金融

特に政府や大企業による巨額の資金の管理

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ゴールドマン・サックスが捕食者の頂点からウォール街の落ちこぼれになってしまった理由

13年前、ローリング・ストーンズ誌がゴールドマン・サックスを「人類の顔に巻きつく偉大な吸血鬼イカ、金の匂いのするものには容赦なく血道を上げる」と評したとき、その描写が鮮明だっただけでなく、少しばかり真実味があったため、その言葉には説得力があった。ゴールドマンは、ウォール街の誰よりも多くのお金を稼いだ。2007年から2009年にかけての世界金融危機の後、生き残ったほとんどの大手金融機関は、救済措置の返済と許しを請い、傷を癒すことになった。2009年、ゴールドマンは134億ドルの利益を上げ、当時としては過去最高、そしてこの記録は10年以上続いている。 ローリング・ストーン誌はゴールドマンを「至るところに浸透した会社」と非難したが、それもまた真実から遠いものではなかった。ゴールドマンの優秀な人材は、ゴールドマンのトレーディング・フロアやウッドパネル張りの会議室で巨大な取引について学んだ後、強力なヘッジファンドや巨大なプライベート・エクイティ・ファームを設立した。ゴールドマン本社と米国財務省の間の回転ドアは、ホワイトハウスがどの政党のものであろうと、自由に回転しているように見えた。連邦準備制

ブルームバーグ
無料会員 公開

アダニ・グループの空売りは投資家のインドへの信頼に疑問を投げかける―Andy Mukherjee

効率性は資本市場の一部でしかない。何よりも信頼が重要であり、それを破った者にはエンロンやバーニー・マドフのように模範的な処罰が必要だ。インド証券取引委員会(SEBI)は、市場を浄化するために世論の反発を待っているのだろうか?

ブルームバーグ
無料会員 公開

ミラノ・ブームには暗黒面がある―Rachel Sanderson.

成長、不公平、気候危機の緊張関係は、多くの先進都市で市長に課題を突きつけている。しかし、ミラノでは、それがさらに緊急性を帯びている。イタリアが衰退していく中で、イタリアの牽引役としてのミラノの役割はより重要なものとなっている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

世界的なEVの普及で自動車メーカーのグリーンボンド販売が倍増する可能性

ブルームバーグ・インテリジェンスによると、電気自動車への移行を目指す自動車メーカーは今年、世界で約280億ドルのグリーンボンドを借り入れる可能性があり、昨年の調達額の2倍に上る。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ジャック・マーがアントグループの経営権を手放したことは何を意味する?

アントグループにとって次の大きな問題は、中国で最も有名な起業家である億万長者のジャック・マーが経営権を譲り渡した今、株式公開のチャンスが再び訪れるかどうかということである。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ベンチャーキャピタルが調達した3,000億ドルを投資しない理由

次のパズルを考えてみよう。2021年、ベンチャーキャピタル(VC)は1,500億ドルの新規資金を調達し、これは記録的な額であった。市場の減速にもかかわらず、彼らは2022年に再び記録を更新し、1,600億ドル以上を調達した。このうち一部はすでに使われたものの、3,000億ドル近い「ドライパウダー(まだ投資に回していない待機資金)」が使われるのを待っている。実際、2022年を通して支出は減少している。駆け出しの企業は割安に見える。では、なぜは資金を眠らせているのだろうか。

吉田拓史
無料会員 公開

東南アジアがドル依存脱却を模索:割って入ろうとする人民元

為替・政治リスクやコストを考慮し、東南アジア諸国はクロスボーダー決済におけるドル依存の脱却を模索している。低コストの現地通貨決済の採用が広がるにつれて、地域最大の貿易相手国である中国の人民元の存在感が増す可能性がある。

ブルームバーグ
無料会員 公開

米有名VCのDSTグローバルはプーチンから注意深く距離を置く

DSTグローバルのユーリ・ミルナーはロシア生まれの投資家。彼は、ロシアの大富豪で、プーチン大統領に近いウズベキスタン出身の金属王アリッシャー・ウスマノフの援助を受けてベンチャーキャピタルのキャリアをスタートさせた。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国の脱ドルの野望がまた一歩進む

中国が陸上通貨市場への関心を広げるために行った最新の取り組みは、北京が米ドルの覇権を削るアプローチに取り組む中で、人民元の世界的な魅力を強化することへの確固たるコミットメントを示している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

東南アジアはドルに対する忍耐力を失いつつある

世界の基軸通貨が武器化され、例えばウクライナで戦争をしたロシアのような悪者とみなされた国への制裁を通じて、典型的な外交的東南アジア人でさえ、米国に警告を発するようになったのである。

ブルームバーグ
無料会員 公開

フィンテック減速への投資家の対処法

レイトステージの資金調達が激減し、ユニコーンが2020年以来の低水準に落ち込む一方で、アーリーステージの投資は増加傾向にある。投資家の中には、この1年はフィンテックの成熟期として極めて重要な時期であったと考える人もいる。

ブルームバーグ
無料会員 公開

黒田総裁の急激な手綱さばきの変化がもたらしたもの―Daniel Moss

日銀は世界に恩恵を与えたかもしれない。日銀が超金融緩和政策を抑制する衝撃的な動きは、我々に驚きを垣間見せた。2023年には、今回のような衝撃的な出来事ほどではないにしても、スリルと波乱が起こるだろう。