コロナ

コロナウイルス感染症(COVID-19)は、SARS-CoV-2ウイルスによって引き起こされる感染症です。ウイルスに感染したほとんどの人は、軽度から中等度の呼吸器疾患になり、特別な治療を必要とせずに回復します。しかし、中には重症化して治療を必要とする人もいます。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国国民、コロナ治療はSNS頼み-政策急転換で政府不信に拍車

中国が新型コロナウイルス戦略を急転換したことが政府の助言や保健当局者への信頼を損ない、国民はコロナ感染症の治療に関する情報をソーシャルメディアのインフルエンサーや著名人に頼っている。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

なぜ世界中の医療サービスが大混乱しているのか

コロナのパンデミック時に行われた閉鎖措置には、「病院が潰されるのを防ぐ」という包括的な狙いがあった。政府は、感染症が発生する時期をずらすことで、治療能力を高める時間を確保しようと考えたのだ。しかし、結局、この余分な能力の多くは使われることなく終わってしまった。英国の7つのナイチンゲール病院はわずかな患者を受け入れただけで閉鎖され、米国の野戦病院の多くも同様であった。欧州の経験をまとめた学術誌「Health Policy」によると、集中治療室のベッド数よりも病室の患者数が多かったのは、2020年4月3日にイタリアのロンバルディア州で起きた一例のみである。現在、中国の病院が出口の大波に直面し、圧倒されているという話があるが、これらが孤立した例なのか、より広範で体系的な失敗を表しているのかを知るのは早計だ。 中国以外では、コロナが人々の心に重くのしかかることは少なくなった。しかし、豊かな世界の多くの国々では、この病気が蔓延し始めて以来、医療制度が崩壊に近づいている。失業率やGDPとは異なり、各国の医療制度に関する比較可能な最新の数値はほとんど存在しない。そこでエコノミスト誌は、国、地

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

デジタル化の波が企業再編を引き起こす

テクノロジーとビジネスは、切っても切れない関係にある。起業家は技術の進歩を利用し、スキルと運を駆使して、それを収益性の高い製品に仕上げる。そして、テクノロジーは企業のあり方を変えていく。電気は、中央の蒸気源に依存する必要がなくなったため、より大規模で効率的な工場の設立を可能にし、電子メールはほとんどの手紙を不要にした。 しかし、新しいテクノロジーは、より繊細で深遠な方法でビジネスにも影響を及ぼす。それは、企業がどのように物事を行うかだけでなく、何を行うか、そして重要なことに、何を行わないかということも変えてしまう。 産業革命は、企業が原材料は入手するが、製造は自営業の職人に委託し、職人は自宅で仕事をし、生産量に応じて報酬を得るという「出稼ぎシステム」を終わらせた。工場は、直接雇用され、時間給で働く労働者と職場との結びつきを強めた。電信、電話、そして前世紀にはコンテナ輸送と優れた情報技術(IT)によって、多国籍企業はより多くの仕事をより多くの場所に下請けに出すことができるようになった。中国は世界の工場となり、インドはそのバックオフィスとなった。パンデミック発生から3年近くが経過し

ブルームバーグ
無料会員 公開

オミクロン株の亜系統「XBB.1.5」について分かっていることと、それが懸念される理由

オミクロン株の亜系統「XBB.1.5」は、米国内で急増し、現在では少なくとも37カ国で確認されているとのことだ。より危険なのか? より広がりやすいのか? また、中国のコロナの流行にどのような影響を与えるのか?

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

中国と世界にとってのコロナからの本格再開の意味

1月8日に国境が開かれるとき、中国は1,016日間、外界から閉ざされた状態になる。この国の「ゼロ・コロナ政策」は、前例のない社会的・経済的実験であり、病気をほとんど寄せ付けない大規模な公衆衛生キャンペーンであり、習近平国家主席の誇りと喜びであり、最後には中国の14億人の多くにとって悪夢となる。 白い防護服を着た軍隊が、何百億本もの喉や鼻の粘膜を採取するために配備された。何百万人もの人々が、しばしば恣意的に隔離され、キャンプに連行された。隔離を恐れて、感染者が出たオフィスや工場から人々が逃げ出した。アマチュアが撮影したビデオには、何週間も隔離された後、団地から飛び降り自殺する住民の姿が収められていた。大都市では、数ヶ月間、日常生活が止まったままであった。中国の若い富裕層のコスモポリタン層は、海外旅行のない生活を余儀なくされた。外国人企業家や経営者は、中国国内の自宅や会社に戻ることを禁じられた。 ワクチンが普及する前は、人命救助のためにこのような方法が必要であったと当局者は主張することができた。しかし、この実験は、結局のところ、途方もない犠牲を払って暗い生活を強いることになった。

ブルームバーグ
無料会員 公開

上海でコロナ感染急増、発熱外来に長い列-休業相次ぎ街は閑散

中国の上海市は5月末まで2カ月余り、新型コロナウイルス感染拡大予防で厳しいロックダウン(都市封鎖)が課されたが、それから約7カ月経過した現在、コロナ禍はほとんど妨げられることなく人口2500万人の同市に広がり始めている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国医療顧問トップ、オミクロン株のリスクは「インフルエンザ並み」

中国政府のアドバイザーを務める感染症専門家の鍾南山氏は、新型コロナウイルスのオミクロン変異株による死亡率はインフルエンザと変わらないと述べた。感染対策としての行動制限が緩和され始めた中国では、当局者から新型コロナのリスクについて控えめな発言が続いている。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

失敗する中国のコロナ戦略:習近平に良い選択肢は残されていない

共産党の機関紙「人民日報」の読者は、11月29日付の号に目を通し、「コロナウイルス感染症」との戦いは見事に進んでいると考えるだろう。一面トップで、習近平氏が中国の指導者になってからの10年を振り返り、パンデミックをコントロールし、経済を安定させ、危機を打開したと賞賛している。急増する新規感染者数、広範で厳格かつ永続的な公衆衛生の制限による悲惨な経済状況、習の「ゼロ・コロナ」戦略に対する抗議行動が全国で勃発していることについては、一言も触れられていないのだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

史上初の感染者発生からちょうど3年、中国がコロナ抑制策を緩める

中国中部の武漢市でコロナウイルス患者が初めて発症したことが記録されてからちょうど3年、この病原体と最初かつ最も激しく戦った国が、ついにパンデミックを鎮圧するための努力から軸足を移しつつある。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国は2023年半ばまでに全面再開、ブルームバーグ・エコノミクスが予測

中国は今後7カ月間にわたってコヴィッド抑制策を徐々に緩和し、結果として2023年半ばまでに全面再開するとブルームバーグ・エコノミクスは予想している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

北京のコロナ感染者数は週末に倍増

中国首都のコロナ感染者は週末にほぼ倍増した後、依然として高止まりしており、政府の強硬な封鎖体制への反発が街頭で爆発している。北京市民が移動するのを防ぐため、当局が様々な制限を設ける中、この感染拡大が続いている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

最新のブースターは古いブースターより優れていない、との研究結果

オミクロン株対応2価ワクチンによるブースター接種は、優勢なオミクロン株に対する中和抗体と呼ばれる防御タンパク質のレベルを、オリジナルのワクチン4回分以上に引き上げることができないことが明らかになった