトラフィックを転送できるようにすることに重点を置いている。その結果、個々のデータセンター内のサーバー容量を拡大することが犠牲になり、一部の顧客の問題を悪化させたと、Microsoft社のマネージャーの1人は述べている。

同メディアが取材したMicrosoftに近い人物とAzureを使用しているFortune 500企業の役員によると、Microsoftは容量の問題を回避するために、自社のクラウドコンピューティングのニーズを他のデータセンターに移動してAzureの顧客のために容量を確保するなど、多くの戦術を駆使しているとのことだ。Microsoftはサーバーの容量を割り当てる際、新規の顧客や地域よりも既存の顧客を優先すると、同社に近い人物は述べている。

Microsoftのマネージャーの1人によると、ワシントン州の主要データセンター「West US 2」やアジア、ヨーロッパの他のデータセンターでは、サーバー容量の不足が来年初めまで続く見込みとThe Informationは報じている。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)