Tagged

Finance

The management of large amounts of money, especially by governments or large companies

SPACブームの罠  Axion Podcast #50
Finance

SPACブームの罠 Axion Podcast #50

Axion Podcastは、テクノロジー業界の最新トレンドを、元DIGIDAY編集者で起業家の吉田と280万会員の写真を扱うベンチャーの事業統括者の平田でディスカッションする対話形式のラジオです。Apple Podcast 、Spotify、Google Podcast、Anchorでも聴取可能です。ご登録お待ちしております。 Show Noteアングル:相次ぐIPO時の過小評価、個人投資家殺到で価格急騰The Economist. Will the IPO bonanza last?.The Wall Street Journal. 米ハイテクIPOへの熱狂、投資家に困惑も.吉田拓史. Axion. IPOの衰退と直接上場の台頭.吉田拓史. SPACは時限爆弾SPACの基本構造SPACの冷静な見方▼Special Thanks to SupportersShogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Mayumi Nakamura, Kinoco, Masatoshi Yokota, Yohei Onishi, Tomochika Hara. ご支援ありがとうございます! ▼Axion

MITが挑戦するディープテックのためのVCモデル
Finance

MITが挑戦するディープテックのためのVCモデル

MITによって設立されたThe Engineは、長期でのブレークスルーを目指す企業に対して、アーリーステージ投資をしている。これらの企業は、従来のベンチャーキャピタルのライフサイクルと合致せず、十分なサービスを受けられなかった。このため、多くの画期的なアイデアが研究室に留まっていた。

元ウォール街トレーダーのJoeさん @TakayamaJoe にマーケットについて聞いてみた Axion Podcast #46
Podcast

元ウォール街トレーダーのJoeさん @TakayamaJoe にマーケットについて聞いてみた Axion Podcast #46

今回は米系証券会社でトレーダーをしていたJoeさん @TakayamaJoe をゲストに迎え、マーケットの状況についてききました。Joeさんの経歴は、米系証券会社でヘッジファンドトレーダーとしてキャリアをスタート 。株・債券・為替・不動産を対象に投資運用。米投資銀行にて企業買収(M&A)業務も経験。南カリフォルニア大学(USC)ビジネス学部卒業。

大富豪の私募投資会社「ファミリーオフィス」の黄金期
Finance

大富豪の私募投資会社「ファミリーオフィス」の黄金期

億万長者の安定した生活に欠かせない存在となったファミリー・オフィス(FO)は急成長を遂げている。彼らの役割には、家族の富の管理、資産の管理、その他のサービスが含まれており、日常的なもの(請求書の支払い)から厄介なもの(後継者計画)まで、多くの場合、その役割は多岐にわたる。

2000年代後半のクリーンテックVCブームが崩壊した理由
Finance

2000年代後半のクリーンテックVCブームが崩壊した理由

ベンチャーキャピタル(VC)企業は、2006年から2011年までにクリーンエネルギー技術(クリーンテック)の新興企業に250億ドル以上の資金を提供したが、その半分以上を失った。クリーンテックは、新素材、化学物質、プロセスを開発しても製造規模には至らない企業に引きずられ、VCに提供されたリスクとリターンのプロファイルは悲惨なものであった。

Airbnb、コロナ禍を凌ぐため12億ドルの現金燃焼
Finance

Airbnb、コロナ禍を凌ぐため12億ドルの現金燃焼

Airbnbはコロナ禍の影響を最も受けた新興企業だが、米調査報道ニュースサイト「ジ・インフォメーション」によると、同社はパンデミックを凌ぐため、2019年半ばから2020年半ばまでの間に12億ドル以上の現金を燃やしたことがわかった。これは今年初めの世界旅行の急落が、雇用やマーケティングへの支出の大幅な増加によってすでに弱体化したバランスシートを浸食したためである。

パブリック・エクイティからプライベート・エクイティへの転換の背景とは
Finance

パブリック・エクイティからプライベート・エクイティへの転換の背景とは

パブリック・エクイティからプライベート・エクイティへのシフトの背景には、主要な投資家の年金基金と大学のエンダウメントが、より高いリターンを得るためにリスクを追求するようになったことがある。未上場企業はソフトウェアのような無形資産への投資に比重を置き、資本集約的ではないため、上場を迫られていない。

SpotifyとSlackが直接上場の妥当性を確実にした
Finance

SpotifyとSlackが直接上場の妥当性を確実にした

2018年4月、Spotifyはニューヨーク証券取引所に株式を上場して直接上場を完了した。2019年6月には、Slackはニューヨーク証券取引所で株式の取引を開始し、直接上場を完了した。これらの上場を受けて、特にベンチャーキャピタルや創業者、それぞれの企業の間で、従来のIPOに代わるものとして、直接上場の仕組みへの関心が高まっている。