動画

動画(どうが、英語: video、movie)とは、動く画像(動画像、英語: videograph)のことで、映像と呼称されることも多い。アニメーション(animation)の日本語訳でもある。静止画と対極の語であり、狭い定義では「動く画像」[2]、広い定義では時間軸に同期させた音声・音楽と共に提供されるメディアパッケージを指す場合もある。選択した静止画を順次切り替える「スライドショー」「紙芝居」とは異なり、連続して変化する静止画像を高速に切り替え続けると人間の視覚の錯覚として静止画が動いているように見えるベータ運動(英語版)を利用した表現様式(メディア)である。

吉田拓史
無料会員 公開

YouTube Shortsは本家TikTokを殺すか?

YouTube ShortsがTikTokを猛追している。ホームタウンである欧米圏の他、TikTokが退場を余儀なくされたインドや新興国で破竹の勢いで、コピー製品が本家を上回るかもしれない。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

イーロン・マスク妹が立ち上げたロマンス小説映画化配信サービス

イーロンの妹であるトスカ・マスクは、ロマンス小説やエロティックなファンフィクションの映画化に特化したストリーミングサービス「Passionflix」を立ち上げた。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

まだ観てるの?ネットフリックスとストリーミングの未来

2018年から2021年にかけて、Netflixはテレビ番組と映画に550億ドルを注ぎ込み、大手ネットワークやハリウッドスタジオに対抗しようと躍起になっている。Netflixの推進は業界全体の“領地争奪戦”を引き起こし、どの企業も勝つために大きな支出をしなければならなくなった。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

CNNのストリーミングサービスが開始後数週間で終了した顛末

CNNはストリーミングサービスCNN+を立ち上げから約1ヶ月で閉鎖した。これは、新しいオーナーが購読ベースの独立したニュースプラットフォームの実現可能性を信じていないことの表れだ。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

Netflixの失速はストリーミング配信業界への警告かもしれない

同社は多くの課題を抱えているが、その問題は、競合他社との競争が苛烈なものになったことを意味しているようだ。AppleやAmazon、ディズニーといった資金力のある企業が高い評価を得ている番組への支出を増やし続けている。

吉田拓史
無料会員 公開

ネットフリックスが広告付き廉価版を検討する背景

ネットフリックスは19日、向こう数年以内に広告付きの廉価版を導入する方針を発表した。廉価版を導入した際には広告収益が望めるものの、上級プランの顧客がダウングレードするリスクもある。広告は打ち出の小槌ではない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

Netflix加入者減は米消費者のインフレへの苦闘を示唆

Netflix加入者の急減は米国消費者の価格に対する反発を示唆。ストリーミングサービスは、値上げ後、米国で60万人の顧客を失った。エコノミストはインフレが需要を阻害する兆候を探っている。

吉田拓史
無料会員 公開

ネットフリックスが広告の採用をためらう理由

Netflixは長らく広告付きサービスの導入について否定してきた。しかし、成長鈍化が態度の変化を迫っている。だが、広告がもたらすう不利益は広告が生み出す利益によって相殺可能ではないのかもしれない。

編集部
無料会員 公開

Netflix、従業員に対し支出や雇用を抑えるよう指示

Netflixの幹部は、加入者数の伸び悩みを受けて、最近、支出や雇用に留意するよう従業員に警告したとのことだ。今回の警告は、Netflixが加入者数の伸びの鈍化についてもっと考えるようになったことを示すものだ。

吉田拓史
無料会員 公開

TikTok、広告売上拡大のため動画尺を長くする

TikTokは広告収益を拡大するため、動画の尺を長くすることをテストし続けている。一方、米競合企業はショート動画製品を続々と投入している。TikTokは他の侵入を許さない堀を築けるか。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ネットフリックス共同創業者リード・ヘイスティングスの仕事の流儀

ネットフリックスはDVDを郵便で配送することから始まった。しかし、今やこのストリーミングのパイオニアは、ハリウッドを徹底的に破壊し、その頂点に君臨している。NYTのモーリーン・ダウドがリード・ヘイスティングスCEOをインタビューした。

吉田拓史
無料会員 公開

イカゲームでも1カ月で圏外 瞬発的に消費されるNetflixドラマ

Netflixコンテンツの消費はたった一カ月に凝縮されている。Netflixは来年330億ドルを費やす予定のディズニーのような競合他社と歩調を合わせるためにはさらに予算を増やし続ける必要がありそうだ。