金融

特に政府や大企業による巨額の資金の管理

ブルームバーグ
無料会員 公開

SEC、プライベートエクイティの評価損の精査を強化

バイアウト企業は景気低迷で賭け金の価値から数十億ドルを消し去ることを余儀なくされており、金融規制当局は現在、こうした取引が不調に陥った際に運用会社が投資家への手数料を減らしていないかどうかを精査している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国の市場取り締まりは終わった? 復星がバロメーターだ

世界の投資家は最近、北京が1兆ドル以上の損失を出した1年にわたる規制の取り締まりを緩和することにしたのかどうか、疑問に思っているようだ。結局のところ、中国は新興市場ベンチマーク指数の約3分の1を占めている。無視するには大きすぎるのだ。

吉田拓史
無料会員 公開

SPACキングが全面降伏 流行に終止符

「特別目的買収会社(SPAC)キング」と呼ばれたチャマス・パリハピティヤは、自身のSPACのうち2つを閉鎖し、投資家に資金を返還する予定であることが明らかになった。王様が手を引くというのだから、この怪しげな上場手法は潮時ということだろう。

ブルームバーグ
無料会員 公開

世界的な投資家が中国へのエクスポージャーを削減、高まるリスク

世界的なプライベートエクイティ(PE)やベンチャーキャピタルファンド(VC)は、中国が急速に変化していることから顧客がリスクを再評価し、中国から撤退しつつあると述べている。中国からの撤退は、この地域のもう一つの巨人インドにスポットライトを当てることにつながったと述べている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ソフトバンクや復星のようなプライベートエクイティ大手が抱えるキャッシュフロー問題

プライベート・エクイティ企業はビジネス界の達人であり、最もホットなトレンドを見抜き、不況時に投資先企業に生き残りのヒントを与える存在だと思われている。しかし、彼らは自らのキャッシュフローを管理する方法を知っているのだろうか?

ブルームバーグ
無料会員 公開

IPO失速後、バイトダンスが30億ドルの自社株買い

バイトダンスは、約3000億ドルのバリュエーションでの最大30億ドルの自社株買いを投資家に対して提案しており、新規株式公開(IPO)の計画が失速した後、既存の支援者に現金化する方法を提供している。

吉田拓史
無料会員 公開

中国の不動産ローンボイコットが再組織:経済危機の引き金引くか?

中国での住宅ローンボイコット運動は、当局が支援策で危機を食い止めようとしているにもかかわらず、勢いを増している。キャッシュフローを失った不動産プロジェクトが塩漬けになれば、経済システムを揺るがす可能性がある。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

中国の不動産市場の崩壊は政府の信頼を失墜させている

洛陽と鄭州を結ぶ120kmの列車の旅は、経済の停滞と壊れた夢のショーケースである。車窓から見えるのは、1時間ほどの道のりの間、延々と続く半地下の住宅タワーだ。完成間近の建物もあれば、完成して住宅になった建物もある。しかし、それ以上のものは、ずっと前に建設が中止された骨格である。開発業者が資金繰りに行き詰まり、従業員に給料を払えなくなったのだ。プロジェクトは行き詰まった。このままでは、家族は家を手に入れることができない。 中国の中心部を走る列車は、中国が最近経験した最大の危機の1つである、政府の経済モデルに対する国民の信頼の喪失を説明するのに役立つ。何十年もの間、不動産業界は中国の台頭を象徴する存在だった。個人事業主は莫大な富を築き、一般庶民はその純資産を目の当たりにしてきた。一般庶民は、住宅価格が3倍になるのを目の当たりにして、純資産が急増してきた。地方政府は、広大な土地を開発業者に売却することで財源を確保してきた。現在、中国の家計の70%が不動産に投資されているという。

吉田拓史
無料会員 公開

ベンチャーキャピタルが不動産投資家に変身?

ベンチャーキャピタル(VC)が第三者割当増資と引き換えに不動産の持分を受け取るという異例の取引が注目を集めている。コンピュータ産業のために生まれたVCが新たな変身を遂げようとしているのだろうか。

吉田拓史
無料会員 公開

三方ヶ原の次は伊賀越え:ソフトバンクへのクレディ・スイスによる法的措置の波紋

ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長は、2四半期に渡る5兆円の損失について「三方ヶ原の戦い」に言及したが、クレディ・スイスとのグリーンシル破綻を巡る法廷闘争は「伊賀越え」になり得る。窮地を救う服部半蔵はいるか。

吉田拓史
無料会員 公開

クレディ・スイスがソフトバンクに怒り法廷闘争に臨む理由

英金融新興企業グリーンシルの破綻は、ソフトバンク・グループ(SBG)とスイス金融大手クレディ・スイスの法廷闘争につながりそうだ。ここでは両者の対立状況を詳しく説明し、保険提供者だった東京海上日動にも災難が及ぶのか検討する。

編集部
無料会員 公開

アリババなどの米上場中国企業、米当局の会計監査が迫る

米国の規制当局は、米上場の中国企業の米国法への適法性、会計の正当性を確かめるための取り組みの一環として、来月アリババ、ネットイースなどの監査を検査する予定だ。