金融

特に政府や大企業による巨額の資金の管理

編集部
無料会員 公開

Twitter頼みの株式売買は危ない? ツイート株価予測を騙す手口が発見される

何年もの間、Twitterの投稿やその他のオンラインメッセージは、株式市場の動きを予測するために、金融アルゴリズムによって収集・分析されてきた。しかし、これらのスマートなシステムは簡単に騙されることが判明した。 金融に関心のある開発者は、ドナルド・トランプやイーロン・マスクなど、広く支持されている公人のツイートを取り込み、彼らのつぶやきの感情に基づいて取引を行うプログラムを作成した。 金融の専門家は、単一の情報源に過度に依存しないように、より多くの人々のネット上の投稿を分析する、より高度なソフトウェアに依存する傾向がある。しかし、彼らの目標は、利益を生む市場予測を行うことであることに変わりはない。 しかし、データが過度に信頼されると、より複雑になる。米国の3つの大学とIBMの6人の研究者が発見したように、破壊的なツイートは、Twitterを使った株価予測を失敗に終わらせる可能性がある。 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校のYong Xieは「A Word is Worth A Thousand Dollars: Adversarial Attack on Tweets Fools Stock Prediction(一語は千金に如かず。ツイートに対する敵対的な攻撃は株価予測を愚弄する)」というタイトルの論文で彼らのアプローチについて説明している。 何が問題なのかを説明するために、彼らは2013年4月23日にAP通信のツイッターアカウントに不届き者が投稿した誤報「ホワイトハウスで2つの爆発、バラク・

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

金利の嵐に最も左右されるのはどの住宅市場か?

多くのエコノミストは、2008年のような世界的な不動産暴落はあり得ないと考えている。金融危機以来、家計は強化され、融資基準も厳しくなっている。ただ、住宅ローン返済額上昇の痛手が大きい地域とそうでない地域がある。

ブルームバーグ
無料会員 公開

キャシー・ウッドの有名な市場破壊的リターンは消滅しつつある

キャシー・ウッドを世界で最も有名なアクティブファンド運用の提唱者の1人にした桁外れの利益は、彼女のお気に入りの銘柄が暴落するにつれ、急速に失われつつある。

吉田拓史
無料会員 公開

クレディ・スイスのソフトバンクG提訴は今年後半か

クレディ・スイスはグリーンシル・キャピタルの破綻に関連した損失について、今年後半と目されるソフトバンクグループを相手取った提訴のための準備を着々と進めている。

吉田拓史
無料会員 公開

マスクのTwitter買収でテスラのリスクが増す

イーロン・マスクがTwitterを買収した際にテスラ株を担保とした融資を受けたことで、マスクがテスラ株を大量に売らないといけない潜在的なシナリオが付け加えられた。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ビル・フアンのアルケゴスの大惨事は報道よりも荒々しいものだった

米国検察当局は、ビル・フアンとパトリック・ハリガン最高財務責任者を詐欺罪で起訴した。アルケゴスの崩壊は、報道で知られるよりもひどいと検察は主張している。もしすべての訴因で有罪になれば、フアンは最高で380年の禁固刑に直面する。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

FRBは誤った…次は正しいインフレを実現できるか?

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

「委任状権力」の確立: 年次株主総会でESGを問う投資家たち

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ベンチャーキャピタルの明るい新時代

2020年3月、世界中の若い企業が破滅の日を覚悟した。大手ベンチャーキャピタル(VC)のセコイア・キャピタルはハルマゲドンを警告し、他の企業は「大いなる逆流」を予言した。Airbnbをはじめとする新興企業は、経済の大混乱を予測して従業員を削減した。しかし、数カ月もしないうちに暗雲が立ちこめ、歴史的な好景気が始まったのだ。アメリカは莫大な景気刺激策を打ち出し、ロックダウンした消費者がさらに多くの時間をオンラインで過ごすようになり、ハイテク企業の支配力が高まった。Airbnbをはじめ、多くの企業が株式市場に上場し、強気なムードに乗じた。昨年上場したアメリカのVC系企業の時価総額は過去最高の2,000億ドルに達し、2021年には5,000億ドルに達する勢いだ。 大儲けした投資家たちは、新世代の企業への投資に目を向けている。データプロバイダーであピッチブックによると、世界のベンチャー投資は、まだ軌道に乗ったばかりの企業に対する初期の「シード」資金から、より成熟した新興企業に対する資金まで、幅広く行われており、2021年は過去最高の5,800億ドルに達しようとしている。これは、2020年の投資額の約50%、2002年の投資額の約20倍に相当する。 ベンチャー企業に投資する投資家のタイプも同様に劇的に変化している。かつては、シリコンバレーで運営されるニッチなVCが独占していた。VCは、年金基金などのエンドインベスターから資金を調達し、投資を行っている。しかし、現在では、ベンチャー投資家の運用資産額上位10社のうち、伝統的なベンチャーキャピタルは3社に過ぎない。 その代わりに、これまでベンチャー企業の活動が少なかったプライベート・

ブルームバーグ
無料会員 公開

東芝を非公開化することの逆説 - ギアロイド・レイディ

東芝はアクティビストと政府の間で立ち往生している。日本政府が歩み寄るのか、それともアクティビストが日本主導の入札でうまくいく方法を見いだすのかはまだ分からない。経営陣が厳しい決断を下す意欲を示す必要がある。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

シリコンバレーはまだ世界のイノベーションを支配できるのか?

ブルームバーグ
無料会員 公開

東証は真のヒーロー銘柄を主役にしないといけない

東証は「プライム」部門を創設し、その部門をほとんどすべての人に開放するという、前評判は高かったが期待はずれの市場再編を行った。この再編は日本株を無用のものにする危険性をはらんでいる。