マーケット

金融市場の変化をリアルタイムでカバー。株式市場の最新ニュースや株式を動かすイベントを、投資や取引の意思決定に役立つ詳細な分析とともにお届けします。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

中国の不動産不況は緩和されつつあるが、緩和は短期間に過ぎない

ブルームバーグ
無料会員 公開

アダニ・グループの空売りは投資家のインドへの信頼に疑問を投げかける―Andy Mukherjee

効率性は資本市場の一部でしかない。何よりも信頼が重要であり、それを破った者にはエンロンやバーニー・マドフのように模範的な処罰が必要だ。インド証券取引委員会(SEBI)は、市場を浄化するために世論の反発を待っているのだろうか?

ブルームバーグ
無料会員 公開

ミラノ・ブームには暗黒面がある―Rachel Sanderson.

成長、不公平、気候危機の緊張関係は、多くの先進都市で市長に課題を突きつけている。しかし、ミラノでは、それがさらに緊急性を帯びている。イタリアが衰退していく中で、イタリアの牽引役としてのミラノの役割はより重要なものとなっている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

世界経済は新たな牽引役を必要としている、それはインドだ

インドの経済変革が本格化しつつある。世界の製造業は中国以外に目を向けており、ナレンドラ・モディ首相はこのタイミングをとらえようと踏み切っている。政府は今年度、予算の20%近くを設備投資に充てる予定で、これは少なくとも過去10年間で最大だ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

サンフランシスコは住民が郊外に流出したがリッチなままである―Justin Fox

パンデミック期の大きな経済ストーリーは、大都市や物価の高い沿岸地域から雇用や人々が流出し、南部や山岳地帯が大きな利益を得るというものだった。サンフランシスコは、コロナが上陸して以来、住民と名声を失った、以前は活気のあった場所の最も鮮明な例であろう。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ジャック・マーがアントグループの経営権を手放したことは何を意味する?

アントグループにとって次の大きな問題は、中国で最も有名な起業家である億万長者のジャック・マーが経営権を譲り渡した今、株式公開のチャンスが再び訪れるかどうかということである。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

現代の若者の "矛盾した消費行動" の全容

ブルームバーグ
無料会員 公開

オンライン消費者の食料品支出削減でOcadoの株価が下落

オンライン食料品店Ocadoの株価は、大流行後の電子商取引支出の落ち込みと消費者の実店舗への回帰に苦戦し、下落した。

ブルームバーグ
無料会員 公開

日本のCEOは実力主義的な給与体系を検討し始めた

日本の企業経営者は、インフレの中で賃上げの圧力が高まる中、従業員に実力主義で賃金を支払う必要性を強く訴えるようになっている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ダボス会議からロシア人が一掃され湾岸諸国が存在感

ロシアの億万長者がダボス会議の常連で、モンクレールのパファーコートのようにありふれた存在だったのは、それほど昔の話ではない。しかし、今年はゼロだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国政府、アリババとテンセントの黄金株を取得へ

中国政府機関がアリババ・グループ・ホールディング・リミテッドとテンセント・ホールディング・リミテッドのいわゆる「黄金株」を取得しようとしている。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

減速するグローバリゼーションは新たな攻撃にさらされている

通商担当の大臣が大げさなことを言うのはあまり知られていない。しかし、韓国産業通商資源部の安徳根(アン・ドクグン)通商交渉本部長は警鐘を鳴らしている。世界はパンドラの箱を開ける寸前だと、先月、彼は警告した。もしEUが米国の保護主義的な産業政策を真似れば、「日本、韓国、中国、すべての国が、グローバルな貿易ルールを無視するという、非常に難しい競争に参加することになるでしょう」。何十年もかけて丹念に交渉された貿易と投資の国際システムは、根底から覆されることになるだろう。 かつて商務次官として米国の輸出規制を監督していたウィリアム・レインシュも、同じようにぶっきらぼうに言う。米国は常に他の経済大国に対して技術的な優位性を保ちたいと考えてきたと彼は言う。しかし、最近は新しい方法でその目標を追求している。『より速く走る』政策から、『より速く走り、相手を翻弄する』政策に移行したのです」。大国は、少なくとも彼らが戦略的と定義する広範な産業における経済の進歩を、ゼロサムの観点から見るようになりつつある。世界の繁栄への影響は計り知れない。 米国のジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)は