米メディア、今年のストリーミング番組制作に1,150億ドルを費やす計画
Photo by Cameron Venti on Unsplash

米メディア、今年のストリーミング番組制作に1,150億ドルを費やす計画

米国のメディアグループ上位8社は、今年、映画やテレビ番組の新作に少なくとも1,150億ドルを費やす計画を立てている。資金は、ほとんどの企業が赤字を出しているビデオストリーミングビジネスを成長させるために投じられる。

編集部

要点

米国のメディアグループ上位8社は、今年、映画やテレビ番組の新作に少なくとも1,150億ドルを費やす計画を立てている。資金は、ほとんどの企業が赤字を出しているビデオストリーミングビジネスを成長させるために投じられる。


2020年と2021年のパンデミックによる成長を経て、2022年には新規顧客の獲得が困難になると懸念される中での巨額の投資だ。競争環境はこれまでになく激化しており、競争に勝つための唯一の方法は、プレミアムコンテンツによりたくさんお金をかけることだ。

モルガン・スタンレーの試算によると、ウォルト・ディズニー、コムキャスト、ワーナー・メディア、アマゾンなど、ほとんどの企業は、ストリーミング部門で損失を計上する予定だ。スポーツの権利を含めると、総支出額は約1,400億ドルに上る。

ディズニーのストリーミングコンテンツへの投資は、2022年に35〜40%増加する見込み。ディズニーの新作映画およびテレビ番組への投資額は230億ドルに達する見込みだが、スポーツ権を含めると330億ドルとなり、2021年の総投資額からは32%、2020年からは65%増加する。

ディズニーが2022年に予定している番組には、トム・ハンクス主演の「ピノキオ」の再映画化、ユアン・マクレガー主演の「オビ=ワン・ケノービ」などがある。また、Netflix、ViacomCBS、Fox、Appleもコンテンツに数十億ドルを投じる予定だ。

NetflixやDisney+などでは、ここ数四半期、加入者数の伸びが鈍化している。Netflixの幹部は、この原因を、業界全体を悩ませているコロナウイルス関連の制作遅延による番組スケジュールの弱体化としている。

しかし、業界のリーダーであるNetflixでさえ、番組を制作し、競合他社と歩調を合わせるために多額の投資をしなければならないという事実は、一部の投資家に「動画配信は良いビジネスなのか」という疑問を抱かせました。

Netflixは来年、コンテンツに170億ドル以上を投じる予定だ。これは、2021年に比べて25%増、2020年の108億ドルからは57%増となる。同社は、2022年には収支が均衡し、フリーキャッシュフローがプラスになると見込んでいる。

しかし、伝統的なメディア企業にとっては、従来のテレビや映画からストリーミングへの移行は、「(利益)マージンを著しく低下させてきた」とモルガン・スタンレーは最近指摘している。同行のアナリストは、「市場は、この虹の終わりには金の壺がないのではないかという懸念を強めている」と語っている。

最大手のエンターテインメント企業やテクノロジー企業が、自社のストリーミングサービスに供給する番組の制作を急いでいるため、コストは全体的に上昇している。ロサンゼルスで撮影場所を探すのも難しくなっている。

ディズニーのチーフ・ファイナンシャル・オフィサーであるクリスティン・マッカーシーは、先月、投資家に向けて、「タレントや制作に関わるすべてのものをめぐる競争のために、コンテンツのコストは上昇しています」と語った

一口15万円の投資を受け付け中

1口15万円の投資を常時受け付けます|吉田拓史 株式会社アクシオンテクノロジーズ代表取締役|note
こんにちは、株式会社アクシオンテクノロジーズの代表取締役社長、吉田拓史です。弊社は11月15日をもちまして常時開催型の公募を開始しました。今後は投資家の方々はいつでも弊社に1口15万3,000円で投資できます。 これまで弊社は1口50万円で公募・私募を行ってきましたが、以前からサイズをより細かくしてほしいという要望を頂いていました。 常時開催型の公募のキモは月末〆です。15万3,000円の入札をいただき、それを都度都度、登記する事務コストはあまりにも膨大なため、その月に頂いた入札をすべて月末〆、翌月登記で処理させていただくことで、1口15万円の公募が可能となります。 公募に至るま