クラウド

クラウドコンピューティングとは、コンピュータシステムのリソース、特にデータストレージ(クラウドストレージ)とコンピューティングパワーを、ユーザーが直接能動的に管理することなく、オンデマンドで利用できるようにすることである。この用語は一般的に、インターネットを介して多くのユーザーが利用できるデータセンターを表すために使用されます。

ブルームバーグ
無料会員 公開

北京の取り締まりでアリババのアマゾン超えの夢が頓挫

北京の取り締まりでアリババのアマゾン並みの利益獲得という目標が遠のいた。クラウドサービスの巨大企業を目指すアリババが、中国政府の方針の変化によってますます脅かされている。

編集部
無料会員 公開

Armは2025年までにデータセンター向けCPUの22%を占める - トレンドフォース予測

台湾の調査会社トレンドフォースは、クラウドサービスプロバイダーによるArm対応プロセッサの採用が進み、2025年までにデータセンターサーバにおけるArmアーキテクチャの普及率が22%に拡大すると予想している。

編集部
無料会員 公開

アリババクラウド、Arm CPUのインスタンス試用申請受付開始

アリババクラウド(Alibaba Cloud)は、昨年公開した国産Arm CPUを搭載したインスタンスの試用申請を顧客から受け付け開始した。Armチップをクラウドに投入するという欧米勢の試みを追走している。

吉田拓史
無料会員 公開

グーグルクラウドにオラクル型営業術を植え付けたクリアン体制

トーマス・クリアンは、オラクルの旧来の戦術を検索会社に持ち込み、競合他社のベテランの営業マンを高額報酬で引き抜いた。AWSとマイクロソフトの後塵を拝するものの、クラウドの市場シェアを着実に獲得した。

吉田拓史
無料会員 公開

成長を続けるエッジコンピューティング

米調査会社IDCが最近発表した報告書によると、今年、世界のエッジ・コンピューティングへの支出は2桁の成長が見込まれている。

吉田拓史
無料会員 公開

グーグルはクラウドで勝つための方法を模索している

【ブルームバーグ・ビジネスウィーク】競合他社に比べて大幅に遅れをとっているグーグルクラウドは、数年がかりでインフラの信頼性向上に取り組んでいる。

吉田拓史
無料会員 公開

アリババ、AIやシリコンフォトニクスの進化を予測

アリババは、1月中旬に今後数年間に経済や社会全体に影響を与えると思われる技術の動向をまとめたレポートを発表。科学研究におけるAIの利用、シリコンフォトニクスの採用、地上と衛星のデータネットワークの統合などが含まれている。

吉田拓史
無料会員 公開

テンセントがチップ内製化を加速する背景

半導体の内製化でバイドゥとアリババに遅れを取った印象のあるテンセント。しかし、ここにきて投資が加速し、自社ビジネスに適合する半導体の設計が進展している。

吉田拓史
無料会員 公開

NVIDIA、クラウドプロバイダー化の野望

NVIDIAはチップから、システム、ソフトウェアとバリューチェーンを上昇している。そしていまや、最上流のクラウドにまで手を付けようとしている。

吉田拓史
無料会員 公開

Snowflakeの日本展開 Axion Podcast #59

Snowflake Solutions Architect兼エバンジェリスト、本橋峰明(@mmotohas)さんにゲストに来てもらいました。これまでのデータ分析基盤の歴史、Snowflakeの特徴、導入事例などについて話してもらいました。

吉田拓史
無料会員 公開

マイクロソフトとHPE、火星ミッションに備えてAI、エッジ、クラウドを地球軌道に投入

マイクロソフトが検討しているアイデアの1つは、Spaceborne Computer-2(SBC-2)でデータを実行し、少量のデータを地球に送り返し、それをAzureへのデータのバーストと比較して、どちらがより高速に動作するかを見ることだ。

吉田拓史
無料会員 公開

「エッジコンピューティングの創設宣言」の論文抄訳 : The case for VM-based cloudlets in mobile computing

2009年、カーネギーメロン大学(CMU)教授のMahadev Satyanarayananらは「The case for VM-based cloudlets in mobile computing」と題する論文を発表した。今日では、この論文は一般的に「エッジコンピューティングの創設宣言」とみなされています。