Tagged

金融

特に政府や大企業による巨額の資金の管理

ソフトバンクビジョンファンドから幹部が続々離職
金融

ソフトバンクビジョンファンドから幹部が続々離職

要点ビジョンファンドから幹部が続々と去っている。1号ファンドは九死に一生を得たものの、成績は褒められたものではない。雨後の筍のように競合が台頭する中、WeWork以来低迷を続ける「評判」がソフトバンクの足を引っ張っている。 The InformationのBerber Jinの調査によると、ビジョンファンドのパートナーの退社が相次いでおり、中には孫正義の戦略に不満を持って退社した人もいる。その中には、ラムジ・ラムゼイ、アーヴィン・トゥ、そして今週初めに退社を発表したビジョン・ファンド初の女性投資パートナー、キルティガ・レディが含まれる。ファンドの顧問弁護士を約5年間務めたブライアン・ウィーラーも退社することを決定したと、この動きを直接知る3人が語っている。 またビジョン・ファンドの唯一のシニア・マネージング・パートナーであるディープ・ニシャールも、10月初めに退社すると発表した。この発表は、リンクトインの元幹部であるニシャールは、第2のビジョン・ファンドの報酬パッケージに私的に失望を表明した後にされたとJinは書いている。他のトップベンチャーキャピタルに比べてパートナーへの「キャリー」と呼ばれる投資利益分配の割合が少ないと考えられる。 2019年半ばの時点でビジョン・ファンドのウェブサイトに掲載されていた23人の投資パートナーのうち、13人がその後退社したか、最近退社することを発表した。離脱したパートナーのうち、交代したのはほんの一握りだ。 Jinの取材によると、ビジョンファンドは孫の独壇場で、さらにその関与が深くなっているという。春頃、孫は、ソフトバンクの2つのビジョンファンドが注目のテクノロジー企業への投資を逃してしまったことに不満を抱き、パートナーたちに、