ピーター・ティール、メタ取締役を退任しトランプ復活を支援へ

【ブルームバーグ】フェイスブックの親会社メタで20年近く助言してきた投資家のピーター・ティールが、5月のメタの年次株主総会を最後に同社の取締役を退任。トランプ前大統領の支援に注力するとみられている。

ピーター・ティール、メタ取締役を退任しトランプ復活を支援へ
ピーター・ティール、メタの取締役を退任. Photo: Bloomberg.

【ブルームバーグ】フェイスブックの親会社メタ・プラットフォームズで20年近くマーク・ザッカーバーグに助言してきたテクノロジー投資家で保守派の「工作員」であるピーター・ティールが、5月のメタの年次株主総会を最後に同社の取締役を退任する。

フェイスブックへの初期投資を経て2005年に取締役に就任したティール(54)は、2022年の選挙期間中にドナルド・トランプ前大統領の政策への政治的支援を増やす予定で、ティールに近い人物によると、自分の政治活動がフェイスブックの気晴らしになることを望んでいないという。

彼が注力するのは、ブレイク・マスターズやJ・Dヴァンスなど、トランプのアジェンダを推進する人物の支援だと、その人物は米上院の共和党候補者に言及して付け加えた。

ザッカーバーグは声明の中で「ピーターは本当に独創的な考えの持ち主で、最も困難な問題を持ち込むと、ユニークな提案を得ることができる」と述べている。「彼は約20年間、当社の取締役を務めてきたが、ある時点で彼が他の関心事に時間を割くことになることは常に承知していた」

ティールは2016年に共和党全国大会で寄付やスピーチを行い、トランプの大統領選出に貢献した。トランプが大統領に就任すると、ティールは政権移行チームに所属しながら、昨年までホワイトハウスの最高技術責任者を務めていたティールキャピタルの元首席補佐官マイケル・クラツィオスをはじめとする同僚を政府の役職に指名した。ティールは、近年、共和党のメンバーや極右のメンバーと会合を持ちながら、トランプを支持し続けている。

ティールの退任により、ビジネス界で最も生産的で、かつ厳しく批判されてきたCEOと投資家のパートナーシップが終焉を迎えることになる。ティールは、フェイスブックがまだ大学キャンパス向けのソーシャルネットワークだった頃、ナップスターの共同創業者であるショーン・パーカーの紹介で出会って以来、ザッカーバーグと親密な関係を築いてきた。

この関係は、ティールがテクノロジー業界で物議を醸すようになっても続いており、フェイスブックに対する批判や不満を抱く従業員の頻繁な標的となっていた。

ティールは、パランティア・テクノロジーズの共同創業者兼会長でもあり、ザッカーバーグに政治的問題について助言することで知られていた。彼は、2020年の大統領選挙に向けて、トランプを利すると多くの人が考えている政治広告のファクトチェックを行わないようにCEOに勧めたと報じられた人物の一人だ。また、2019年にホワイトハウスで行われたザッカーバーグとトランプとの夕食会にも参加している。

多くのフェイスブック従業員は、元大統領の移民に対する姿勢や、当時のトランプ候補に対する性差別や人種差別の疑惑を考えると、2016年にトランプを支持したティールの役割に憤慨していた。しかし、ザッカーバーグは、2016年10月に従業員に宛てた社内投稿で、ティールと彼のフェイスブックの取締役会での役割を擁護した。「多様性を大切にすると言いながら、とある政治的候補者を支持しているという理由で国のほぼ半分を排除するような文化をつくることはできない」と当時は書いていた。

ティールは、ザッカーバーグのビジョンに可能性を見出した最初のベンチャーキャピタリストの一人だった。ティールは、2004年に当時ハーバード大学の学部生だったザッカーバーグに50万ドルを投資し、フェイスブックへの最初の外部投資家になった。

この賭けは、ティールの直感と投資家としての評価を裏付けるものだったが、もっと大きな利益を生む可能性もあった。ティールは2012年、事前に準備しておいた株式売買プランを通じて、保有する株式の大半を平均20ドル以下で売却した。

これらの株式売却により、億万長者は税引前で11億ドル以上の収益を得た。しかし、もしティールがIPO前の水準で株式を保有していたら、メタの株式は10倍の価値に膨張していただろう。

マスターズは、ティールのかつての教え子であり、『ゼロ・トゥ・ワン』を共同執筆した人物で、アリゾナ州選出の共和党員として上院議員選挙に立候補している。マスターズは現在も、ティールの個人的な投資手段であるティール・キャピタルを監督している。

以前、ティールに代わって投資を行ったヴァンスは、オハイオ州から「保守的なアウトサイダー」である共和党員として上院選に出馬している。ヴァンスは、2016年の回顧録「ヒルビリー・エレジー」で知られており、アルコール・タバコ・火器・爆発物局の廃止や銃規制への反発などを公約に掲げて選挙戦を展開している。

取材協力:Devon Pendleton

Peter Thiel to Leave Meta Board to Pursue Trump Agenda

By Lizette Chapman and Kurt Wagner

© 2022 Bloomberg L.P.

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)