コロナの感染源は野生のタヌキ? 武漢の市場で違法売買

コロナウイルス感染症の最初の感染が見つかった武漢の華南海鮮卸売市場で得られた検体の遺伝子配列の新たな解析により、違法に売買されていたタヌキが、コロナの感染源である可能性が示唆された。

コロナの感染源は野生のタヌキ? 武漢の市場で違法売買
Photo by Richard Burlton on Unsplash

コロナウイルス感染症の最初の感染が見つかった武漢の華南海鮮卸売市場で得られた検体の遺伝子配列の新たな解析により、違法に売買されていたタヌキが、コロナの感染源である可能性が示唆された。

遺伝子データは、華南水産物卸売市場とその周辺で採取された綿棒から抽出されたもの。分析の結果、タヌキと一致する大量の動物を含む動物からの遺伝物質が見つかった。ウイルスと哺乳類の遺伝物質が密接に混在していたことは、コロナウイルスに感染したタヌキが存在することを示している。この証拠は、ウイルスが野生動物から人間に流出したというシナリオと一致するかもしれない。

研究者によれば、華南市場の綿棒にウイルスと哺乳類の遺伝物質が密接に混在していたことは、コロナウイルスに感染したタヌキが存在することを示しているが、哺乳類のウイルスサンプルからは不十分であるとのことである。

これは、このウイルスが自然由来であったという仮説を支持する研究結果だ。武漢のウイルス学研究所がSARS-CoV-2の発生源である可能性が高く、おそらくコロナウイルスが研究所員に感染し、それがさらに広がったのだろうという少数派の意見とは反する。

遺伝子配列は、パンデミック開始前後に市場の屋台やその近くで採取された綿棒から取り出され、中国の疾病管理予防センターに所属する研究者が、GISAIDというオープンアクセス型のゲノムデータベースに掲載したもの。欧州、北米、豪州の科学者たちがこの配列に目をつけ、ダウンロードし、解析を開始した。

今回の解析は、米スクリプス研究所の免疫学・微生物学部門の教授 Kristian Andersenらが主導。進化生物学を専門とする理論家で、フランス国立科学研究センターに勤務するFlorence Débarreは、中国の研究者がウイルス学のデータベースであるGISAIDに投稿した遺伝子配列からなるデータを発掘した。中国の研究チームは、初期のCOVID-19感染者集団と関係があり、その名前とは裏腹に様々な哺乳類を食用として販売していた華南海鮮市場から環境サンプルを採取していた。Débarreがこの配列を発見して以来、GISAIDはこの配列を削除し、これは投稿者の要望によるものであることを指摘した。

Read more

コロナは世界の子どもたちにとって大失敗だった[英エコノミスト]

コロナは世界の子どもたちにとって大失敗だった[英エコノミスト]

過去20年間、主に富裕国で構成されるOECDのアナリストたちは、学校の質を比較するために、3年ごとに数十カ国の生徒たちに読解、数学、科学のテストを受けてもらってきた。パンデミックによる混乱が何年も続いた後、1年遅れで2022年に実施された最新の試験で、良いニュースがもたらされるとは誰も予想していなかった。12月5日に発表された結果は、やはり打撃となった。

By エコノミスト(英国)
中国は2024年に経済的苦境を脱するか?[英エコノミスト]

中国は2024年に経済的苦境を脱するか?[英エコノミスト]

2007年から2009年にかけての世界金融危機の後、エコノミストたちは世界経済が二度と同じようにはならないことをすぐに理解した。災難を乗り越えたとはいえ、危機以前の現状ではなく、「新常態」へと回復するだろう。数年後、この言葉は中国の指導者たちにも採用された。彼らはこの言葉を、猛烈な成長、安価な労働力、途方もない貿易黒字からの脱却を表現するために使った。これらの変化は中国経済にとって必要な進化であり、それを受け入れるべきであり、激しく抵抗すべきではないと彼らは主張した。 中国がコロナを封じ込めるための長いキャンペーンを展開し、今年その再開が失望を呼んだ後、このような感情が再び現れている。格付け会社のムーディーズが今週、中国の信用格付けを中期的に引き下げなければならないかもしれないと述べた理由のひとつである。何人かのエコノミストは、中国の手に負えない不動産市場の新常態を宣言している。最近の日米首脳会談を受けて、中国とアメリカの関係に新たな均衡が生まれることを期待する論者もいる。中国社会科学院の蔡昉は9月、中国の人口減少、消費者の高齢化、選り好みする雇用主の混在によってもたら

By エコノミスト(英国)
イーロン・マスクの「X」は広告主のボイコットにめっぽう弱い[英エコノミスト]

イーロン・マスクの「X」は広告主のボイコットにめっぽう弱い[英エコノミスト]

広告業界を軽蔑するイーロン・マスクは、バイラルなスローガンを得意とする。11月29日に開催されたニューヨーク・タイムズのイベントで、世界一の富豪は、昨年彼が買収したソーシャル・ネットワーク、Xがツイッターとして知られていた頃の広告を引き上げる企業についてどう思うかと質問された。「誰かが私を脅迫しようとしているのなら、『勝手にしろ』」と彼は答えた。 彼のアプローチは、億万長者にとっては自然なことかもしれない。しかし、昨年、収益の90%ほどを広告から得ていた企業にとっては大胆なことだ。Xから広告を撤退させた企業には、アップルやディズニーが含まれる。マスクは以前、Xがブランドにとって安全な空間である証拠として、彼らの存在を挙げていた。

By エコノミスト(英国)