動画

動画(どうが、英語: video、movie)とは、動く画像(動画像、英語: videograph)のことで、映像と呼称されることも多い。アニメーション(animation)の日本語訳でもある。静止画と対極の語であり、狭い定義では「動く画像」[2]、広い定義では時間軸に同期させた音声・音楽と共に提供されるメディアパッケージを指す場合もある。選択した静止画を順次切り替える「スライドショー」「紙芝居」とは異なり、連続して変化する静止画像を高速に切り替え続けると人間の視覚の錯覚として静止画が動いているように見えるベータ運動(英語版)を利用した表現様式(メディア)である。

ネットフリックスがスポーツ中継に挑戦[英エコノミスト]

動画

ネットフリックスがスポーツ中継に挑戦[英エコノミスト]

韓国のホラーからパレスチナのロマンスまで、ネットフリックスはあらゆるジャンルをほぼ網羅している。世界最大のストリーミング・プラットフォームであるネットフリックスは、そのサーバーにある何万時間ものビデオの中で、テレビに最も多くの視聴者を集めるカテゴリーであるスポーツ中継を長い間無視してきた。 それが11月14日午後3時、ラスベガスで開催された「ネットフリックス・カップ」で一変した。有名人によるゴルフトーナメントで、同社の2億5,000万人の加入者にライブ配信された。プロゴルファーとF1レーシングドライバーで構成されたチームが登場するこの型破りなショーは、1回限りのものとされていた。この番組は、より大きなもののためのウォーミングアップになるかもしれない。 ネットフリックスによれば、このカップの目的は、ゴルフとレースに関するドキュメントシリーズで成功を収めた『フルスイング』と『ドライヴ・トゥ・サヴァイヴ』を宣伝するためだという。最近、ネットフリックスはスポーツのニッチな分野に積極的に取り組んでおり、『ブレイク・ポイント』(プロテニスプレイヤーを追う)や『アンチェインド』(ツ

By エコノミスト(英国)
アマゾンはハリウッド最悪の作品群を持つが、最高のビジネスモデルを持っている[英エコノミスト]

動画

アマゾンはハリウッド最悪の作品群を持つが、最高のビジネスモデルを持っている[英エコノミスト]

元ミス・ワールドの女性とスパイの一団を乗せた高速列車がイタリア・アルプスを駆け抜け、銃弾が飛び交う中、視聴者の頭にあるのはきっと買い物ではないだろう。しかし、視聴者が一時停止を押すと、ヒロインの金のネックレスや赤いドレス、あるいは彼女が悪党どもを追い回すために履いている、よろよろと揺れるハイヒールなど、番組のアイテムを購入できるオプションが表示される。爆発する香水だけはまだ売られていない。 アマゾン・プライムビデオのスリラー映画『シタデル』は、世界最大のオンライン小売業者が世界最大のエンターテインメント・プロデューサーのひとりになったときに何が起こるかを描いている。アマゾンのeコマースサイトでこの番組の商品を買うだけでなく、視聴者はアマゾン・ミュージックでサウンドトラックを聴いたり、アマゾンの姉妹サイトIMDbで制作秘話を読んだりすることができる。多国籍のキャストとプロット、そしてさまざまな言語でのスピンオフの計画は、世界中の買い物客にアピールするために慎重に選ばれている。 ハリウッドの古株たちは、アマゾンのビデオへの取り組みを鼻にかけているが、それも無理はない。3億ドルの予算が計

By エコノミスト(英国)
AlphabetがYouTubeをスピンオフするときが来た

デジタルメディア

AlphabetがYouTubeをスピンオフするときが来た

ディズニーのボブ・アイガーの復帰や、Netflixのリード・ヘイスティングスの退任が注目される中、2月16日、9年間CEOを務めたスーザン・ウォジスキがYouTubeを退任するというニュースは、メディア各紙でほとんど騒がれることはなかった。 これは、2つのことを表している。1つは、ウォール街のアナリストやエンターテインメント業界の記者たちが、YouTubeのビジネスにほとんど関心を示さないこと。2つ目は、親会社であるAlphabetの影に隠れていることだ。MicrosoftのChatGPTに触発されたGoogle検索への侵攻から、信用調査機関や最高裁まで、巨大ハイテク企業の悩めるボス、スンダー・ピチャイは多くの前線で戦争と戦っており、YouTubeで起こっていることは余興にしか見えないのだろう。 それはウォジスキに対して失礼だ。彼女の副官、ニール・モーハンに引き継ぐという彼女の決断は、YouTubeの成功が頂点に達す前に行われた。広告の減速とTikTokとの競争、中毒性のある短編動画アプリの組み合わせは、広告収入が2四半期連続で前年同期比減少することにつながった。しかし、彼女が率い

By エコノミスト(英国)