米銀186社がSVBと同様の脆弱性抱える―調査結果

新研究は、米国の銀行186社がシリコンバレー銀行(SVB)と同様に脆弱であると示唆し、波紋を広げている。SVBよりも大きな未実現損失がある銀行は全体の10%に及ぶようだ。

米銀186社がSVBと同様の脆弱性抱える―調査結果
2023年3月13日(月)、米国カリフォルニア州サンタクララのシリコンバレーバンク本社の前に並ぶ顧客たち。

新研究は、米国の銀行186社がシリコンバレー銀行(SVB)と同様に脆弱であると示唆し、波紋を広げている。SVBよりも大きな未実現損失がある銀行は全体の10%に及ぶようだ。


南カリフォルニア大学(USC)マーシャル・スクール・オブ・ビジネス の金融・ビジネス・エコノミクス助教授であるErica Xuewei Jiangらのチームは、米国連邦預金保険公社(FDIC)の保険対象外の預金者の半分が引き出しを決定した場合、約 190 の銀行が、3,000 億ドルの預金を持つ預金者に損害を与える潜在的なリスクにさらされる、と主張している。つまり、SVBと同様に取り付け騒ぎに弱いということだ。

FDICが保護する預金上限額は1口座当たり25万ドルで、この保険でカバーされない部分は銀行が破綻した場合、失われる。SVBの場合は米政府が無保険の預金の保護を決定したことで救われたが、これはイレギュラーな預金保険である。Jiangらは、各銀行が資金不足に陥るという推測シナリオを立て、その場合、FDICが資金を使い果たすと結論づけた。

Jiangらは、米国の銀行システムの資産の時価は、SVB破綻を受けて実行した調査において、最近の金利上昇により、満期まで保有するローンを考慮した資産の帳簿価格よりも2兆ドル低いことを突き止めたと主張。銀行資産の時価評価額が平均で帳簿価格より10%減少、下位5パーセンタイルでは20%減少しているという。

研究によると、SVBよりも大きな未実現損失がある銀行は全体の10%に及ぶ。また、SVBは資本金が最も低い銀行でもなく、SVBより資本金が少ない銀行も10%あった。

FDICの預金保険の預金者は商業銀行の負債の約9兆ドルを占めており、これらの金融機関にとって重大なリスクとなっている。

「我々の計算では、これらの銀行は、他の政府の介入や資本増強がない限り、確実に資金流出の潜在的なリスクにさらされている」とエコノミストたちは書いている。「預金の引き出しが少額でも取り付け騒ぎを引き起こせば、実質的に多くの銀行がリスクにさらされる」

「全体として、これらの計算は、最近の銀行の資産価値の下落が、(預金保険が適用されない範囲の預金額を持つ大口の)預金者に対して米国の銀行システムの脆弱性を非常に著しく増大させたことを示唆している」と、このJiang助教授らは結論付けている。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)