Tagged

動画

動画(どうが、英語: video、movie)とは、動く画像(動画像、英語: videograph)のことで、映像と呼称されることも多い。アニメーション(animation)の日本語訳でもある。静止画と対極の語であり、狭い定義では「動く画像」[2]、広い定義では時間軸に同期させた音声・音楽と共に提供されるメディアパッケージを指す場合もある。選択した静止画を順次切り替える「スライドショー」「紙芝居」とは異なり、連続して変化する静止画像を高速に切り替え続けると人間の視覚の錯覚として静止画が動いているように見えるベータ運動(英語版)を利用した表現様式(メディア)である。

ソニーがクランチロールの買収交渉、買収価格15億ドル見込む
動画

ソニーがクランチロールの買収交渉、買収価格15億ドル見込む

ソニーはアニメ配信サービスCrunchyroll(クランチロール)を米通信大手AT&Tから買収しようとしており、AT&T側が15億ドルの売却価格を提案している。クランチィロールの売却の検討は、ワーナーメディアのエンターテイメント部門が再編されていたため、過去1年間は中断していた。

ディズニー、「スター」ブランドの新ストリーミングサービスを国際的に開始へ
動画

ディズニー、「スター」ブランドの新ストリーミングサービスを国際的に開始へ

ディズニーは2021年に海外で「スター」(Star)というブランド名で新しい総合エンターテイメント・ストリーミング・サービスを立ち上げる予定であることを4日(現地時間)発表した。ABC、FX、Freeform、Searchlight、20世紀スタジオのコンテンツが含まれることに言及した。

テンセント「ディープフェイクは実は役に立つかもしれない」
動画

テンセント「ディープフェイクは実は役に立つかもしれない」

AI計画に関する新しいホワイトペーパーの中で、テンセントは、同社は、ディープフェイク技術は 「単なる『フェイク』や『ごまかし』ではなく、高度に創造的で画期的な技術である」と強調している。規制当局に対しては、社会に潜在的な利益をもたらす可能性のある技術を取り締まることを避けるよう促している。

NetflixがTikTokを初めて主要な競合相手に名指し
動画

NetflixがTikTokを初めて主要な競合相手に名指し

大人気のショートビデオアプリTikTokはNetflixから初めて主要な競争相手として名指しされた。「TikTokの成長は驚異的であり、インターネットエンターテイメントの流動性を示しています」と、米国のビデオストリーミング大手は、第2四半期の決算報告に関連した株主への書簡 で述べている。

TikTokの落とし穴: 高まる政治リスク
モバイル

TikTokの落とし穴: 高まる政治リスク

Bytedanceの創始者である張一鳴(Zhang Yiming)は、政治的圧力を和らげるため、ショートビデオアプリTikTokをグローバル市場にローカライズするためにできる限りのことをしてきた。しかし、TikTokの影響力の高まりと中国と欧米、インドの緊張の高まりは、これまでにない厳しい政治リスクを生み出しており、Bytedanceの国際展開を窮地に陥れている。

コロナ禍を経てライブコマースは長期的なトレンドになった
中国

コロナ禍を経てライブコマースは長期的なトレンドになった

2019年、中国ではライブストリーミングによるEコマースが人気を博し、1回の販売セッションで商品の在庫を全て売り切ることもあるほど、売り手として成長したライブ配信者が誕生した。新型コロナの感染拡大の影響もあり、ライブ配信は中国の小売業に変革を迫っているが、消費者保護の仕組みが未整備のままだ。

「独身の日」に起きたライブコマースの躍進  コンテンツ主導型ECの流行
中国

「独身の日」に起きたライブコマースの躍進 コンテンツ主導型ECの流行

中国ではコンテンツ主導型EC(電子商取引)の躍進が著しい。それが如実に現れたのが、2019年のアリババの「独身の日」だった。タオバオライブは、200億元(28.5億ドル)の売上を記録し、グループ全体の販売額2684億元の約7.5%を占めた。その後、新型コロナ期間を経て、ライブコマースの勢いは増している。

"東南アジアのNetflix"のIflixはどんなスタートアップか?
動画

"東南アジアのNetflix"のIflixはどんなスタートアップか?

Iflix(アイフリックス)は、東南アジア市場に特化した無料・定額制のビデオオンデマンドサービスである。本社はマレーシアのクアラルンプールにあり、欧米、アジア地域、ローカルのテレビ番組や映画を配信する。 2020年4月現在、Iflixのサービスのアクティブユーザー数は2,500万人を超え、1ヶ月の視聴時間は25億分を超えている。

コロナの影響により東南アジアのモバイルビデオストリーミング視聴時間が急増
動画

コロナの影響により東南アジアのモバイルビデオストリーミング視聴時間が急増

モバイルでのオンライン動画ストリーミングの週間総消費時間は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポールで、2020年1月20日から4月11日までの間に合計で60%増加した。COVID-19のパンデミックの間に実施された混乱とその後のロックダウン措置により、モバイルでのオンライン動画ストリーミングの週間総消費時間は、2020年1月20日の364億分に対し、2020年4月11日には580億分に達した。

Shopee Live 東南アジアで急拡大するライブコマース
東南アジア

Shopee Live 東南アジアで急拡大するライブコマース

Shopee Liveは、東南アジア最大のeコマース企業Shopee(ショッピー)が提供する、販売者が商品をライブストリーミングで紹介することができる機能である。消費者がホームページ上でShopee Liveを見つけ、見たい販売者を選択することができる。また、Shopee Liveから即座に購入することもできる。

テンセントビデオ(腾讯视频)豊富な独自コンテンツの有料会員型動画配信
中国

テンセントビデオ(腾讯视频)豊富な独自コンテンツの有料会員型動画配信

テンセントビデオ(腾讯视频)は、2011年4月にテンセント社が提供を開始した、中国最大級の動画プラットフォームの一つ。2019年末までにDAUは2億人超、有料会員数は1億人超。海外作品主体のコンテンツ構成から、高額の製作費を投じたオリジナル作品の比率を増やし、東南アジア展開に積極的に投資。