マーケット

金融市場の変化をリアルタイムでカバー。株式市場の最新ニュースや株式を動かすイベントを、投資や取引の意思決定に役立つ詳細な分析とともにお届けします。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

上海のロックダウンで露呈したグローバルサプライチェーンの歪み

数多の多国籍企業が、中国の国際貿易の20%を占める上海のロックダウンによってサプライチェーンに混乱が生じると警告し、その影響は世界中に波及している。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

日本株式会社、突如として円安のデメリットに気づく

「円安は何のメリットもない」と断言する企業関係者が続々と出てくる一方、日銀の黒田東彦総裁は、円安は特に燃料や原材料の輸入に依存する中小企業に困難をもたらすものの、日本経済にとっておおむねプラスであると論じている。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

苦難の1年を終えさらなる痛みに備えるソフトバンクG

ブルームバーグ
無料会員 公開

インベスト・イン・キシダ? 日本はまずイーロン・マスクを説得する必要がある:ギアロイド・レイディ

世界一の富豪が「いつか消滅する」と言う国に、日本の首相が投資家を呼び込むにはどうしたらいいのだろうか。そのためには、演説やそこそこのキャッチフレーズ以上のものが必要だろう。

ブルームバーグ
無料会員 公開

11兆ドルが消失…世界的な株安は終わらないか

大量の資金が流出し、11兆ドルが一掃され、2008年の金融危機以来、世界の株式は最悪の連敗を喫した。悪いニュースは、株安はまだ終わっていないかもしれないということだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国ロックダウン発のサプライチェーン・ショックが継続

中国のコロナウイルス感染症による経済的影響は、世界中の企業や消費者が感じ始めており、その余波は強くなる一方との見方が出ている。世界中のさまざまな製造業がコスト増と生産渉外に苦しんでいる。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

ドルの高騰で「逆通貨戦争」の懸念が浮上

ドルの急騰により、アナリストや投資家の中には、多くの中央銀行が長年にわたる為替レート安への嗜好を捨て、「逆通貨戦争」の新時代が訪れると予想する人もいる。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ソフトバンク・ビジョン・ファンド、孫氏の賭けが失敗し、過去最大の損失を計上

ソフトバンク・グループは、ハイテク株の世界的な売り越しにより、クーパンやディディ・グローバルなどの公開株式の価値が下落し、ビジョン・ファンド部門の年間損失が過去最高となった。

ブルームバーグ
無料会員 公開

東芝、ブラックストーンとKKRが共同入札を検討する中、支援銀行を追加

ブラックストーンが日本のコングロマリットに対する共同入札でKKRとの提携を模索する中、東芝が買収案件の評価を支援する銀行を追加選定したと、この件に詳しい関係者が明らかにした。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

岸田首相の英シティ売り込みへの国内の厳しい視線

「岸田に投資せよ」というスピーチの後、日本の現物株は1ヶ月で1兆円以上海外投資家に買い越されたようだ。それでも4月に市場が下落したというのは、国内投資家が岸田首相の厳しい聴衆であることを示している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

キャシー・ウッドの有名な市場破壊的リターンは消滅しつつある

キャシー・ウッドを世界で最も有名なアクティブファンド運用の提唱者の1人にした桁外れの利益は、彼女のお気に入りの銘柄が暴落するにつれ、急速に失われつつある。

吉田拓史
無料会員 公開

クレディ・スイスのソフトバンクG提訴は今年後半か

クレディ・スイスはグリーンシル・キャピタルの破綻に関連した損失について、今年後半と目されるソフトバンクグループを相手取った提訴のための準備を着々と進めている。