政治

政治とは、集団での意思決定や、資源や地位の分配などの個人間の力関係の他の形態に関連した活動の集合である。

ブルームバーグ
無料会員 公開

北朝鮮はロシアへの武器売却でライフラインを得る可能性がある

ロシアがウクライナに向けて発射する武器を探していることは、北朝鮮にとって生命線となり得る。比較的控えめな武器取引であっても、資金不足で停滞する北朝鮮経済を成長へ引き上げるのに役立つだろう。

ブルームバーグ
無料会員 公開

米独の戦車提供がウクライナ戦争の膠着を打破する

米国とドイツはウクライナに主力戦車を提供すると発表する構えで、キエフにロシアに対抗する強力な新兵器を提供するとともに、同盟国の結束を分断する恐れがあった不一致を克服することになる。

ブルームバーグ
無料会員 公開

国家主席退陣で盛り上がるベトナムの後継者争い

過去数年間、ベトナム共産党のグエン・フー・チョン党書記長は腐敗した官僚を排除したことで投資家から称賛を得てきた。現在、一部の大物が落選する中、同氏の選挙運動が別の目的、つまり後継者選びの手腕を強化するものであることが明らかになりつつある。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ダボス会議からロシア人が一掃され湾岸諸国が存在感

ロシアの億万長者がダボス会議の常連で、モンクレールのパファーコートのようにありふれた存在だったのは、それほど昔の話ではない。しかし、今年はゼロだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

SNS企業はブラジルの反乱で同じ失敗を繰り返した―Parmy Olson

ジャイル・ボルソナロ前大統領の支持者が8日にブラジルの国家中枢機関を襲撃した事件の余韻が残る中、そこに2021年1月6日の米国議会議事堂での反乱のデジャヴュを見いださずにはいられない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

米英の保守派は失敗に凍りついている

怒れるトランプ主義者とブレグジット信奉者は、議論だけでなく、かつて彼らが指揮していた選挙での支持の多くを失っている。それでも、彼らはいなくなることはない。

吉田拓史
無料会員 公開

米国でTikTok禁止論に勢い:共和党議員「違法薬物と同じ」

昨年末、米議会は政府端末での TikTokを使用を禁止する超党派の歳出法案を可決したが、議員や政府高官はさらなる厳しい規制を要求している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

台湾、中国との緊張の中、兵役義務期間を延長

台湾は義務兵役を現在の4カ月から1年に延長すると発表、北京とワシントンに自国防衛に本腰を入れるとのシグナルを発した。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ロシアは砲弾が不足しているのだろうか?

英国の国防参謀総長であるトニー・ラダキンは12月14日、「今夜、プーチンに、彼の将軍や大臣が恐ろしくて言えないであろうことを言おう」と宣言した。「ロシアは大砲の砲弾が決定的に不足している」。その10日前にはアメリカの情報機関トップであるアブリル・ヘインズも同様の判断を下している。ロシアは砲弾不足なのか? 西側諸国は数カ月前からロシアの砲弾不足を指摘してきた。9月には、ロシアが北朝鮮に砲弾の補給を依頼したと発表した。11月にはアメリカのロイド・オースティン国防長官が「大幅な不足」を口にした。12月12日のブリーフィングで、米国の国防高官は、現在の使用率ではロシアは2023年初めまでしか「完全に使用可能な」管状砲とロケット砲の砲弾を維持することができないと述べている。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

2022年は世界が試される年だった

今年は世界が試される年だった。ウクライナ侵攻から中国のコロナウイルス感染症、インフレから気候変動まで、米中間の緊張から極めて重要な選挙まで、2022年は難しい問いを投げかけた。この試練は、世界を新しい方向へ向かわせただけでなく、新しい光を見せた。 最大の驚きであり、最も歓迎すべきことは、欧米の広範なリベラル派の国々が回復力を見せたことです。ウラジーミル・プーチンが2月24日にロシア軍にウクライナへの侵攻を命じたとき、彼は腐敗した国家の政府が屈服することを予期していた。2021年にアフガニスタンから屈辱的な撤退をした後、退廃的で分裂した西側諸国は、ロシアへの非難とウクライナへの真の支援を一致させることができないに違いない。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ドナルド・トランプ氏の共和党有権者への人気が沈下中

2018年、2020年、2022年の彼のパフォーマンスを振り返る冷静な観察者なら、トランプ氏が重要な選挙に直接または間接的に3度敗北し、アメリカ人の過半数の票を確保したことがないことがわかるだろう。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

日中の経済関係が安全保障上の問題でますます損なわれている

東京・上野動物園のパンダの赤ちゃん、シャオシャオとレイレイには、重厚な外交の系譜がある。彼らの前身であるカンカンとランランは、1972年、かつての敵対国であった中国との国交正常化を記念して、中国の統治者から日本に贈られた。当時、動物園の緑豊かな敷地には、彼らを見るための行列が1キロメートルも続いていた。 それ以来、アジアの2つの経済大国の関係は、ある面では幸福な共生関係にある。日本の援助と投資が中国の近代化を助け、中国市場の拡大が日本の成長を促した。昨年、中国は日本の最大の貿易相手国であり、日本は中国の第二の貿易相手国として、二国間貿易額は3,910億ドルという10年ぶりの高水準に達した。しかし、尖閣諸島や釣魚島、台湾の地位、日本の戦時中の侵略の記憶など、半世紀前の関係をいまだに緊張させる領土や歴史に関する意見の相違は解決されていない。そして、中国の習近平国家主席のもとで、この問題はさらに悪化している。