クラウド

クラウドコンピューティングとは、コンピュータシステムのリソース、特にデータストレージ(クラウドストレージ)とコンピューティングパワーを、ユーザーが直接能動的に管理することなく、オンデマンドで利用できるようにすることである。この用語は一般的に、インターネットを介して多くのユーザーが利用できるデータセンターを表すために使用されます。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

米国の制裁下でファーウェイは成功できるのか?

ファーウェイはかつて、止められない存在に見えた。1987年に中国南部の深セン市のアパートで電話交換機を売り始めた中国のテクノロジー企業は、2012年にスウェーデンのエリクソンを抜いて世界最大の通信機器メーカーとなった。2020年にはエリクソンとノキア(フィンランド)の2大ライバルに匹敵する30%の市場シェアを獲得した。また、同年にはサムスンを抜いてスマートフォンの最大手メーカーとなった。また、急成長しているソフトウェアやクラウドコンピューティングの事業は、アメリカのIBMやオラクルと競合し始めている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

投資家はクラウド企業の業績の小さな揺れにすら過剰反応する―Tim Culpan

株式市場の低迷、ドル高、景気後退が迫る中、2つのハイテク企業が戦略的に重要な事業で堅調な数字を記録した。しかし、投資家はまるで『シンプソンズ』の登場人物のように、あらゆることに腹を立て、非常に不機嫌な反応を示した。投資家の不満は理解できるが、特に有益ではない。

吉田拓史
無料会員 公開

MicrosoftがトップAI研究企業Open AIに再出資を交渉中

MicrosoftがトップAI研究企業Open AIとさらなる資本注入について交渉していると報じられた。AIが非常に速い進歩を見せる中、Open AIは著しい存在感を放っており、AIをビジネスに取り入れたいMicrosoftにとって不可欠なディールに見える。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

3大クラウド大手の太い利幅を守る闘い

ニューヨークのナスダック証券取引所で最高経営責任者(CEO)が終業ベルを鳴らすのは、たいてい自分の会社が株式公開されたばかりだからだ。6月27日にアダム・セリプスキーが鳴らしたのは、取引所との提携を祝うためだった。彼は、ハイテク企業のクラウドコンピューティング部門であるアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のボスであり、この取引は、取引所が株式市場をAWSのクラウドに移行する一環として行われたものだ。ナスダックの顧客は、証券取引所のプラットフォームを通じて、機械学習(ML)などAWSの高度な分析ツールを利用できるようになる。 昨年11月に初めて発表されたこの取引は、グーグルの親会社であるアルファベットが、同社のクラウドサービスであるGCPと世界最大のデリバティブ取引所の1つであるcmeとの間で同様の提携を発表した数週間後に行われたものである。この提携の前日には、マイクロソフトのAzureが金融サービス向けクラウドの展開を発表している。顧客にはモルガン・スタンレーとHSBCという2つの銀行が含まれている。大手ではないハイテク企業も参入しており、IBMとオラクルも金融クラウドを提供し

編集部
無料会員 公開

クラウド大手がサイバー保険を改良する

サイバーセキュリティ保険(サイバー保険)の市場が発展し成熟するにつれ、保険会社は、クラウドプロバイダと直接連携して補償を提供し、料金を設定する、より良い方法を見つけた。

編集部
無料会員 公開

英国最大の水道会社、干ばつ対策でデータセンターの水利用状況を調査

英国の一部が干ばつに見舞われる中、同国最大の水道会社テムズ・ウォーターはロンドン周辺を管轄する地域のデータセンターが使用する水資源の量について調査を開始した。

編集部
無料会員 公開

マイクロソフト、クラウドのサーバーの耐用年数を2年伸ばし数十億ドルを節約

マイクロソフトは、同社のクラウドを動かしているサーバーの耐用年数を2年延長し、その結果、何十億ドルもの節約に成功したようだ。

吉田拓史
無料会員 公開

Q2決算でクラウド3強の高成長が継続中であることが示された

2022年第2四半期のクラウドプロバイダー3強の決算は、2021年から続く追い風が吹き止んでいないことを印象づけた。彼らはどこまで大きくなっていくのだろうか?

編集部
無料会員 公開

英国の熱波でGoogle CloudとOracleのサーバーが冷却不能に

英国では19日、摂氏40度に達する記録的な暑さに見舞われ、英国にあるGoogle CloudとOracleのサーバーは冷却関連の障害に直面した。両社とも、予期せぬシャットダウンは気温のせいだとしている。

編集部
無料会員 公開

マイクロソフトのクラウド、サーバー不足に苦しむ スクエニFFの障害要因にも

クラウドプロバイダー第2位のMicrosoft Azureは、様々な危機が重なり、慢性的なデータセンターのサーバー不足の状態で運用されている。パンデミックで喚起されたクラウド需要は高止まりし続けているのにもかかわらず、だ。

吉田拓史
無料会員 公開

データセンター業界の我が世の春は続く

2022年第1四半期の世界のデータセンター需要が史上最高水準に達した。アジア太平洋地域では、稼働率が2021年を大幅に上回り、北米では施設建設における材料費高騰や労働力不足のような「成長痛」が生じている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

北京の取り締まりでアリババのアマゾン超えの夢が頓挫

北京の取り締まりでアリババのアマゾン並みの利益獲得という目標が遠のいた。クラウドサービスの巨大企業を目指すアリババが、中国政府の方針の変化によってますます脅かされている。