コロナ

コロナウイルス感染症(COVID-19)は、SARS-CoV-2ウイルスによって引き起こされる感染症です。ウイルスに感染したほとんどの人は、軽度から中等度の呼吸器疾患になり、特別な治療を必要とせずに回復します。しかし、中には重症化して治療を必要とする人もいます。

ブルームバーグ
無料会員 公開

上海、感染拡大で再封鎖の恐れに怒りが渦巻く

上海でコロナ感染が再拡大し、新たな封鎖の恐れに怒りが渦巻いている。新たな亜種の発見で患者数が2桁に戻った。住民の日常必需品の大量購入が再開、企業は業績回復から遠ざかっている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

上海の感染者数が1日で倍増、ロックダウンの懸念が強まる

上海の感染者数が1日で倍増し、閉鎖の懸念が高まっている。感染者数は5月下旬以降で最多となり、集団検査を実施中。北京は中国初のワクチン接種義務化を実施。

ブルームバーグ
無料会員 公開

「コロナ以前のやり方には戻れない」押谷仁志氏インタビュー - ガロウド・リーディ

日本のトップウイルス学者である東北大学大学院医学系研究科の押谷仁志教授が、観光再開、コロナの将来の変異株、パンデミック後の世界について、ブルームバーグのガロウド・リーディに対して語った。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

子どもの免疫力を測るより良い方法

科学者の中には、もし研究者が抗体だけでなく特定の免疫細胞を追跡していれば、コロナウイルス感染症ワクチンの有効性をより明確に把握することができたと考える人もいる。

ブルームバーグ
無料会員 公開

日本が世界で最も低いコロナ死亡率を達成した理由

日本はマスク、予防接種、健康管理でコロナ死亡を防いだ。ロックダウンが義務化されていない日本では、国民のコンプライアンスが頼みの綱だった。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

最後の世代…中国の若者の幻滅を示す言葉

ゼロコロナ政策によって中国では仕事はなかなか見つからない。頻繁に行われるコロナ検査が彼らの生活を左右する。中国の若者の多くは、自分たちは1980年代以降で最も不運な世代だと考えるようになった。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

コロナウイルスが米国人の半数以上を感染させたとCDCが報告

米国疾病対策予防センターが4月26日に発表したデータによると、2022年2月までに、人口の約60%がコロナウイルスに曝露され、2021年12月に見られた割合のほぼ2倍となった。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ゼロコロナ政策の代償を示唆する中国の経済データ

過去最悪のコロナの流行に直面した中国は集団検疫、厳しい戸締まり、国境管理を拡大して実施している。18日に発表された公式データは、この対策が世界第二の経済大国である中国に厳しい犠牲を強いていることを示している。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

中国人のコロナに対する考え方が変わりつつある

役人がしばしば難解な表現をする中国において、ニュースを逆から読むことは長い間有効なスキルだった。最近では、ニュースを逆から読むことが生存に関わる問題であるかのように思える人もいる。例えば、首都北京の住民たちは、コロナウイルス感染症によるロックダウンとそれに伴うあらゆる苦難に備え、身構えている。4月11日、北京市当局が「食料は十分すぎるほどある」と発表したとき、人々はその逆を予想した。「わかった。早く買い物に行くぞ」とネットに書き込む皮肉屋がいた。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国のゼロコロナ政策が維持されるとの予想が大勢

専門家の多くは中国がゼロコロナ政策を維持すると予想する。オミクロン株は世界で最も厳しい封じ込め体制に試練を課しており、習近平が再選を目論む今年後半の党大会までは開放的な戦略に伴う政治的なリスクは看過されなさそうだ。

吉田拓史
無料会員 公開

コロナ死者数は公式発表の3倍:研究結果

COVID-19のパンデミックにより死亡した人の数は、公式発表の数字よりもおよそ3倍多い可能性があることが、新たな分析により明らかになった。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

コロナワクチンを三度打てば長い間次のブースター接種が不要になるかもしれない

【ニューヨーク・タイムズ】最近の一連の研究では、ブースター接種はコロナウイルスの変異体に対して、免疫系のいくつかの部分が持続的かつ強力な反応を示すことが示唆されている。