ビジョン・ファンド投資家のアブダビ、100億ドルのテックファンドを設立
Photo by Darcey Beau on Unsplash

ビジョン・ファンド投資家のアブダビ、100億ドルのテックファンドを設立

アブダビ首長国を拠点とする人工知能企業G42は、石油資源の豊富な首長国の支配者一族の主要メンバーに支えられ、新興市場のテクノロジー投資に焦点を当てた100億ドルのファンドを立ち上げる予定だ。

編集部

アブダビ首長国を拠点とする人工知能企業G42は、石油資源の豊富な首長国の支配者一族の主要メンバーに支えられ、新興市場のテクノロジー投資に焦点を当てた100億ドルのファンドを立ち上げる予定だ。

ロイターによると、このファンドは、アブダビの政府系ファンドADQが昨年設立したアブダビ・グロース・ファンド(Abu Dhabi Growth Fund)と連携して設立される予定だ。 G42とADQはともに、アラブ首長国連邦(UAE)の国家安全保障顧問であるシェイク・タフヌーン・ビンザイードが監督する。

報道によると、新ファンド「G42 Expansion Fund」は、破壊的な技術を持つレイターステージのグロース企業を対象とする予定だ。G42 Expansion Fund は、通信、インテリジェントモビリティ、再生可能エネルギー、ヘルスケアなどの分野における高成長地域に向けられた資金を中心に、プライベートエクイティ投資家として運営される予定。

アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ政府100%出資の投資会社のムバダラは、G42の少数株を保有する。アブダビは世界でも数少ない1兆ドルを超える政府系ファンドを運用しており、石油収入をテクノロジー分野に投入し、経済の多様化を図る取り組みを強化している。

ブルームバーグによると、UAEのムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン大統領の弟であるシェイク・タフンは、アブダビの最近のテクノロジー投資の多くでリーダーシップを担っている。彼の投資先はRoyal GroupからADQまで多岐にわたり、両社は最近、ソフトバンク・グループのラジーブ・ミスラが設立した新しいファンドに資金を投入した。

アブダビはビジョン・ファンド1号の投資家。最近では、ソフトバンクグループ傘下の資産運用会社フォートレス・インベストメント・グループを買収する交渉を進めていると言われる。