政治

政治とは、集団での意思決定や、資源や地位の分配などの個人間の力関係の他の形態に関連した活動の集合である。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ロシアのウクライナ侵攻はまたしても力尽きる

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

マスクの中国との結びつきがTwitterに頭痛の種をもたらす可能性

Twitterは共産党国家を怒らせれば、マスクの中国での大規模な投資は危険にさらされるかもしれない。Twitterは中国国内ではプラットフォームを禁止されているが、北京の外交政策を世界中に広めるために広く使われており、しばしば嘘や誤解を招く情報を提供している。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

トランプ前大統領の最新の問題はイーロン・マスク

ドナルド・トランプ元大統領の最新の問題はイーロン・マスクだ。マスクのTwitter買収計画は前大統領の新生Truth Socialネットワークが直面する問題に拍車をかけている。利用者はほとんどおらず、SPACとの合併も思わしくない。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

マクロン現大統領が優勢 テレビ討論でルペンを圧倒

7カ月前、エマニュエル・マクロンはマルセイユのパレ・デュ・ファロの庭園に立ち、旧港の陽光を背景に、こう宣言した。"マルセイユで成功できなければ、フランスを成功させることはできない "と。4月16日、現職大統領は再び同じ荘厳な舞台で、4月24日に行われるフランス大統領選挙の最終投票前の最初の集会に参加した。地中海に面したこの都市は、第1回投票でマクロンに投票せず、急進左派のジャン=リュック・メランションを支持した。そのため、大統領は敵地に乗り込んだことになる。しかし、反骨精神にあふれたこの街に戻ってきたことで、マクロンは「マルセイユで勝てば、フランスを制することができる」と言っているように思えた。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ルペン、仏大統領にかつてなく近づく(そしてプーチンにも)

フランス大統領選挙の決選投票が24日に近づく中、親ロシアの極右政党「国民連合」の候補者であるマリーヌ・ルペンが、ロシアのプーチン大統領が関連する機関から長期に渡り融資を受けてきたことに視線が集まっている。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

イーロン・マスクの政治学

Twitterを追い求める億万長者は、しばしばリバタリアンとして語られるが、ビジネスに有利な場合には政府の援助も辞さない。彼は政治的に無宗派であり、おそらく自分の利益を最も重視している。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

トランプ娘婿、トランプ政権時代の盟友であるサウジ皇太子から20億ドルの出資取り付ける

ホワイトハウスを去って半年後、ジャレッド・クシュナーは、取引のメリットについてファンドのアドバイザーからの反対にもかかわらず、トランプ政権時代の盟友であるサウジ皇太子が率いるファンドから20億ドルの出資を取り付けた。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ウクライナ復興にかかる費用は?

悲惨な戦争が終わったとき、その国はまるで荒れ地のようだった。産業基盤は空襲で破壊され、大都市は爆撃で破壊され、多くの死者が出た。東部はロシア軍に占領され、何百万人もの人々がその残虐性から逃れた。しかし、西ドイツの経済は1945年以降、「経済の奇跡」と呼ばれるほど力強く回復した。 この類似性は正確ではなない。ウクライナは現在、戦争の多くを台無しにしている扇動者ではない。ウクライナは勝者になるかもしれないし、そうでないとしても、その荒廃はそれほど大きくはないだろう。とはいえ、再建は途方もない作業になるだろう。ウラジーミル・プーチンによって行われた戦争は、何千人もの命を奪い、何百万人もの人々を避難させただけでなく、国内に710万人、国外に460万人の人々がいる。家屋や病院、橋や港湾が破壊された。敵対行為に終わりが見えない以上、さらなる破壊が続くことは間違いない。 経済学者のネットワークであるCentre for Economic Policy Research (CEPR)の研究者たちは、財産被害に関するデータ、国の資本ストックに関する数値、歴史的な類似性を用いて、戦後の国の復興に必要な総費用を2,000億〜5,000億ユーロ(約27.3兆〜約68.3兆円)と推定している。上限は戦前のウクライナのGDPの3倍強、下限はEUの対外援助予算の4倍程度となる。

編集部
無料会員 公開

シンガポール首相「ウクライナ危機で中国を孤立させるな」

シンガポールのリー・シェンロン首相は、ウクライナ戦争を民主主義国と独裁主義国の戦いだと決めつけて、中国を孤立させないよう米国に警告を発した。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

プーチンの財産を追跡することが困難な理由

多くの国では従来から、オフショアでの資産運用に税制上の優遇措置を設けているだけでなく、最終的な所有者を公に特定することは不可能ではないにせよ、困難にさせる法人登記が行われているのが実情だ。プーチンはこの穴を突いて世界中に資産を隠していると考えられている。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ロシアがだぶついた石油を密かに売る方法

ロシアがウクライナに侵攻する2日前の2月22日、3万3千トンの石油を積んだドイツ船籍の船がロシアのプリモルスク港を出港した。3月3日、英国の石油基地トランメアに到着した船は、冷ややかな歓迎を受けた。港湾労働者の中には、この船がどこから来たかを知って、荷降ろしを拒否する者もいた。このようなボイコットは、他の国でも起こっている。データ会社のKayrrosによると、侵攻後の2週間で「水上の」石油量は13%近く増加した。また、ロシアに戻る船舶の数も急増した。 ここ数週間、ロシアから流出したもののほとんどは、戦争が始まる前に購入され、支払われたものだ。今はそもそも国外に流出する石油が減っている。制裁や悪評に対する懸念から、多くの買い手が購入を一時停止している。データ会社のKplerによると、3月24日のロシアの海上石油輸出量は230万バレル/日(BPD)であり、3月1日のレベルを200万バレル近く下回っている。これらのバレルが売れないため、ブレント原油の価格は115ドルに迫っている。しかし、非難を浴び、新たな物流上の障害を乗り越えようとする国にとっては、ロシアの原油はお買い得に見え始めている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国の重要中小企業4,762社の制裁は米国自身を痛めつける

中国の「小さな巨人」と呼ばれる中小企業4,762社への制裁は、米国自身を痛めつける。中国企業はグローバルバリューチェーンの隅々に組み入れられており、北京の経済戦争に対する防衛策の一つと言えるだろう。